天氣後報 II

12月のカフェ営業ご案内

2017.11.06 Monday 10:11
0

    12月は恒例となりましたルーチカカフェ月間。

    ルーチカの今年の集大成として今年発売したグッズを揃えて、さらに新作を加えます。

    関連したワークショップも予定しています(確定次第アップします)。

     

    ・・・・・とはいえ、カフェの一角にルーチカアイテムが充実するというもので、

    鉱物入荷や理科室カフェはそのままです。

    理科室カフェはリクエストが多かったものを揃えました。

     

     

     

    12月2日(土)

    理科室カフェは天気管・結晶生成管づくり

     

     

    12月9日(土)

    理科室カフェはビスマス鍋

     

     

    12月16日(土)

    理科室カフェは虹標本(液晶)

     

     

     

    12月23日(土)

    理科室カフェは未定。

     

    カフェ(cafeSAYA) | comments(0) | - | - |

    11月のカフェ営業ご案内

    2017.10.09 Monday 12:59
    0

      11月も暦どおり、土曜日のみの営業です。

      『鉱物のお菓子』に掲載したものを加えてのメニューとなり、琥珀糖などの販売もあります。

      また、1時と3時の回では、マジパンで鉱物標本を作るワークショップもご用意しております。

      詳細は >>マジパンで作る鉱物お菓子 をご覧ください。

       

       

      11月4日(土)  >>ご予約はこちら

      理科室カフェは 微生物BAR(L-eye撮影ワークショップ)

      ウミホタルを研究していた古生物学者の阿部勝巳さんという人がいます(いました)。

      詳細は裏ブログに書いたのですが阿部さんの著書『ワイングラスかたむけ顕微鏡 古生物学者のひとりごと』から、ふと、微生物観察会をBARにしてみることにしました。

      もちろん、お酒呑まなくてもかまいません。

      お飲み物の他に、簡単なおつまみもご用意します。

      (閉店時刻以降はそのまま呑み会になると思います。参加費はありませんが席の確保のため、微生物BARにご予約の上参加された方優先で、呑み会だけ参加される場合は先にお問合せください。呑み会用の食べ物はご用意いたします。呑み会用のお飲み物は各自セブンイレブンでご購入ください。差し入れ大歓迎です。)

       

      できること1

      スマホ顕微鏡L-eyeでいろいろな微生物や鉱物を観察&撮影します。

       

      できること2

      L-eye開発者の方もご参加され、L-eyeの使い方・顕微鏡撮影のコツを伝授してもらえるほか、新しいL-eyeのお披露目もあるそうです。

       

      できること3

      L-eye、観察した成体も販売しています。

       

       

       

      前週が海月観察会で、ミズクラゲを発生させるので、そこで生まれたエフィラやエフィラが出たあとのポリプも観察対象にします。

      遊離したエフィラも希望者へお分けします。

      その他、ボルボックス、ゾウリムシ、ピロキスティス、ミジンコ、グリーンヒドラ、サカサクラゲなどを用意しています。

      微生物というテーマですが、鉱物もいくつかご用意します。

       

      継続してご自宅で観察されたい方へはL-eyeの販売もします。

      また、継続してご自宅で飼育培養されたい方へは生体の販売もします。

      生体購入のみご希望の方は6時にご来店ください。

      予め(11/2の木曜日までに)欲しい生物をメールでご連絡ください。

      生体のため、突然全滅したりする場合もあるので、ご連絡いただき次第詳細をご連絡します。

      生体お引き取り時、30分ほどL-eyeをお試しいただけます。

       

       

      販売可能な生体(カッコ内は微生物BAR参加者の方)

      ・ボルボックス・・・500mlペットボトル培地入 ¥1200(¥1000)

      ・ゾウリムシ・・・500mlペットボトル培地入 半年分の餌付き(※)¥1000(¥800)

      ・ミドリゾウリムシ・・・500mlペットボトル培地入 半年分の餌付き(※)¥1000(¥800)

