天氣後報 II

ウニの発生実験ワークショップ

2017.12.24 Sunday 15:25
0

    理科室カフェ。

    1月にはちょっと本格的なことをします。

    なお、当初予定していた日程が変更になりました(ウニ採集日確定したところ数日早まったため)。

     

    ウニの受精発生

    1/20(土)17:00〜19:00

    ・ウニを放卵、放精させる

    ・ウニの精子、未授精卵を観察

    ・観察後受精させる

    ・受精膜が上がってくるのを観察

     

     

    通常発生にかかる時間は室温18℃で

    2細胞期 1時間30分

    4細胞期 2時間10分

    8細胞期 2時間50分

    16細胞期 3時間30分

    孵化(胞胚) 12時間 (胞胚が受精膜をやぶって泳ぎだす)

    原腸胚 20〜24時間

    プリスム幼生 36時間

    プルテウス幼生 48時間以降

     

    と、言われています。

    受精膜があがるのを実際に観察した後は、ホルマリン標本となっている各細胞期を観察します。

    当日、早朝に受精させておいたものがうまくいけば、孵化も観察していただけます。

     

    また、数日前に受精させておいたものがうまくプルテウス幼生になっていたら、

    飼育容器に入れてお持ち帰りいただきます。

    (希望者のみ。持ち帰らなくても費用は同じです)

    餌と海水、水換え用ネットとスポイトなども合わせてお渡しします。

     

    週に3回。餌をやってください。

    一日に数回、ゆっくり振ってください。

    週に一度換水します。

    ウニのポケット飼育と呼ばれている方法です。

     

    最初は0.1mmほどですが実は、このくらいのサイズはルーペで容器の外から観察することができます。

    お渡しする時は4腕プルテウスです。

    約1週間で6腕プルテウス、約2週間で8腕プルテウスになります。

    約3週間でウニの元基が形成されます。

    約5週間で、原基の中に棘ができ、原基が胃と同じ大きさになったらいよいよ変態です。

     

     

    カフェでもビーカーでプルテウスを維持しています。

    もしも、途中で全滅してしまって、カフェで維持しているものが生きていれば、ご連絡の上、取りに来て下さい。

    ウニへ変態するまでの間、毎週、無料で差し上げます。

    (カフェの分が全滅した場合はご容赦ください)

     

    ただし、全滅したか?と思っても、よく見るとちゃんと生きていることも多いので、まずはルーペで観察してください。

     

     

     

     

     

     

     

     

    ワークショップ(cafeSAYA) | comments(0) | - | - |

    ビスマス鍋と銀色ビスマス

    2017.11.12 Sunday 09:29
    0

      昨日の理科室カフェは」「ビスマス鍋」でした。

      ビスマスのワークショップはいくつかある中で、今回は「鍋」・・・・・・ww

       

      その名のとおり、参加者で鍋を囲んでビスマス鍋をつつきます。

      ついでに「引揚げビスマス」も行えます。

      「引揚げビスマス」とは、釘の先っちょについたビスマスの溜まりにだんだんエッジが出現し、見慣れたあのビスマス結晶(骸晶)に変化する・・・・・と、同時に酸化膜による薄膜干渉で虹色を呈してくる、というもの。

      小さな小さな結晶ですが、結晶のできるところから観察できるのは楽しいです。

      (老眼鏡準備は必須です。途中で「めがね・・・めがね・・・」とバッグを探しているうちに様子は刻々と変化してしまいます・・・笑)

       

      昨日は、急遽3時からの会でもテーブル1席だけビスマス鍋を開催しました。

      (3時からの予約時間でもビスマス鍋をやると勘違いされてご予約された方、キャンセル待ちとして3時からをご予約された方などがいらっしゃったため)

      慌ただしい中での準備だったので、うっかりと、結晶確認棒の準備をし忘れてしまったのです。

      結晶確認棒・・・・・ってアイスピックなのですが、そのまま結晶確認しちゃったのです。

      ステンレスと書いてあってもアルミメッキされているものは多く、

      以前、卵型のお菓子の型をくださった焼き菓子型製造メーカーの方も、

      「素材はステンレスや鉄でも、アルミ塗装している場合が多いよ」・・・・・と、おっしゃっていました。

      鍋や型などだったらちゃんとしているのに、ついうっかり、新品のピックで結晶状態を確認しちゃったわけです。

       

      本当にそんなことだけ。

       

      鍋全体が虹色にならないビスマスになってしまいました。

       

      が、しかし!

