天氣後報 II

サカサクラゲ飼育について(海月観察会7/15)

2017.07.16 Sunday 09:46
0

    海月観察会へご参加いただいたみなさまへ。

     

    このたびはご来店いただきありがとうございます。

    今までのブログ記事と内容が重複する部分もありますが、飼育の経験から改良した点もあり、

    再度、観察会にてクラゲポリプを連れて帰られた方へ飼育および宿題のポイントについてまとめておきます。

     

    飼育の仕方

    クラゲのエフィラのほうは説明書に記載したとおりです。

    ・ブラインシュリンプを孵化させる

    ・ブラインシュリンプを濾して海水をかけて洗う

    ・洗ったブラインシュリンプを新しい容器に海水をかけて移す

    ・スポイト(小)で吸い取って与える

    ・4時間くらいしたらクラゲを新しい海水が入った容器にスポイト(大)で移す

     

    ポリプ飼育

    ポリプも基本的に同じ方法でかまいませんが、ポリプはプラヌロイドを出している可能性があります。

    これももれなく育てたい場合は・・・・・

     

    ポリプ容器の中にサンゴの欠片(2〜5cmくらい)を数個入れておく。

    ブラインシュリンプはごくわずか、できるだけポリプに近づけてふきかける。

    ポリプをよく観察するとプラヌロイドができていることがわかります。

    これが見えない場合は完全換水でかまいませんが、プラヌロイドをつけていたら、換水はスポイトで別の容器にとり、新しい水を加えるという方法で行います。

    別の容器に取りだした水は捨てる前に下に黒い紙を敷いて、スマホカメラの倍率MAXで小さな白い粒がないか確認して、みつけたら飼育容器にスポイト(小)で吸って戻してください。

    うまくいくと飼育容器に入れたサンゴの欠片に固着してポリプが殖えます。

     

    きらら舎のポリプ飼育は・・・・・

    大きな壜にスポンジフィルターを入れて水を循環させています。

    換水はほとんどしません。

    スポンジフィルターにプラヌロイドが引き寄せられて、そこでポリプになります。

    多くのポリプがここにくっついているのですが、とりはずすことができず、お渡ししたものはガラス容器についていたり、はぐれポリプになっていたものです。

     

     

    夏休みの自由研究として

     

    (1)サカサクラゲについて調べてみよう

    サカサクラゲ

    学名: Cassiopea ornata

    別名:Upside-down jellyfish

    分類名:動物界 刺胞動物門 鉢虫綱 根口クラゲ目 サカサクラゲ科 サカサクラゲ属

    生息分布:調べてみよう 

    環境:調べてみよう

    全長:調べてみよう 

    寿命;調べてみよう

    体色:調べてみよう 

    口腕数:調べてみよう 

    餌:プランクトン、体内の渇虫藻から得る栄養

     

    ヒント&おまけ

    サカサクラゲの全長として本などに掲載されている数字は海で育った場合です。

    水槽だとその大きさによってある程度のサイズまでしか育ちません。

     

    「口腕(こうわん)」とは足みたいに見える部分のことです。

    根口クラゲ目は口腕の先に餌を吸い込む部分があり、吸い込まれた餌は、口腕を通っている細い管を通して体の真ん中にある胃腔まで運ばれます。

     

    (2)観察してみよう

    本やネットで調べたことを丸写ししてまとめるのは簡単です。

    しかし、実際に飼育して観察したことを記録することは自分にしかできません。

    せっかくの機会なので、毎日観察して記録を残してみましょう。

    続けることは大変なことなので、どうしても書くことがない時は写真だけでもかまいません。

    スマホカメラ(持っていない場合はお父さんやお母さんに手伝ってもらいましょう)で、倍率を上げてできるだけアップで撮影します。

    小さいうちは傘の周囲がぎざぎざなのが観察できます。

    大きくなるとだんだんぎざぎざがなくなっていきます。

    大きくなってきてその他、どこが変化するかをよく観察してみましょう。

    (大きくなってきた個体の傘については7/15に撮影されたかと思います。撮影できていなかった場合は画像を送ります。または8/27にもご参加ください)

