天氣後報 II

9月の鉱物標本/天青石とハリネズミ方解石

2017.09.20 Wednesday 13:48
0

    サムネイルサイズ・・・・よりも少し大きなものもありますが、比較的小さ目な鉱物標本。

     

    【Celestite & Calcite】

     Tora,

     La Segarra,

     Lleida, Catalonia,

     Spain

     

    このあたりにはあちらこちらにこんな欠片が落ちているのだそうです。

    ラベルにあるToraの村からMare de Déu de l'Agudaに続く道の露頭には石灰岩の中にストロンチウムを含む鉱物の晶洞があり、石灰岩の欠片の中の穴の内側には通称「hedgehogs(ハリネズミ)」と呼ばれる方解石の小さなとげとげ結晶があります。

    そこに硝子細工みたいな細い天青石の結晶がしまわれています。

     

    天青石とハリネズミ方解石/きらら舎

    この標本の手軽な価格のものは、あまり流通していないのでまとめて仕入れました。

    そのため、かなり個体差があります。

     

     

    天青石とハリネズミ方解石/きらら舎

    天青石とハリネズミ方解石/きらら舎

    天青石とハリネズミ方解石/きらら舎

    ヘッジホックと呼ばれているのはこれ。

    丸くてとげとげしている部分です。かなり小さいので、ルーペやスマホカメラズームで観察してください。

     

    天青石とハリネズミ方解石

    天青石とハリネズミ方解石

     

    天青石とハリネズミ方解石/きらら舎

    石灰岩部分(蛍光の原因は不明です)がピンク色に蛍光し、

    方解石部分が緑がかった薄い青色に蛍光します。

     

    天青石とハリネズミ方解石/きらら舎

    天青石とハリネズミ方解石/きらら舎

     

    価格帯としては¥200〜¥1000

    今週末のカフェにて販売します。

     

     

     

     

     

    鉱物(第壱標本室) | comments(0) | - | - |

    9月の鉱物標本/イリノイ州産蛍石B・C

    2017.09.19 Tuesday 14:22
    0

      B

      イリノイ州産蛍石/きらら舎

      イリノイ州産蛍石/きらら舎

      イリノイ州産蛍石/きらら舎

       

      一瞬、あまりきれいではありません。

      淡い菫色なんだけど・・・・・

       

      イリノイ州産蛍石/きらら舎

      イリノイ州産蛍石/きらら舎

      その理由は菫色の下に黄色い部分があるんです。

       

      ライトをあてると肉眼では黄色部分がよくわかります。

       

      黄色の上に菫色があって、菫色が薄いので奥の黄色を反映してしまい、なんかきれいじゃないんです。

       

      イリノイ州産蛍石/きらら舎

      裏なこんなです

       

       

      C

      イリノイ州産蛍石/きらら舎

      イリノイ州産蛍石/きらら舎

      イリノイ州産蛍石/きらら舎

      品行方正にきっちり角がある、濃い青紫色の結晶です。

       

      イリノイ州産蛍石/きらら舎

      最初の写真でもエッジがあって内部が光っていますが、

      光をあてると色が際立ってきれいです。

       

      イリノイ州産蛍石/きらら舎

      裏はこんな

      鉱物(第壱標本室) | comments(0) | - | - |

      9mmミニチュア試験管

      2017.09.18 Monday 11:20
      0

        現在展開しているミニチュア試験管入標本に使っている試験管は外径7mm×高さ30mm。

         

        今夏に水晶型ホルダーを作り、ここにミニチュア試験管を入れようと思ったのですが、ミニチュア試験管だと少し小さい気がしたため、外径9mm×高さ30mmの試験管で作りました。

         

        ミニチュア試験管/きらら舎

        写真は尖晶石、南アフリカ産蛍石、水晶ホルダーにセットしてあるのはビンガム産八面体蛍石。

         

         

        ミニチュア試験管/きらら舎

        9mmだと葡萄みたいな玉髄も入りました。

         

         

        ミニチュア試験管/きらら舎

        水晶ホルダーは試験管を脱着できるので、使わないものをさして飾っておける試験管立てをKentStudioに作ってもらいました。

         

        水晶ホルダーのオプションとして空の試験管も用意しました。

         

        たとえば、これに試料を入れて水晶ホルダーにセットしておでかけし、

        出先で友達とL-eyeで試料を観察したりできます。

         

         

        PYBRA(ミニチュア・ドール) | comments(0) | - | - |

        ツダナナフシ孵化!