      ・ピロキスティス・・・500mlペットボトル培地入 ¥1500(¥1200)三角フラスコ入は+¥1000

      ・グリーンヒドラ・・・特別びん入 当面の飼育セットと説明書付き ¥1500(¥1300)

      ・サカサクラゲ(無料配布できる場合もあります)

      ・ミズクラゲ・・・飼育びん入 10個体+α ¥1200(¥1000) 

       当面飼育セット ¥1000

       

      ※ 環境がよければ1か月ほどでかなり殖えますので、植え継してください。

        飼育の詳細は  >>ゾウリムシ に記載しています。

       

       

       

      11月11日(土)>>ご予約はこちら

      理科室カフェはビスマス鍋(笑)

      プチビスマスワークショップでは小さな結晶しか作れませんでした。

      通常のビスマスワークショップは観察ワークショップで自分では手を下せません。

      新しいビスマスワークショップ、ビスマス鍋は、その名の通り、ビスマスの鍋からビスマスを引き上げます。

      気に入ったものが引き上げられるまで時間は許す限りなんどでも挑戦できます。

      引き上げたビスマスは、じっくり観察して、酸化膜ができ、色づいて行く様子を見てください(動画撮影してもいいかも)。

       

      ビスマスワークショップ/きらら舎

      銀色のビスマスと通常のビスマス結晶が作れます。

       

       

      作った結晶は専用箱に入れて持って帰ることができます。

      小さな結晶でアクセサリーを作ることもできます(オプション)。

       

      ビスマスワークショップ/きらら舎

       

       

       

       

      11月18日(土) >>ご予約はこちら

      理科室カフェは結晶研究室。

      チオ硫酸ナトリウムの過冷却再結晶

      尿素の結晶

      酢酸ナトリウムの過冷却再結晶

      ・・・・・・・

      その他秘密の結晶づくりもお見せします。

       

      時間があまったら結晶2つまで、料金内でビスマス鍋もします。

      結晶追加もご相談ください。

       

       

       

      11月25日(土) >>ご予約はこちら

      紫水晶の加熱実験。

      紫水晶から偽黄水晶を作ります。

       

      参加人数が少なかった場合は、他のやりたいメニューも行えます。

      準備が必要なものもありますが、当日、まったり営業(4名様以下)の場合はご相談ください。

       

       

      *リクエストをいただいている、天気管、結晶生成管、虹標本(液晶)は12月に行います。

      カフェ(cafeSAYA) | comments(0) | - | - |

      理科室カフェの貸切について

      2017.09.10 Sunday 15:54
      0

        ワークショップの出前を依頼されることが多いのですが、事情によりなかなか難しいので、理科室カフェの貸切という形にて対応することにいたしました。

         

        理科室カフェの貸切 その1 「土曜日の5時からを8〜10名様で貸切る」

         

        ・貸切ではありますが、お買い物のお客さまがいらっしゃる場合があります。

         予めご了承ください。

        ・内容は通常の理科室カフェで行っているものをお選びください。

         数種類組み合わせることも可能です。

         料金は通常とほぼ同額ですが、複数行う場合、時間の関係で略式で行わねばならないこともあり、

         その場合は若干割引となります。

         また、観察ワークショップを組み込む場合は2名様分の料金にて8名様がお愉しみいただけます。

        ・6名様以上であれば受付けますが、若干割高となります。

        ・ご予約のご相談は3ヶ月前から受付けます。

        ・確定は2ヶ月前になります。

         

        ・確定には前金として1万円がかかります。

         残金を当日にお支払ください。

        ・キャンセルの場合、1か月前までは2000円のキャンセル料がかかります。

         (8000円返金します)

         1か月を切ってのキャンセルの場合は前金の返金はありません。

         

         

        理科室カフェの貸切 その2 「日曜日または祝日を一日貸切」

         

