天氣後報 II

シャーレジオラマ標本/ベビーサボテン

2017.08.13 Sunday 09:50
0

    サボテンは種から育てています。

     

    シャーレジオラマ標本/ベビーサボテン/きらら舎

    シャーレジオラマ標本/ベビーサボテン/きらら舎

     

    これを直径68mm(フタ直径)のシャーレに植えてみました。

     

    シャーレジオラマ標本/ベビーサボテン/きらら舎

    まだ小さいので種まきする時と同じ砂。

    写真では底に少しハイドロボールを敷いています。

    砂を敷き詰めて霧吹きで水をまきます。

     

    キットではサボテン用の砂と赤ちゃん用の砂が入っています。

    下にサボテン用を深さ5mmほど敷き、サボテンを植える部分にはさらに5mmほど砂を敷いてください。

    種まき部分にも砂が必要です。

    砂を敷かない部分にはサボテンの砂が多目でもかまいません。

    砂は多目に入っています。

     

     

    そこへ、SPIRITさんが焼いた陶器の家、青く光る水たまりなどを配置し、門燈となる実験用の理化学硝子を埋めました。

     

    シャーレジオラマ標本/ベビーサボテン/きらら舎

    門燈は綿棒でシャーレの底が見えるまで掘って配置します。

    同様にサボテンを植える穴を掘ります。

     

    シャーレジオラマ標本/ベビーサボテン/きらら舎

    やや大きくなった(高さ8〜10mm)ものを植え、小さいものは少し上げ底して

     

    シャーレジオラマ標本/ベビーサボテン/きらら舎

    頭が出るように植え、周囲の砂を綿棒で押えます。

     

    シャーレジオラマ標本/ベビーサボテン/きらら舎

    お好みで鉱物などを飾ります。

    シャーレのフタ部分を逆さまにして、中にコインライトを仕込み、上にシャーレを乗せると、門燈部分に灯が点ったようになります。

    キットとしてお届けします。
    届いたらすぐに植えてください。
    家の大きさや形、サボテンの種類は選べません。

    シャーレ、砂、水たまり2個、門燈、サボテン2個、サボテンの種数粒。

    サボテンの種は適当に置いて砂はかけないでおきます。

    沙漠でも生きられるサボテンですが、大きくなるまでは水分が必須です。普段は上からシャーレのフタを乗せておき、砂は乾燥しないようにしてください。
    シャーレは家の屋根にひっかかってぴったりは閉じないのですが。そのくらいのほうが通気があるのでちょうどいいのです。 密封するとカビの原因になります。
    机やテーブルの上に置いて、毎日霧吹きで水を与えて、サボテンの成長を愉しんでください。
    約1年くらいはこのままシャーレで育てていけます。根が伸びて浮き上がってきたら砂を少し追加してみてください。
    サボテンが大きくなってきたら一回り大きなシャーレや器に植え替えてください。

    カフェのワークショップでも作ることができます。カフェでは配置する鉱物も付いています。

     

     

     

    植物その他(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

    ウミウチワ

    2017.02.02 Thursday 11:07
    0

      通称ウミウチワ

      Anthogorgia bocki(Sea-fan)

       

      刺胞動物門

      花虫綱

      八放サンゴ亜綱

      ヤギ目

      トゲヤギ科

       

      その名のとおり、平べったい扇状をしています。

      サンゴの仲間でこれは群体。

      黒い角質の骨軸を持ち、枝のように増殖し、癒合して大きくなります。

       

      このウミウチワの乾燥標本。

      大きなものは高額で取引されていますが、今回入荷したものは幅8〜15cmくらいの小さな標本です。

       

      紙箱に入れてお届けします。

       

      ウミウチワ/きらら舎

      ウミウチワ/きらら舎

       

      写真は届いたものを上から2つとって撮影したもの。

      個体差がありますが、個別指定なしでできるだけ安価でのご提供です。

       