        2017.09.14 Thursday 17:54
        0

          8月のアクアリウムバスで甥に買ったツダナナフシの卵。  いきさつはこちら  >>ツダナナフシ

           

          ツダナナフシは1989年に日本で初めて西表島で発見されました。
          成虫は体長約12cm(前足を伸ばすと17cm)という大きな昆虫です。

          木の枝に擬態する、あのナナフシの仲間。

          背中から敵に対して白い液体を飛ばすのですが、これがミントの匂いがするとか、

          単為生殖で雌しかいない(雄も発見されたのですが、かなりめずらしい)とか、甥にとっては「すげー」「かっこいい」魅力的な昆虫らしいのですが・・・虫はどうも苦手。

           

          しかし、買った以上(そして高かったし)、バックアップの意味もこめて10個の種みたいな卵を3・3・4にわけ、3つの容器で飼育していました。

          わたしはその中の1つの世話をしていました。

          卵は怖くないし、サボテンの種&芽とほぼ同じ要領で・・・・

           

          ところが、今日、孵化しました!

           

          販売者は早くて来年の春。下手をすると孵化するのに1年くらいかかると言っていたので、本当に植えた種に水やりをするような感覚でした。

          まさか、生まれるとは思っていなかったので、容器の中に動くものを発見した時は、ひょえ〜!!

           

          すぐに甥に渡しました。

           

          ツダナナフシは実は餌も大変なのです。

          アダンという植物の葉しか食べない。

          それで卵を買った後にアダンの鉢も買いました。

          やっと役にたちました(笑)

           

          ツダナナフシ/きらら舎ツ

          ツダナナフシ/きらら舎

          卵のとんがった部分を取って出てきたようです。

           

          ツダナナフシ/きらら舎

          ツダナナフシ/きらら舎

           

           

          海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

          9月の鉱物標本/イリノイ州産蛍石ナゲットA

          2017.09.12 Tuesday 10:46
          0

            きらら舎で扱っているイリノイ州産蛍石ナゲットは、

            約35年前に蛍石標本採集をしていた人(の関係者)が、当時の在庫を地学資料として販売をしたものです。

            これが鉱物標本コレクターの目にとまり、販売が続けられ、数か月前に、在庫終了となりました。

             

            この人が扱っていたイリノイ州産蛍石は MVT mineral というイリノイ州蛍石鉱脈の地質学を知る上でも特殊な標本でした。

            MVTとはミシシッピヴァレイタイプの頭文字で、 炭酸塩岩中に存在する低温熱水性交代鉱床で、アメリカのミシシッピ川流域に多く発見されているのでこの名がつけられました。

             

            とはいえ、きれい、かわいい、おいしそう!なんて基準で鉱物標本を蒐集している人間には、どうでもいいことです。

            ただ、本来の地質学の研究のためではなく、八面体に割ってみよう!とか蛍光するかどうかなんてことを問題にしている日本のこんな店に届いてしまって、やや申し訳ない気がしたので、そういう標本なんだよ〜〜とお知らせしたものです。

             

            では、在庫限りとなっているこのナゲットたち。

            少しづつ紹介&販売していくことにします。

             

            まずは9月A

            イリノイ州産蛍石/きらら舎

            表面の紫部分には蛍石結晶特有の形が現れています。

             

             

            イリノイ州産蛍石/きらら舎

            しかし。裏は安納芋と紫芋のバイカラー(笑)

             

             

            イリノイ州産蛍石/きらら舎

            この標本を確保していたのは、2つ理由があります。

            1つは三層がよくわかること。

            そして光を当てると紫と濃黄色の中間が美しいピンク色に見えること。

             

            イリノイ州産蛍石/きらら舎

            2つ目は、イリノイ州産の蛍石はほとんど蛍光するものはないと言われることが多い中、複数の蛍光を呈すること。

            上でピンク色になった層は青白い蛍光をします。

            写真では青いですが、肉眼ではもう少し白っぽい蛍光です。

             

            イリノイ州産蛍石/きらら舎

            濃黄色部はピンク蛍光。

             

            イリノイ州産蛍石/きらら舎

            そして、紫層の内部にとても明るく蛍光する部分があります。

            インクルージョンだと思われます。

             

            いろいろ楽しめる標本なので、ぜひ、保管の際にはイリノイ州のMVT mineralとしても価値があるものだと記載しておいてください。

            鉱物(第壱標本室) | comments(0) | - | - |