天氣後報 II

福建省 Yongchun鉱山の蛍石

2018.05.15 Tuesday 21:40
0

    少しづつ到着した標本をきらら舎にアップします。

    カフェには新着がいろいろあります。

     

    今回アップ分は、先週到着した分です。

    先週の土曜日にカフェで販売して残った分です。

     

     

    Yongchun蛍石A

    Yongchun鉱山の蛍石/きらら舎

    Yongchun鉱山の蛍石/きらら舎

    KentStudioのミニ標本棚に合わせた小さなサイズの標本を仕入れています。

    これはその一つ。

     

    濃い藍色の蛍石です。

    カラーチェンジします。

     

    きらら舎へはまず1つ。

    店頭分在庫はあります。

     

     

    Yongchun蛍石B

    Yongchun蛍石/きらら舎

    Yongchun蛍石/きらら舎

    タンザナイトカラーの蛍石としては色は薄いのですが

    透明度がとても高くって、角度によってはさらに色が薄く

    角度を変えるとこんな色が付きます。

    この新産蛍石特有のまるっこい結晶の形をしています。

    一面に結晶がついています。

     

     

    Yongchun蛍石C

    Yongchun蛍石/きらら舎

    Yongchun蛍石/きらら舎

    露出している部分は新産のタンザナイトカラーの丸っこい結晶なのですが

    石英の衣を纏った立方体の結晶があります。

     

    Yongchun蛍石/きらら舎

    蛍光します

     

     

     

    Yongchun蛍石D

    Yongchun蛍石/きらら舎

    これは同じ鉱山のインディゴブルーと呼ばれている標本です。

     

    Yongchun蛍石/きらら舎

    Yongchun蛍石/きらら舎

     

     

    また、今回はアップしないのですが、キャビネットサイズの蛍石、店頭販売しているものです。
    ビンガム産と似ているので比較してみましょう。

     

     

    蛍石比較/きらら舎

    左がビンガム。右が今回の中国福建省の永春鉱山のもの。

    母岩もちょっと似てる。

     

    蛍石比較/きらら舎
     

    ビンガム。

    白い沸石を伴っています。

     

    蛍石比較/きらら舎

    福建省

     

    蛍石比較/きらら舎

    ビンガム

     

    蛍石比較/きらら舎

    ビンガム

     

    蛍石比較/きらら舎

    福建省

     

    蛍石比較/きらら舎

    ビンガム

     

    この標本では随伴の沸石があるからわかるかと思いますが。実によく似ています。

     

    鉱物(第壱標本室) | comments(0) | - | - |

    タコクラゲ

    2018.05.10 Thursday 14:51
    0

      【 タコクラゲ 】

      鉢虫綱

      根口クラゲ目

      タコクラゲ科

      タコクラゲ属

      タコクラゲ

      学名 Mastigias papua Lesson, 1830

      英名 Papuan jelly 、Spotted jelly、Lagoon jelly、Golden medusa

       

      タコクラゲはメデューサ(成体)がたこに似てるのでタコクラゲという名前が付けられました。

      サカサクラゲと同様、体内に褐虫藻を共生させています。

       

      水玉模様があって可愛いクラゲです。

       

      「海月を飼っています」・・・・・といってもポリプ。

      海月の生活史(一個体が生まれて死ぬという一本線路のような一生ではないので、生活史といいます)の中で、無性生殖で殖えるポリプに興味を持ったことがきっかけです。

       

      鉱物関連で取材を受ける際、その魅力を聞かれることが多いのですが

      とりあえず、鉱物は死なない・・・・・と曖昧な回答をします。

      語りだせばいろいろあるのですが、結局、それらは後付けで、単純に「なんか、好き」なだけなのです。

      ただ、「死なない」ことはわたしにとってかなりポイントが高いことです。

       

      長い間、犬や猫や魚や鳥やカエルや・・・・・・・いろいろ飼ってきました。

      今でも生き物がたくさんいます。

      特に犬猫を飼う上で一番必要なのが、それらが病気になった時に対応できる力と、

      それらが死んだ時に受け入れられる心の強さ、だと思っています。

      でも、本当は心はあまり強くはないので、死なないモノは好きです。

       