        詳細は個別にご相談に応じます。

        理科室カフェで行っているメニュー以外でも、対応いたします。

        カフェ(cafeSAYA) | comments(0) | - | - |

        10月 カフェ営業のご案内

        2017.09.10 Sunday 09:51
        0

          10月はイレギュラーなしで毎週土曜日の営業となります。

          オープン     13:00
          ラストオーダー  18:00
          クローズ     18:30


          10月にはミニチュアカフェとドールカフェを予定していましたが、都合により延期となりました。


          10月7日(土)

          理科室カフェはプチビスマス研究室  ¥2000(道具付き)

          これまでのプチビスマスワークショップでは、注ぐ際にこぼす方があったため、方法を変更しました。
          合せて温度調整による結晶のでき方の実験を加えました。

          また、引き揚げビスマスでは、ビスマスの結晶のできる様子、色の変化を観察します。

          通常はるつぼや容器の中の見えないところで結晶が育ちますが、引き揚げビスマスでは時間経過に伴ってビスマス特有の骸晶の形ができてくるところをみることができ、また、酸化膜の薄膜干渉による色の変化も観察できます。

          すべて少量のビスマスを使っての実験なので大きくて立派な人工結晶を作るものではありません。
          なお、少量でも高温で重量のある熔けた金属を扱うため、基本的に10歳未満の方はご参加いただけません。
          (ご相談には応じます)

          小さいですが、作った結晶はお持ち帰りいただけます。


          10月14日(土)

          理科室カフェは蛍石八面体劈開ワークショップ  ¥500+割る石(¥500〜)

          イリノイ、ビンガム、南アフリカ、湖南省の劈開しやすいものをご用意しています。

          それぞれ少量づつしか入手できないもののため、チップでの通販はしておりませんが、ワークショップ当日はワークショップに参加されない方でもご購入可能です。
          (ただし、ワークショップ前の時間帯での販売は少量です。午後6時に残った全量を販売分とします。)


          10月21日(土)

          理科室カフェは蛍光鉱物観察会 ¥500

          販売物にも蛍光鉱物を多数用意しておきます。

          観察だけではなく、撮影もできます。

          いいカメラよりスマホカメラのほうが肉眼に近い色を撮影できます。




          10月28日(土)

          理科室カフェは海月観察会  クラゲ(ストロビラ)お持ち帰り¥2000(無料リベンジあり)
          (今回は見学だけでも¥500かかります・・・クラゲ発生を専門施設に委託するため)

           

          持ち帰りだけの場合も¥2000かかります。

          飼育キット不要の場合は¥1500です。

          1か月以内に全滅した場合は無料でリベンジ可能です(生体発送はしません)。

          エフィラ遊離を観察以降、継続飼育が無理な場合は返却可能です(返金はいたしません。海に捨てたりしないでください)。

           

           


          ミズクラゲのストロビラとエフィラ発生の観察をします。
          エフィラ発生中(または発生直前)のストロビラ(※)は、お持ち帰りいただけます。
          当面は小さな容器で飼育することができます。
          その他、現在発生しているクラゲも観察・撮影していただけます。

          〈ミズクラゲの飼育について〉
          容器は3つ(ポリプ用・エフィラ用・給餌用)、お渡しします。
          1つにはストロビラが入っています。まずはエフィラが発生する様子を観察してください。
          餌は不要です。

          エフィラが発生しましたら、付属のスポイトにてエフィラ用容器に移してください。
          海水も500ml分セットしておりますので、それをエフィラ容器に入れてください。
          詳細は当日ご説明するほか、説明書も付けています。

          ブラインシュリンプ容器に海水とブラインシュリンプエッグを入れて温かめな場所に置きます。
          孵化したら、観察会にて説明したように給餌・換水をします。
          給餌・換水にはもう1つの容器を使います。

          エフィラを出し切ったポリプには給餌し、換水してください、

          エフィラは発生当初は2mm程度です。
          エフィラ容器で飼育します。
          4〜5mmになったら少し大き目の容器に移してエアレーションします。
          この方法も当日説明しますが、わたしはペットボトルを切ったものを使っています。