     

     

    ポイント

    方眼用紙やカッターマット(白っぽいものと黒っぽいものの両方で撮影すると、それぞれに見やすい部分があるのであとで使えます)など方眼があるものを下に敷いて撮影します(サイズがわかります)。

    餌を与えた時、体のまわりにくっ付いていること、

    粘液をだして周囲にある餌を確保しているみたいに見えること、

    数時間後には体の真ん中がブラインシュリンプのオレンジ色に色づいていること、

    ここできれいな水に移しますが、それからさらに数時間後には白っぽい排泄物を吐き出すこと、

    傘の部分で容器にくっ付いていること、

    くっ付いている傘の部分には粘液の輪ができていること(この輪はスポイトで水を吹きかけるとはずれます。はずれたら吸い取って捨ててください)

    ・・・・・などを観察して記録しましょう。

     

    (3)8月27日も参加される場合

    数段階の成長した個体を用意しますので、撮影してみてください。

    (1)の調べてみましょうについて、わからないことがあれば聞いてください。

    最後に

    ・なぜ、このテーマ(サカサクラゲの観察、サカサクラゲの研究・・・・・)を選んだのか

    ・飼育してみての感想

    を、まとめましょう。文章が思いつかない場合は8/27に一緒にまとめてみましょう。

     

    なお、8/27だけ参加予定されている方は先にクラゲ&飼育用キットを取りにきてください。

    (ご来店の3日前の正午までにご予約の上、通信欄にクラゲ飼育キット希望とお書きください)

     

     

    (4)ついでの飼育

    餌のブラインシュリンプも生きています。

    海水を入れた別の容器に入れて観察すると、大きくなります。

    餌としてはブラインシュリンプと呼ばれていますが、正式名はアルテミア

    動物界  節足動物門 甲殻亜門 鰓脚綱  サルソストラカ亜綱 無甲目(ホウネンエビ目) ホウネンエビモドキ科 アルテミア属

     

    ブラインシュリンプには最初は口がありません。

    孵化直後はノープリウス幼生と呼ばれます。二対の触角と一対の大あごをもち、頭の真ん中に1個の単眼があります。

    約12時間で卵黄を消費し尽くし、最初の脱皮を行います。

    脱皮ごとに体長が伸びて胸部の鰓脚を増やして行き、それにともなって、第二触角は小さくなります。

    15回ほどで成体となります。

    成長の途中で複眼ができます。つぶらでかわいい眼です。

    さらに成長すると、オスが頭部の把握器でメスの体を後ろ下側から把握し、しばらくつながったままで泳いでいるのを観察できます。

    そのうちメスはおなかに卵嚢(らんのう)を抱えます。この中には数百個の卵が入っています。

     

    飼育する場合は、魚の稚魚用の餌でOKです。

    海月など(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

    カギノテクラゲ

    2017.06.20 Tuesday 14:29
    0

      現在、自宅の仕事スペースにあるタイドプールならぬ硝子壜や小さな水槽で飼育しているクラゲは基本的にポリプからの飼育でした。

       

      できれば採集にでかけ、その生物が棲んでいる環境を観察し、まずはその海水とクラゲ成体から採取したプラヌラを持ち帰って飼育するのがベストなのだと思うのですが、なかなか長く家を空けることができません。

       

      そこで採集は,

      それを仕事にしている人にお願いしています。

       

      今回は餌となるエビなどを採集している人に、わけあって、カイメンを委託したついでに「ガサ」的なことをお願いしました。

      ガサというのはタモ網で浅瀬をガサガサして、棲息する生き物を採集すること。

       

      今回はモクと呼ばれる海藻とそれにくっついてたクラゲがやってきました。

       

      カギノテクラゲ
      Gonionemus vertens

       

      刺胞毒が強く、特に神経毒が強いので採集するもの大変だったと思われます。

       