      前置きが長くなりましたが、そんな理由でポリプを飼い始めました。

       

      簡単に入手できたのがミズクラゲとサカサクラゲ(のポリプ)。

      ヤフオクでエイレネクラゲのポリプも入手しました。

      その後、海月の師匠に出会い、エダアシクラゲやタコクラゲのポリプも送ってもらいました。

       

      ミズクラゲのポリプからクラゲを出すことは、研究が進んでいて人為的にも可能です。

      しかし、それ以外は、こうすれば絶対にクラゲが出るということがありません。

      そんな中で、サカサクラゲとエダアシクラゲは順調にクラゲを出すようになりました。

       

      エイレネクラゲのポリプはクラゲはでませんが、元気に蔓延っています。

       

      ただ、タコクラゲだけがうまくいきません。

      師匠に送ってもらったポリプは数日で見えなくなってしまいました。

      タコクラゲやサカサクラゲのポリプは一度基質からはがすと、再固着はできません。

      そのためにはぐれポリプ状態で飼育しなければならず、難しいのです。

       

      サカサクラゲのポリプも最初に送ってもらった時は止水で飼育してうまくいきませんでした。

      その後、ポリプ壜を作って、そこで飼育し始めたところ順調にポリプが増殖し、やがてクラゲが出るようになりました。

       

      しかし、2mm程度あるサカサクラゲのポリプに対して、タコクラゲのポリプは0.5mmととても小さく、

      ポリプ壜に入れるとどこにいるのかわからないのです。

      位置を確認してうまいところに置いておいたのですが、数日で見えなくなってしまいました。

       

      それでも、何も見えない壜にときどきブラインシュリンプを投入していたところ、

      今月のはじめに壜の壁に付着しているポリプを発見しました。

      どこかにいたポリプがプラヌロイドを出し、それが壁に固着したのだと思われます。

       

      タコクラゲ/きらら舎

      タコクラゲ/きらら舎

       

      細い柄の先に丸っこいポリプがあって、そこから触手が伸びています。

      サイズは1.5mmくらい。

      粒々がプラヌロイドです。

      これが遊離して水中を泳ぎ、どこかに固着してポリプになります。

       

      メデューサ(成体)の有性生殖によっても卵ができ、それが卵割してプラヌラになります。

      イメージは粒が海中を漂っている感じ。

      プラヌラもどこかに固着してポリプになります。

      そしてポリプがプラヌロイドを出します。

      アンドロイドの「ロイド」と同じ意味です。

      つまり、プラヌラに似たもの、プラヌラみたいなものという意味でプラヌロイド。

       

      ミズクラゲのポリプは長く伸びてたくさんのくびれができてたくさんのエフィラを生み出します。

      このように1つのポリプからたくさんのエフィラを出すことをマルチディスクといいます。

      鉢虫綱のサカサクラゲやタコクラゲは1つのポリプから1つだけクラゲを出します。

      これをモノディスクといいます。

       

      タコクラゲポリプもストロビレーションを始めました。

       

      タコクラゲ/きらら舎

      さきっちょがエフィラの形になっているのがわかるでしょうか。

      まだ触手は残っています。

       

      タコクラゲ/きらら舎

      これはだいぶエフィラが成長しています。

      触手もほぼ退化してしまっています。

      まだ拍動はしていません。

       

      タコクラゲ/きらら舎

      拍動を始めたエフィラ。

      タコクラゲの特徴である水玉模様が現れています。

       

      タコクラゲ/きらら舎

      タコクラゲ/きらら舎

       

      ストロビレーションを起こしていないポリプと比べると違いがわかります。

       

      エフィラはミズクラゲのものに似ています。

      が、かなり小さい。

       

      タコクラゲ/きらら舎

      ポリプになりたてはさらに小さいです。

       

       

       

       

       

       

       

      海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

      イリノイ州産八面体蛍石セール

      2018.05.09 Wednesday 13:25
      0

        イリノイ州産の蛍石についてはいろいろなところに書いてきましたが、

        たくさんあったイリノイ州の蛍石鉱山がすべて閉山してからかなりの月日が経過しました。

         