      これが美しいのです。

      5時からの理科室カフェ用に鍋は2つ用意してありましたので、1つは銀色ビスマスを。もう1つで通常の虹色ビスマスを作ることにしました。

       

      ビスマスワークショップ/きらら舎

      鍋でビスマスを熔かします。
      いくつか注意点があります。これを守っていただければ、安全にきれいな結晶を取りだせます。
      結晶は何度か取り出し、銀色も含めて4つ(小さなものはこの限りではありません。カウントしないものもあり、実際にはたくさん)持って帰ることができます。

       

      ビスマスワークショップ/きらら舎

      結晶ができたところをつかみ上げます

       

       

      ビスマスワークショップ/きらら舎

      液体状のビスマスが垂れることがあります。

      これは薄い金箔ならぬビスマス箔で、面白い形になり、参加者の間では「ぴちょん君」と呼ばれていました。

       

      ビスマスワークショップ/きらら舎

       

      ビスマスワークショップ/きらら舎

      ビスマスワークショップ/きらら舎

      銀色のビスマスもカッコいい!

       

      通常のビスマスは、次回は放置する環境を複数用意して、色の操作(それほどできませんが)にも挑戦したいと思います。

      なお、そのあと調子に乗って作った銀色ビスマスはカフェにて販売しています。

      次回のビスマス鍋でも両方のビスマスを作れます。

      ワークショップ(cafeSAYA) | comments(0) | - | - |

      マジパンで鉱物お菓子づくり

      2017.10.23 Monday 10:20
      0

        『鉱物のお菓子』関連のワークショップとして10月28日(土)より マジパンでお菓子作り を始めます。

         

        『鉱物のお菓子』のP12とP60に掲載されてる「葡萄みたいな玉髄」とP12とP62に掲載されている「藍銅鉱球」と、もう一つ、お好きなものを作ることができます。

        3つ目に何を作るかは当日までのお愉しみ&ご自分で考えて作ることもできます。

         

        作ったものは、6マス仕切りの標本箱をイメージした紙箱に入れてラベルを添えて、お持ち帰りいただけます。

        マスのサイズは47×37mm(50×40mmから仕切り分の厚さを引いたサイズです)。

         

        (1)手を洗ってください

        (2)エプロンがあったほうがいいです(粉糖を使うので)

        (3)食べ物にも使えるアルコールを手にかけてスタンバイ!

        (4)マジパンはゼロから扱いを覚えましょう!

        (5)粉糖で自分にあった硬さに練ります。

        (6)食紅を準備します(ベースとなる色は予め作っておきますが、微調整は可能です)。

        (7)練って色マジパンを作ります。

        (8)カルセドニーと藍銅鉱球を作ります。

        (9)もう1つ。今回はマジパンの技の1つを覚えましょう。

           菱マンガン鉱を作ります。

           ご自分で洞窟の真珠とか、オリジナルでもOK!

        (10)先に標本を並べるのに適したお皿をお渡ししておきますので、そこで完成をぱちり!

        (11)箱に入れてラベルを添えたりしても撮影できます。

           箱には3種類の琥珀糖がすでにセットされています。

           お持ち帰り時は一応ラップでそっと包んでおきます。

         

         

        以上、¥2000です。

         

        画像は、ワークショップ時に撮影して順次アップしていきます。

         

        ワークショップ(cafeSAYA) | comments(0) | - | - |

        明日のビスマスワークショップ

        2017.09.08 Friday 07:58
        0

          明日、9/9(土)のビスマスワークショップについて

           

           

          1:00〜2:30 プチビスマスワークショップ

          実際に自分でビスマスの人工結晶づくりを体験します。

          ビスマスは水の約10倍の重さがあり、低温で融けるとはいえ、300度近い熔けた金属はやはり危険です。

          そこで、はじめの一歩としてビスマスの重さや熱さを体験するワークショップです。

          タイトルどおり小さな結晶しか作ることはできません(小さな結晶は作ることができます)。

          道具もお持ち帰りいただけますので、ご自宅で再度挑戦されてもいいし、

          ご自宅ではさらに大きな結晶づくりにチャレンジされるのもいいかと思います。

           

