天氣後報 II

翡翠葛の種が届きましたが・・・・・

2018.05.08 Tuesday 10:26
0

    翡翠葛の種が届きました。

     

    前回注文した業者が、国外発送を中止したというので、

    今回は別の業者さんです。

    価格は上がったのですが、ワールドワイドに面白い植物の種や苗を扱っている大きな会社です。

     

    前回の種。

     

    翡翠葛/きらら舎

     

    藤の種にそっくりです。

    花の付き方も藤のようだから、種も似てるのだろうと思っていました。

     

    藤/きらら舎

    これは日本の藤の種。

     

    殻の内部に空気の層があるので、発芽しやすくするために、内部に水を浸透させます。

     

    藤/きらら舎

    2日後、みんな沈みました。

    こうして植えます。

     

    しかし、今回届いた種・・・・・

     

    翡翠葛/きらら舎

    明らかに形が異なりますね。

     

    とりあえず、撒いてみることにします。

     

    一緒に観察実験をしてくださる方は、カフェご来店時にお申し出ください。

    種を差し上げます。

     

    種の販売は謎が解明したら再開したいと思います。

     

    植物その他(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

    箱庭標本の苔のこと

    2018.04.12 Thursday 09:20
    0

      急に気温が上がったせいで、栽培中の苔がだいぶ弱ってしまっていましたので、

      新しい苔を仕入れました。

      弱ったやつは室内にて鋭意お世話中です。

       

      コツボゴケ

      学名:Plagiomnium acutum (Lindb.) T.J.Kop.

      チョウチンゴケ科

      ツルチョウチンゴケ属

       

      日陰の湿った土地に生える苔です。

      四方に這うように伸びた茎から仮根を出して増えます。

      横に伸びる茎とは別に直立茎もあり、胞子体はここににできて、褐色の柄に垂れ下がった櫃鬚弔韻泙后

       

      コツボゴケ/きらら舎

      コツボゴケ/きらら舎

       

       

       

      タマゴケ

      学名:Bartramia pomiformis
      タマゴケ科
      タマゴケ属

      タマゴケ/きらら舎

      朔柄が長く伸び、その先に胞子嚢(朔)がついています。

      この丸い形からタマゴケと呼ばれています。

       

      タマゴケ/きらら舎

      熟してくると茶色になって、胞子を飛ばします。

       

       

       

      スナゴケはとりあえず、急な気温上昇にも負けずにおります。

       

      カフェにてワークショップの他、販売もしています。

       

      植物その他(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

      オイル液浸標本(ハーバリウム)材料新入荷

      2017.12.08 Friday 08:51
      0

        カフェのワークショップ「オイル液浸標本(ハーバリウム)」は鉱物と植物を硝子びんの中でコラージュしてオイルを注ぎます。
        材料がだいぶ減ってきたので補充しました。

         

         

        ペッパーベリー・ピンク/エクアドル産

        オイル液浸標本(ハーバリウム)/きらら舎

        房で使っても、ばらして水玉みたいにしても・・・・・

         

         

         

         

        アスパラガス/イタリア

        オイル液浸標本(ハーバリウム)/きらら舎

        森や草原、木陰感の演出。

         

         

         

        ラベンダー/北海道

        オイル液浸標本(ハーバリウム)/きらら舎

        人気のラベンダーも追加しました。

        色が濃い目で鮮やかなものを選びました。

         

         

         

        ローダンゼ・ピンク/オランダ

        オイル液浸標本(ハーバリウム)/きらら舎

         

         

        ローダンゼ・白/オランダ

        オイル液浸標本(ハーバリウム)/きらら舎

        たくさん入れて可愛く仕上げても、シンプルな中にぽつりと入れても。

         

         

         

        サンウィーバイン(プリザーブド)

        オイル液浸標本(ハーバリウム)/きらら舎

        蔓です。

         

         

         

        千日紅/日本

        オイル液浸標本(ハーバリウム)/きらら舎

        定番の千日紅。

        花部分だけ切ってピンクの球体として使う場合が多いのですが、茎も生かして入れるとアドバルーンみたいで可愛いかも!