        閉山後、他の鉱山閉山に比べると長い間、八面体蛍石は市場にその姿をみることができました。

        しかし、だんだん価格は高騰し、色のバラエティーも少なくなり、

        かつての色のものがオールドコレクションカラーと呼ばれるようになりました。

         

         

        もう、イリノイ州産の八面体はなかなか見られないかなと思い始めた時期に、残っていた劈開片やナゲットを売りに出す業者が出始め、閉山された鉱山の入り口付近で採取も行われたようで、色こそやや残念なバリエーションでしたが、それでも比較的安価に八面体蛍石を入手できるようになりました。

         

        しかし、そろそろその在庫も尽きてきたようです。

         

        八面体蛍石はできるだけ角が欠けていないものを選んで販売していましたが、へなちょこばかりが残りました。

         

        今回は、あまりきれいではないもの、角も欠けているものなど27個を薬壜に入れて2つセットしました。

        サイズは大きなものも結構あります。

        色もきれいなものもまあまああります。

        しかし、へなちょこです。

         

         

        イリノイ州産八面体蛍石セール/きらら舎

         

        イリノイ州産八面体蛍石セール/きらら舎

        LED電球下

        イリノイ州産八面体蛍石セール/きらら舎

        自然光下

         

         

        イリノイ州産八面体蛍石セール/きらら舎

        LED電球下

         

        イリノイ州産八面体蛍石セール/きらら舎

        自然光下

         

         

        鉱物(第壱標本室) | comments(0) | - | - |

        ドイツ黒い森の蛍石

        2018.05.08 Tuesday 16:07
        0

          ドイツ黒い森の蛍石。

           

          Oberkirch-Hesselbach,

          Schwarzwald 

           

          黒い森とは産地のシュヴァルツヴァルト(Schwarzwald)の和訳です。

           

          カフェでは一つづつ選んでご購入いただけます。

          三省堂へ納品した分が余っていれば継続してナチュラルヒストリエで販売されているかと思います。

          (確認してからおでかけください)

           

          きらら舎分は、個体差があるので、2個セットを作りました。

           

          ドイツ黒い森の蛍石/きらら舎

          LED照明下

           

          ドイツ黒い森の蛍石/きらら舎

          窓辺の自然光下

          天気が悪いのですが。
          ドイツ黒い森の蛍石/きらら舎
          ドイツ黒い森の蛍石/きらら舎
          こんな感じで2個セットです。
          6セット作りました。
          写真のうちのどれかをお送りします。選べません。
          濃い青色のものはちょっとビンガム産の蛍石にも似ていますが
          青色はさらに深いです。
          ドイツ黒い森の蛍石/きらら舎
          光に翳すときれいです。
          鉱物(第壱標本室) | comments(0) | - | - |

          薬壜入り蛍石セールA~C

          2018.05.08 Tuesday 14:08
          0

            先日の三省堂イベントにて1つづつ選んで蛍石八面体をご購入いただけるよう、1つづつパッケージしました。

            これの残り。

             

            どっさり薬壜に入れました。

            170g分です。

             

            薬壜入り蛍石セール/きらら舎

             

            びんは定価で540円のもの。

            直径5.5(細い首部分3)×高さ11cm

             

            薬壜入り蛍石セール/きらら舎

            薬壜入り蛍石セール/きらら舎

            少しづつ回転させて撮影しています。

             

            薬壜入り蛍石セール/きらら舎

             

            薬壜入り蛍石セール/きらら舎

             

             

            一番右 A

            薬壜入り蛍石セール/きらら舎

             

             

            真ん中 B

            薬壜入り蛍石セール/きらら舎

             

             

            一番左 C

            薬壜入り蛍石セール/きらら舎

             

            Bのものを出してみました。

             

            薬壜入り蛍石セール/きらら舎

             

            全部で数としては40個ありました。

             

            薬壜入り蛍石セール/きらら舎

            蛍光するものもあります。

             

             

            5000円均一です。

            鉱物(第壱標本室) | comments(0) | - | - |