          なお、作業は2:30で終了しますが、お席だけ開けていただき、次の回のビスマスワークショップにご参加も可能です。

           

           

          3:00〜6:30 ビスマスワークショップ(観察ワークショップ)

          ビスマス結晶を長年たくさん作っている石華工廠さんに、ビスマスづくりの実演をしていただきます。

          観察ワークショップで、自分で作ることはできません。

          ビスマスについてのいろいろなお話を聴きながら、結晶を作る工程を観ます。

          できた結晶から好きなものを持って帰ることができます(入れ物付きです)。

          なお、さらに大きな結晶を作って欲しい!というリクエストにも応じています。

           

           

          同日、アクセサリー作家のArchaique_ARKHEさんが常駐しています。

          プチビスマスワークショップで作った結晶や、当日購入したビスマス結晶でオリジナルアクセサリーのオーダーもできます。

          なお、3:00からはテーブルを1つ使ってビスマス実演をするため、ご予約が各回4名さまのみとなっていますが、ワークショップにはご予約なしでもご参加できます(お席のご用意はありません)。

          また、オリジナルオーダーのご相談もご予約不要です。

           

          3:00からは3:40〜4:20、5:40〜6:10 の時間帯にて、1回 ¥200で「引き揚げビスマス」が体験できます。

          小さな結晶しか作ることができませんが、液体の状態から結晶の形ができる様子、それが色づいてくる様子を実際に見ることができます。

          また、その結晶でアクセサリーオーダーも可能です。

           

          オーダーの目安

          ピアス ¥7000〜
          イヤリング ¥8000〜
          リング ¥12000〜
          トップ
          チェーン無し ¥15000〜
          チェーン有り ¥16000〜
          バングル ¥20000

           

          ビスマスワークショップ/きらら舎

          ビスマスワークショップ/きらら舎

          ビスマスワークショップ/きらら舎

          ビスマスワークショップ/きらら舎

          ビスマスワークショップ/きらら舎

          ビスマスワークショップ/きらら舎

          ビスマスワークショップ/きらら舎

          ビスマスワークショップ/きらら舎

           

           

          ワークショップ(cafeSAYA) | comments(0) | - | - |

          L-eye簡易ワークショップ

          2017.09.01 Friday 12:31
          0

            先日、カフェにてスマホ顕微鏡L-eyeのワークショップを行いました。

            当日は開発者の永山國昭さんなどがいらっしゃってのワークショップでしたが

            平日だったのと、急だったので、見たかった!!という声も多く、

            簡易的ではありますが、通常のカフェご予約時にも体験ができるようにしました。

             

            L-eyeはカフェに常備しておりますので、ご来店時にスタッフまでお申しつけください。

            体験は無料です。

            L-eyeの他に永久プレパラートやモルフォ蝶の翅の断片、鉱物もお貸しいたします。

            撮影もOKです。

             

            なお、ご予約時に通信欄に生体をご注文いただくと、合わせて観察ができます。

            また、生体観察は1グループに1つのお申込みで4名さままで一緒に観察ができます。

             

            グリーンヒドラ

            グリーンヒドラの観察&撮影。

            また、観察しながら給餌をして、グリーンヒドラの捕食と呑みこんでいく様子も確認できます。

            観察&給餌のみ・・・¥500

            生体販売  ・・・・¥1000

            飼育セット付き販売・・・¥1500(ご来店の2日前までにご注文ください)

             

            スマホ顕微鏡ワークショップ/きらら舎

             

             

            サカサクラゲ

            サカサクラゲのエフィラとポリプの観察&撮影

            販売はエフィラのみ5体です。

             

            観察のみ・・・¥500

            エフィラ生体販売  ・・・・¥1000

            飼育セット付き販売・・・¥1500(ご来店の2日前までにご注文ください)

             

            スマホ顕微鏡ワークショップ/きらら舎

             

             

            ボルボックス

            観察のみ・・・¥500

            生体販売  ・・・・¥1000(培地をご持参ください)

            培地付き販売・・・¥1500

             

            ボルボックス/きらら舎

             

            ワークショップ(cafeSAYA) | comments(0) | - | - |