      触手の先が鉤状になっていて海藻に捕まることができるほか、そこに付着細胞もあるので岩や水槽にもくっつけるみたいです。

       

      カギノテクラゲ/きらら舎

      カギノテクラゲ/きらら舎

       

      クラゲ師匠が、海藻が痛んで水質悪化させるから、水槽から出してつかまるものを入れるといい、というので、人工の水草を間引いてつかまり易くして入れてみました。

      でも、まったくつかまる気配はないので、数日は海藻も入れておこうと、現在、こんな感じ。

       

      カギノテクラゲ/きらら舎

       

      カギノテクラゲはブラインシュリンプを吹きかけると、蜘蛛の死に際みたいに(って、見たことないとわからないかもしれないんですが)異常に小さく縮こまるのです。

      このエビたちを逃すまい!!!!という感じ。

      まるめた糸くずみたいになります(今度撮影します)。

       

      そしてブラインシュリンプが無事、胃腔に収まるともとの状態に拡がります。

       

      上の写真で、クラゲの中心がエビ色をしているのは満腹な証拠。十字は生殖腺で、この色は雌です。
      雄は黄褐色で雌より薄い感じです。

       

       

      カギノテクラゲ/きらら舎

      みんな食べたみたいです。

       

      最近は海藻以外にも人工海藻や、水槽の壁にくっついているものも出てきました。

      食べ過ぎた個体は水槽の底に沈んでいることもあります。

       

      沈んでいるものも、エビを消化すると、元気に泳ぎ出します。

       

      基本的にクラゲ成体の寿命は短いので、このクラゲたちもあと数週間でいなくなってしまうでしょう。

      上手く、プラヌラが出て、ポリプとなると嬉しいのですが・・・

       

       

       

      海月など(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

      セイカタイソギン実験

      2017.06.19 Monday 18:00
      0

        そろそろ海月(成体:メドゥーサ)やウミホタル、イソギンチャクなどの季節。

        なかなか採集にはでかけられないので、採集をお仕事にしている人に本業の合間に何か採れたら送ってもらいました。

         

        今回、カギノテクラゲと一緒に、イソギンチャクが届きました。

         

        水槽に入れてみると・・・ううむ

         



        これってカーリーって呼ばれている嫌われものなんじゃないの?

         

        念のためクラゲの師匠と、最近知り合ったマニアックなアクアリストくんに写真を見せてみるとやっぱりそれっぽい。

        クラゲ師匠は「短ければ(背が低ければ)、セイタカイソギンじゃなくってオヨギイソギンチャクだと思う」と返信してくださいましたが、泳がないし・・・・・

         

        でも、ちょっと長いからってセイタカイソギンチャク、泳ぐからってオヨギイソギンチャク・・・・・って命名が安易。

         

         

        カーリーって嫌われモノのイソギンチャクのことだと思ったら、本当は違う種類なんだそうです・・・ってことを、今回の同定でいろいろ調べてわかりました。

        なので、これからは本名で呼びます。

         

         

        セイタカイソギンを入れた水槽っていうのは、ライブロックの実験水槽。

        何が出るかな?・・・・っていう遊びです。

        でも、スペースに限りがあるため、ライブロックの他に、ウメボシイソギンチャクやウミウシ実験用のカイメンがいます。

        ここにセイタカイソギンを入れたのですが、セイタカイソギンは水槽の壁の上のほうにへばりついて悪さはしそうにありません。

        しかし、アクアリストくんのアドバイスで、他の壜に移すことにしました。

         

        が!!!

         

        はがそうとすると自ら崩れる感じでバラバラになってしまいます。

        うへええと思いながら、肉片はすべてスポイトで吸い取り、壜に移しました。

        もう、このスポイトはセイタカ専用です。

         

        壜の中は一応撮影しましたが、気色悪いのでアップはしないでおきます。

         

        セイタカイソギンが駆除剤まで販売されるほど嫌われる理由は、ソフトコーラルなどの美しい珊瑚水槽に発生するとその刺胞毒で珊瑚が弱って死んでしまうこと。

        さらに「癌細胞のようだ」とまで言われるほどに繁殖力が強いことです。

        千切れた肉片からも再生する!!!

