天氣後報 II

大惑星球 III

2015.02.06 Friday 09:35
0
    大惑星球 III 。
    大惑星球の第三弾です。

    今回はエチオピアオパールを入れたものと、歯車&時計部品を入れたものを半々に作りました。

    大惑星球 III

    まずは時計部品のほう。


    大惑星球 III

    球体の空間に気泡を孕んで浮かんでいます。


    大惑星球 III

    真上から見ると、宇宙空間に漂う部品のように見えます(宇宙ゴミじゃなく・・・)


    大惑星球 III

    こちらはエチオピアオパール。


    大惑星球 III

    どちらの大惑星球も、何層にも分けて製作していて、上部の球体部分には中間あたりに青い星雲が入っています。
    銀河粒が多いのでなかなかわかりづらいのですが、角度によって、あるのがわかるかと思います。


    大惑星球 III

    真上から見れば丸い宇宙にしか見えませんが。


    大惑星球 III

    ブラックライトで銀河レジンが青色に輝きます。


    大惑星球 III

    銀河粒は暗い処で蓄光します。
    写真だと平面的にしか見えませんが、肉眼だと、ちゃんと奥行感があり、明るい時よりさらに空間の拡がりを感じてきれいです。


    大惑星球 III

    こんな感じで層になっているため、上、斜め上からみると奥行があります。
    また、層によって銀河の粒の蓄光色や輝度、粒度が異なるようにしています。


    大惑星球 III

    この写真は大惑星球 I ですが、標本壜に入れてお届けします。

     
    惑星球(月光幻燈室) | comments(0) | - | - |

    硝子ドーム標本/惑星球

    2015.01.28 Wednesday 10:56
    0
      小さな硝子ドームに惑星球を浮かべました。

      硝子ドーム標本/惑星球

      底には雪、または砂に見立てた白い粉をまきました。

      硝子ドーム標本/惑星球

      ドーム内の空中に浮かんでいるように見えます。

      硝子ドーム標本/惑星球

      本当は硝子の台を作ってそれに付けてあります。
      硝子の台はカットした後面取り研磨しています。

      硝子ドーム標本/惑星球

      ブラックライトで銀河レジンの層が青く蛍光します。

      硝子ドーム標本/惑星球

      暗い処で、銀河粒が蓄光します。

      今回はオプションにてカンをつけています。

       
      惑星球(月光幻燈室) | comments(0) | - | - |

      大惑星球 II つづき

      2015.01.27 Tuesday 14:52
      0
        最終工程を終えた大惑星球を標本壜にセットするため、室内へ持ってきたところ、そこそこ明るい作業場から、暗い部屋へ移動したため、とっても蓄光していました。

        大惑星球 II/きらら舎


        大惑星球(惑星球もですが)は、眺める角度によって風景が変化します。

        大惑星球 II/きらら舎>


        真上からブラックライトをあてれば全体が青く輝いて、さらにひときわ明るく、天の河が浮かびます。
        背後にはそれより暗い星々・・・・・

        大惑星球 II/きらら舎>

        それを横から眺めれば銀河の渦にも見えます。

        大惑星球 II/きらら舎>

        角度によってこんな感じ。

        大惑星球 II/きらら舎>

        蓄光で見る天の河も

        大惑星球 II/きらら舎>

        横や、斜めから眺めれば、また不思議な世界です。
        惑星球(月光幻燈室) | comments(0) | - | - |

        惑星球2015JAN

        2015.01.27 Tuesday 13:29
        0
          大惑星球と一緒に今までサイズの惑星球も作りました。
          こちらは約16mm。
          よくあるビー玉サイズです。

          今回、2015年1月ヴァージョンはシンプルなもの。

          惑星球2015JAN

          金具は一番最初に使っていたクロス(十字架)付きの金古美のものと、いぶし金がっしりしたものの2種類。
          ご注文時にはクロス付きがクラウン I 、がっしりしたものがクラウン V となります。
          クラウンの種類については以前の記事をご参照ください。  >>惑星球の仕様ガイド


          惑星球は何層にも分かれていて、真横から見ると上の写真のように縞状に見えます。
          少し角度を変えると
          惑星球2015JAN

          グラデーションになります。
          層の厚みには個体差があり、また、層によって色が異なるため、青色もいろいろに見えます。

          惑星球2015JAN

          真上から見るとこんな感じです。
          気泡はわざと入れています。
          気泡は個体によって多かったり少なかったり、入っている位置もいろいろです。

          惑星球2015JAN

          ブラックライトで銀河レジンの層と銀河粒が青く光ります。

          惑星球2015JAN

          銀河粒は蓄光します。

          この時、気泡に蓄光の光が反射して、希望も輝いて見えます。

          惑星球2015JAN

          蓄光を真横から見るとこんな感じ。
          暗い処で見るので、小さな閉ざされた球体の中に宇宙が拡がっているように感じます。

          王冠付き仕様はいつもの標本壜に入れて、標本仕立てでお届けします。

          惑星球はこの他、硝子ドーム仕立てのものも製作しています。
          そちらはまだ完成まで何工程かあるので、完成は明日になります。

          すべての仕様は今週末のカフェでも販売します。

           
          惑星球(月光幻燈室) | comments(0) | - | - |

          大惑星球 II

          2015.01.26 Monday 11:13
          0
            大きな惑星球の第2弾ができました(まだ1工程残っているのですが、まあ、だいたい完成)。

            大惑星球/きらら舎


            直径は約33mm。

            大惑星球/きらら舎

            大惑星球/きらら舎


            今回は単純な縞しまの層ではなく、上部の透明部分を多くし、その中で星が点在するようにしました。
            大惑星球/きらら舎

            銀河粒は蓄光色2種類、粒度も2種類。
            大き目な粒は一等星。
            小さな粒は天の河をイメージして帯状に流しています。
            また、レジンでは邪道なのですが、わざと気泡をたくさん作っていて、それが渦を巻いていたり、浮かんでいたりします。
            気泡は光を反射して、いろいろな表情になります。

            写真には納めにくかったのですが、透明部分の中には、少し青色をした星雲が渦を巻いています。

            気泡が表面に出てしまっている部分もあり、大き目なものは処理していますが、小さなものは惑星のクレーターとして残しました。

            大惑星球/きらら舎

            ブラックライトで銀河レジンの層が青く輝きます。

            大惑星球/きらら舎

            銀河粒は暗い処で蓄光します。
            粒は電燈や自然光の光も貯めて光ります。
            肉眼で見ると、小さな球の閉ざされた空間の中で、ちゃんと奥行を持って、粒や気泡が点在しているのがわかります。

            仕様は大惑星球 I と同様、標本壜に入れてお届けしますが、

            大惑星球 I

            (写真は大惑星球 I )

            コインライトの上に乗せても小さな銀河ライトのようになります。
            大惑星球 I

            (写真は大惑星球 I )

            本日きらら舎にて販売します。
            週末、店頭にも少し並べます。店頭には I と II があります。



             
            惑星球(月光幻燈室) | comments(1) | - | - |