          エフィラ容器でもエアレーションをセッティングできないことはありません。
          2cmを超えたら水槽を準備します。

          ストロビラというのはポリプがクラゲを発生させるために変身した姿のこと。

          この変身をストロビレーションといいます。

          クラゲを出すためにストロビラとなったポリプはやがてエフィラ(クラゲの幼生)を発生させ、その後もとのポリプの形に戻ります。

          ポリプに給餌をすると成長し、増殖します。

           


          〈理科室カフェ貸切のご案内〉
          理科室カフェは2か月以上前にご相談いただければ貸切とすることができます。
          ワークショップの内容はいくつかを組み合わせたり、作ったビスマス結晶でオブジェやアクセサリーを作ったりなどアレンジが可能です。

          貸切については「理科室カフェの貸切について」をご参照ください。
           

          カフェ(cafeSAYA) | comments(0) | - | - |

          9月のカフェ営業スケジュール

          2017.07.24 Monday 08:07
          0

            9月2日(土)

            理科室カフェは 螢石の八面体劈開。

            最近入手困難が続いていたイリノイチップ(これが螢石の劈開の手始めには最適です)を入手しましたので、それをメインに行います。

            初心者の方、またベテランの方。

            ご参加の方の熟練度に合わせてお愉しみいただけます。

             

            イリノイ州産蛍石チップ/きらら舎

            初心者の方は大きな八面体劈開を作った際に出たチップを使います。

            ベテランの方は南アフリカ産で小さな八面体量産にチャレンジするもよし、上の写真の左側にあるような大きな欠片から大きな八面体を作るもよし。

            大きな八面体を作る場合は鏨を併用します。

             

             

            イリノイチップの他、いつものイリノイナゲット、南アフリカ産エメラルドグリーンの小さな欠片のご用意もします。

            イリノイナゲットは安納芋みたいな濃い黄色があります。劈開自体はあまり素直ではないので難しいですが、小さな八面体であれば作れます。

            南アフリカ産は実はイリノイ州産よりも劈開が素直かもしれません。

            八面体劈開がほとんど販売されていないのは、この産地の標本自体が自結晶が八面体をしていることと、高価な標本が多いため。

            ただし、小さな欠片(標本)の在庫があるので、小さな八面体を作ってみようと思います。

            美しい水色に蛍光するので、完成したら、ブラックライトで蛍光させて、小さな青く光る八面体を撮影してみてください。

             

             

            9月9日(土)

            ビスマスワークショップです
            他のワークショップ、および、デザート・ランチはありません(ドリンクのみ)。

             

            最初の回(1時から)はプチビスマスワークショップ(8名様)。
            3時からは通常のビスマスワークショップです。
            1時の回をご予約の場合、通常のビスマスワークショップもご参加可能です。


            また、3時からはお席は4席のみとなりますが、ご予約がない場合でもビスマスワークショップへのご参加は可能です。

             

             

            9月16日(土)

            理科室カフェは天気管・結晶生成管。

            NHKの製作会社のカメラマンさんが撮影した美しい映像もお見せします。

            当日は天気管と結晶生成管のいずれか、または両方を作ることができます。

            天気管はきらら舎が販売している試験管サイズの3本分弱の量を作りますので、いろいろな容器でお愉しみいただけます。

            また、容器の注意点なども当日お話しします。

             

             

             

            9月23日(土)

            理科室カフェは虹標本。

            博物ふぇすからちょうどいいサイズの壜をご用意したキットを作りました。
            すでに液晶化しているもので液晶の感触と性質の実感・実験をし、
            粉から液晶を作るワークショップと、今回より2種類の実験をお愉しみいただけます。
            液晶の素のみの追加販売もあります。
            キットや材料はカフェ・イベントでのみの販売となります。

             

             

            9月30日(土)

            理科室カフェは貸切

            貸切については「理科室カフェの貸切について」をご参照ください。

            カフェ(cafeSAYA) | comments(0) | - | - |