        どこかの富江のようです!!!

         

        でも、これは実験しないテはありません。

         

        そういえば、夏休みの宿題のお手伝いのための「夏休み倶楽部」始めます。

        そのメニューの1つにしてみようかな(笑)

         

        実験経過はこのページに掲載していきます。

         

        海月など(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

        作業机周辺のタイドプール

        2017.06.19 Monday 12:49
        0

          机上仕事の部屋を兼ねた自宅にある仕事スペースは約3畳ほど。

          ここに机やパソコンや、プリンターや鉱物や本が押し込まれています。

          しかし、一番、スペースを占有しているのは小さな硝子壜や水槽など。

           

          冬にはさらに、これに小さな植物容器が加わります。

          ミズクラゲの水槽(これが一番大きい)は真夏になると、一旦、休憩になります。

           

           

          きらら舎

           

          水槽(といっても20cm角くらいの小さな容器。これがたくさんある)に入れているウメボシイソギンチャクは触手を伸ばして元気なのですが、硝子壜にいるやつは、本当にウメボシ状態。

          さきほど水飼えしたら、クローンを一つ吐き出しました。

          「生きてるんだぜ!!」と主張されたようだったので、硝子壜にいたやつは、みんな水槽に移動。

          お箸でつまむと、本当にウメボシみたいです。

           

          きらら舎

           

          今月初めに入荷した古道具の顕微鏡。

          ステージにあるのは孵化仕立てのブラインシュリンプ。孵化仕立ては本当に目も口も見えません。

           

          朝はエアレーションの中で卵だけが撹拌されていたのですが、1時間ほど後、孵化していました。

          本当に孵化仕立て。

           

          マミズクラゲ/きらら舎

          これは最初に来たやつ。

          わずか1mmに満たない白い糸みたいだったフラスチュールがポリプになったもの。

          本来は白いので、この色はブラインシュリンプの色と、光の加減。

          右から出てるのが新たなフラスチュール。

          上にあるのがその前に出たフラスチュールが2こくっ付いているもの。

           

          マミズクラゲ/きらら舎

          二番目に出たフラスチュールがコロニーになっています。

          上のは昨日出たフラスチュール。

           

          これが急成長した理由は、その場所。

          容器の比較的端っこに陣取ったのです。

          投入されたブラインシュリンプは容器の隅っこに集まりますので。

          ブラインシュリンプの密度が高くなるのです。

           

          マミズクラゲ/きらら舎

           

          給餌後は時々容器を回転させて、隅っこに集まっているブラインシュリンプを移動させます。

           

          そのほか、サカサクラゲポリプとクラゲ、タコクラゲポリプ、エイレネポリプ、エダアシクラゲのポリプとクラゲ、カギノテクラゲ、グリーンヒドラ、実験中のウミウシ・・・・・

          すべてが小さな潮溜まり(タイドプール)のようです。

           

           

          海月など(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

          サカサクラゲの配布

          2017.06.14 Wednesday 09:48
          0

            成体なので、配布時期が限られます。

             

            サカサクラゲ飼育セット ¥2000(¥0〜2000)

             

            店頭引渡しのみ 2日前の木曜日正午までにきらら舎よりご注文ください。 >>ご注文 ※1

            飼育容器と生体のみであれば前日でも間に合います。その場合は¥1200となります。 ※2

            こちらのご注文もきらら舎より、オプションにてご注文いただけます。  >>ご注文

             

             

            極小サイズ3個体は無料です。 >>ご注文  ※3

             

             

            エフィラ 5個体 

            飼育容器 各1つ 計2つ(1つは給餌容器となります)

            飼育水 500ml

            海水の素 500ml分

            ブラインシュリンプ容器入 翌日分

            ブラインシュリンプエッグ 1週間分

            ブラインシュリンプエッグ孵化容器

            大きなスポイト(クラゲやポリプの移動用)