         

         

         

         

        スモークグラス/日本

        オイル液浸標本(ハーバリウム)/きらら舎

        オイル液浸標本(ハーバリウム)/きらら舎

        草むらを演出できそうなので買ってみました。

         

         

         

        ユーカリエキゾチカ/日本

        オイル液浸標本(ハーバリウム)/きらら舎

        シックな作品ができそうです。

        植物の化石感もあり、蛍石とも相性がよさそうです。

         

         

         

        マイクロローズ・アンティークピンク(プリザーブド)

        オイル液浸標本(ハーバリウム)/きらら舎

         

         

         

        マイクロローズ・アンティークブルー(プリザーブド)

        オイル液浸標本(ハーバリウム)/きらら舎

        現在ある、紫陽花のプリザーブドよりゴージャスな作品が作れそうです。

        パッケージの上から撮影したのでピントが甘いのですが、親指の先ほどの小さな薔薇です。

         

         

        材料のほかにも容器も増えました。

         

         

         

        植物その他(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

        シャーレジオラマ標本/ベビーサボテン

        2017.08.13 Sunday 09:50
        0

          サボテンは種から育てています。

           

          シャーレジオラマ標本/ベビーサボテン/きらら舎

          シャーレジオラマ標本/ベビーサボテン/きらら舎

           

          これを直径68mm(フタ直径)のシャーレに植えてみました。

           

          シャーレジオラマ標本/ベビーサボテン/きらら舎

          まだ小さいので種まきする時と同じ砂。

          写真では底に少しハイドロボールを敷いています。

          砂を敷き詰めて霧吹きで水をまきます。

           

          キットではサボテン用の砂と赤ちゃん用の砂が入っています。

          下にサボテン用を深さ5mmほど敷き、サボテンを植える部分にはさらに5mmほど砂を敷いてください。

          種まき部分にも砂が必要です。

          砂を敷かない部分にはサボテンの砂が多目でもかまいません。

          砂は多目に入っています。

           

           

          そこへ、SPIRITさんが焼いた陶器の家、青く光る水たまりなどを配置し、門燈となる実験用の理化学硝子を埋めました。

           

          シャーレジオラマ標本/ベビーサボテン/きらら舎

          門燈は綿棒でシャーレの底が見えるまで掘って配置します。

          同様にサボテンを植える穴を掘ります。

           

          シャーレジオラマ標本/ベビーサボテン/きらら舎

          やや大きくなった(高さ8〜10mm)ものを植え、小さいものは少し上げ底して

           

          シャーレジオラマ標本/ベビーサボテン/きらら舎

          頭が出るように植え、周囲の砂を綿棒で押えます。

           

          シャーレジオラマ標本/ベビーサボテン/きらら舎

          お好みで鉱物などを飾ります。

          シャーレのフタ部分を逆さまにして、中にコインライトを仕込み、上にシャーレを乗せると、門燈部分に灯が点ったようになります。

          キットとしてお届けします。
          届いたらすぐに植えてください。
          家の大きさや形、サボテンの種類は選べません。

          シャーレ、砂、水たまり2個、門燈、サボテン2個、サボテンの種数粒。

          サボテンの種は適当に置いて砂はかけないでおきます。

          沙漠でも生きられるサボテンですが、大きくなるまでは水分が必須です。普段は上からシャーレのフタを乗せておき、砂は乾燥しないようにしてください。
          シャーレは家の屋根にひっかかってぴったりは閉じないのですが。そのくらいのほうが通気があるのでちょうどいいのです。 密封するとカビの原因になります。
          机やテーブルの上に置いて、毎日霧吹きで水を与えて、サボテンの成長を愉しんでください。
          約1年くらいはこのままシャーレで育てていけます。根が伸びて浮き上がってきたら砂を少し追加してみてください。
          サボテンが大きくなってきたら一回り大きなシャーレや器に植え替えてください。

          カフェのワークショップでも作ることができます。カフェでは配置する鉱物も付いています。

           

           

           

          植物その他(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

          ウミウチワ

          2017.02.02 Thursday 11:07
          0

            通称ウミウチワ

            Anthogorgia bocki(Sea-fan)

             

            刺胞動物門

            花虫綱

            八放サンゴ亜綱

            ヤギ目

            トゲヤギ科

             

            その名のとおり、平べったい扇状をしています。

            サンゴの仲間でこれは群体。

            黒い角質の骨軸を持ち、枝のように増殖し、癒合して大きくなります。

             

            このウミウチワの乾燥標本。

            大きなものは高額で取引されていますが、今回入荷したものは幅8〜15cmくらいの小さな標本です。

             

            紙箱に入れてお届けします。

             

            ウミウチワ/きらら舎

            ウミウチワ/きらら舎

             

            写真は届いたものを上から2つとって撮影したもの。

            個体差がありますが、個別指定なしでできるだけ安価でのご提供です。

             

            カフェでも販売しています。

            カフェでは選んでご購入できます。

            植物その他(第弐標本室) | comments(0) | - | - |