      カフェでも販売しています。

      カフェでは選んでご購入できます。

      植物その他(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

      フウセントウワタとケサランパサラン

      2016.10.16 Sunday 13:00
      0

        もう20年以上も前。

        当時80代後半のご夫婦が営んでいた呑み屋さんで、長い間大切にしているという「ケサランパサラン」を見せていただいたことがあります。

        お酒も呑んでいたし、店内も暗かったので、はっきりと観察できたわけではないのですが、桐の箱の中にたくさんの足をもった生き物がゆったりと動いていました。

        そして伝説どおり、おしろいが「えさ」として箱の中に入れてありました。

         

        人をかつぐようなご夫婦ではなく、蜘蛛でもなく、不思議な感じがしました。

        恐らくは何かの綿毛だと思いますが、種ともまた違ってみえる核のようなものがあって、見たことのある綿毛より毛の1本1本がしっかりしていて、それぞれが別の動きをしていましたのでケサランパサランかも(だったらいいな)と、少しだけ思っています。

         

        ところで。

        父が亡くなってから、屋上の植木類はほとんど片づけてしまったのですが(亡くなる数年前に、植木の世話があまりできなくなったのでしょうか。また、母が入院していたことなどもあり、ある夏に一気に枯れてしまったので、枯れた鉢を片づけたというのが正解です。その中の1つで現在カフェにある妖精の樹を作りました)、いくつか個人的な趣味で栽培しているものがあります。

        その中の一つがフウセントウワタ。

         

        フウセントウワタ/きらら舎

        これがフウセンという名前の理由。

         

        ガガイモ科(キョウチクトウ科)で学名はGomphocarpus physocarpus。

        風船玉の木(フウセンダマノキ)という別名も可愛いです。

        名前の響きほどフウセン(実)自体は可愛くはないですが。

         

        カフェの前には初夏になると自然にフウセンカズラが目を出し、時計草の蔓に絡まって育っていますが、フウセントウワタは秋に種を採り、春に種まきをします。

        同じ木の種だけで何年も育てるのではなく、時々違う種から育てたものも加えていくつかの株を同時に育てていきます。

         

        今朝。

        たくさんのふわふわが飛んでいました。

        1つのフウセンが破裂したようです。

         

        フウセントウワタ/きらら舎

         

        フウセントウワタ/きらら舎

        1つのフウセンから両手いっぱいの綿毛(種)が採れます。

         

        切り込んで室内に取りこめば越冬もできますが、スペース的な理由で一年草扱いをしています。

         

        キョウチクトウの毒については『魔法藥図鑑』にも以前書いたことがあるのですが、仲間なのでフウセントウワタにも樹液に毒があります。外で育てるほうが安心でもあります。

         

        最近、綿毛の話をよくしていますが、これも綿毛ですね。

        残念ながら実から出てくる時は、カマキリの子供が卵から出てくるのに似ていて、ちょっと怖く、まん丸く集まっている綿毛とは異質ですが、1つを手のひらに置いて眺めると、絹糸のような綿毛がそよ風にふわふわ動く姿が、昔見たケサランパサランにも似ていて癒されます。

        フウセントウワタ/きらら舎

         

        種が欲しい方はご来店のご予約の際に通信欄にお書きください。

         

        フウセントウワタ/きらら舎

         

        種は来年の春に植えます。
        その頃に土や蒔き方の説明をアップしたいと思います。

         

         

        植物その他(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

        綿毛標本

        2016.10.05 Wednesday 14:26
        0

          以前に作ったたんぽぽの綿毛フラスコと綿毛壜

           

          綿毛標本/きらら舎

           

          以前作ったミニチュア試験管入

          綿毛標本/きらら舎

           

          先日もドールカフェの実験室セットに綿毛標本を置いていました。

           

          欲しいという方が結構あったので、ちゃんと作ることにしました。

           

          綿毛標本/きらら舎

          採集&セット

           