            小さなスポイト(給餌用)

             

             

            ※1 1週間の間はそのまま飼育できます。1週間内にブラインシュリンプエッグをご用意ください。

               海水の素、塩分濃度計または比重計も合せてご用意されると安心です。

            ※2 一応そのまま飼育できる容器付きですが、ご来店前に飼育に必要なものをご用意ください。

             

            ※3 生体極小サイズをご希望の場合は飼育容器をご持参ください。

                極小なのはポリプ壜で生まれたものの救出が遅れたため、栄養不足によって縮んだもの。

                または、ポリプ自体が小さかった可能性もあります。

                孵化仕立てのブラインシュリンプしか食べることができません(それも無理な場合があります)。

                ワムシなどを培養されている場合は、併用してください。

             

             

             

             

            飼育温度 20〜27度(30度くらいでも短時間ならば大丈夫です)

            海水濃度 2.6〜2.8%(3%では濃いので注意してください。少しづつの変化は大丈夫です。)

            (量が少ないので比重ではなく濃度で記載しました。濃度は海水の素と水から計算するか塩分濃度計で計ってください。ただし比重ではないと下のほうが濃い場合があるので、必ず、作ってから一晩おいたものを再度振って、溶け残りカスが沈殿するのを待ってから使ってください。

            使う前に再度塩分濃度を確認してください。

            濃いめを1本、ミネラルウォーターを1本用意しておくと調整できます。

            残り1cmくらいは捨ててください)

             

             

            飼育方法

            当日、翌日は孵化したてのブラインシュリンプを付けていますのでそれをそのままスポイトで与えます。

             

            ブラインシュリンプ準備

            帰ったらすぐに

            (1)予備の海水をブラインシュリンプ孵化タッパに半分くらい入れる

            (2)ブラインシュリンプエッグをコーヒーのマドラーにすりきり1/4ほど入れて撹拌し、できるだけ温かいところに置く

            適温は28度ですが、夏季は比較的気温が低くても1日で孵化します。

             

            孵化したブラインシュリンプの下処理と与え方

            できればワムシやブラインシュリンプを濾すネットを。代用品としてはコーヒーペーパーやセレックVフィルター、ティーバッグ用の袋などが使えますが、これでブラインシュリンプを濾します。

            (代用品だとせっかくの孵化仕立ての小さなものがすり抜ける可能性があります)

             

            (1)光をあてて集まったところをスポイトで一網打にして吸い取り

            (2)フィルターで濾し

            (3)海水かミネラルウォーター(カルキ抜きした水)をかけて洗い

            (4)容器の上でフィルターを逆さまにして海水かミネラルウォーター(カルキ抜きした水)をかけて容器に落とす

            (5)これを少量、スポイトでとって与える

             

            換水

            サカサクラゲは粘液をたくさん出します。

            給餌後、4時間くらいは、スポイトで体についた粘液やブラインシュリンプを吹き飛ばし、吹き飛んだ食べ残しや粘液をスポイトで除去し、4時間後、もう1つの容器を洗ってきれいな海水を入れて、クラゲを移します。

            クラゲが大きくなってきてスポイトで吸えなくなってきたら、小さなおたまやれんげなどで移動してください。

             

            1円玉を超えてきたら水槽を用意します。

            最初にお渡しする容器の場合、5匹では2cmくらいまでは飼育できます。

            水槽は底面フィルタのものを用意します。サイズはそれほど必要ありません。

            ご連絡いただければこちらでサンゴ砂までご用意しますので、ご相談ください。

             

             

            サカサクラゲ/きらら舎

            サカサクラゲ/きらら舎サカ

            横っちょについている粒がプラヌロイド。

            これが泳ぎ、どこかに固着してポリプになります。

             

            サカサクラゲ/きらら舎サカサクラゲ

            さきっちょがクラゲになってきたポリプ。

             

            サカサクラゲ/きらら舎サカ

            サカサクラゲ/きらら舎サカ

            海月など(第弐標本室) | comments(0) | - | - |