           

          綿毛標本/きらら舎

          1日経過

          少し開いてきました。

           

          綿毛標本/きらら舎

           

          まだアンティークレースのような色をしています。

          屋上で見る綿毛は白いのですが、風景の中にあるから白く見えるだけで、白い紙を背景にしたりするとこんな感じなのかなあ・・・と思いながらも、乾燥が進むのを待ってみます。

          (変化があればこのページを更新します)

           

           

           

           

           

          綿毛標本/きらら舎

          豆電球仕様のほうは1日違いの4つ。

          だんだん開いていくのがわかります。

           

          ちょっときつきつだったかもしれませんww

          でもみっしり綿毛ってのも可愛いです。

          一日経過

          綿毛標本/きらら舎

          セットが少し早すぎたかもしれません。

          早過ぎたため、乾燥の速度が遅いようです。少し冷やしながら様子をみることにします。

           

          綿毛標本/きらら舎

           

           

           

          綿毛データ

           

          ミニチュア試験管入

          【姫昔蓬/ヒメムカシヨモギ】

          英名:Canadian horseweed

          学名:Conyza canadensis

           

           

          科:キク科 Asteraceae
          属 :イズハハコ属 Conyza
          種:ヒメムカシヨモギ C. canadensis

           

          明治維新のころから鉄道線路に沿って広がったため、ゴイッシングサ(御一新草)、メイジソウ(明治草)、テツドウグサ(鉄道草)などとも呼ばれた(『野に咲く花』山と溪谷社 )

           

           

          豆電球仕様

          【野襤褸菊/ノボロギク】

          英名:Common groundsel

          学名:Senecio vulgaris

           

          科:キク科 Asteraceae
          属:キオン属 Senecio
          種:ノボロギク S. vulgaris

           

          本来は春の花です。

          最近では春から夏によくみかけますが、今年はこの季節でも毎日数個の花をつけています。

           

          綿毛観察のために「雑草」と呼ばれる種類の植物も屋上で育てています。

          育てているというより、プランターに自生しているというほうが正しいのですが。

          今回、最初は「綿毛標本」でラベルを作りました。

          しかし、春に作ったミニチュア試験管入のものと今回のものは種類が異なるので、やはり、それぞれに植物名を付けました。

          ラベルは小さいので、

          ・和名の漢字表記

          ・英名

          ・学名

          を記しています。

          和名の漢字表記はかなりマニアックなので(好きなんですけど)、該当ブログに今回のようにデータを書いておきます。

           

          植物その他(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

          箱庭標本壜キット #002 湖畔の小さなおうちI

          2016.08.05 Friday 10:06
          0

            箱庭標本壜キット。第2弾はホソバオキナゴケだけを使った湖畔の風景。

             

            箱庭標本壜キット/きらら舎

             

            ブレンド土を5mmくらい入れます。

            スポイトで数滴水を垂らして混ぜておきます。

             

             

            箱庭標本壜キット/きらら舎

            ホソバオキナゴケ(ヤマゴケ)は予め、霧吹きで表と裏に水をかけて湿らせておきます。

             

            箱庭標本壜キット/きらら舎

            壜のカーブに合わない場合はいくつかにわけて植えます。

            裏面の茶色い部分が多い場合、または斜面を作りたい場合は少しカットします。

             

            箱庭標本壜キット/きらら舎

            家と湖を置く場所に白い砂を入れていきます。

             

            箱庭標本壜キット/きらら舎

            湖は平らな方が上(水面)となるように配置してください。

             

            箱庭標本壜キット/きらら舎

            湖、家、ビンガム産蛍石は湖と同じ色です。

            苔の境目などに置くと安定します。

             

             

            箱庭標本壜キット/きらら舎

            湖はブラックライトで光り、銀河の粒が、わずかですが蓄光します。

             

             

            植物その他(第弐標本室) | comments(0) | - | - |