天氣後報 II

ベタ受精卵

2018.06.21 Thursday 08:12
0

    一昨日の記事  >>ベタが来た!

     

    その後、ベタの繁殖をネットで調べたところ、結構、メスが命落とすことがあるようで、壮絶でした。

    我が家の紅ちゃん(べに:メスに名前をつけました)は攻撃されることもなく、交尾を終えた後は早めに別の水槽に移しました。

    オス(名前はまだない)は献身的に卵の世話をしています。

    本当は夜も照明をつけっぱななしにしなければならないようですが、他の生物のこともあり、卵全部の孵化より成魚の健康だと思い、さらにはもともと照明がない時間帯が少ない家なので(消灯・就寝から夜明けまで夏は1〜2時間ほどしかない)特に照明は付けず。

     

    土曜日にカフェで行ったメダカの受精卵の観察ワークショップで観察した卵は続々生まれています。

     

    !!!

    そうだ! ベタの受精卵も見てみよう!

    そもそも受精卵ができているのかも調べてみよう・・・・・ということで、泡巣の泡が消えていたところがあったので、それを少しいただきました。

     

    ベタ/きらら舎

     

    泡が途切れたところに黒っぽいものが見えます。

    ここをスポイトで取りました。

     

    ベタの繁殖では一度に200もの受精卵が孵ることがあるようですが、そんなにたくさんは卵を確認できません。

    50個くらいかな・・・・・

    メダカより卵が小さいので肉眼ではあまりわかりません。

     

    ベタ/きらら舎

    いました!

    おなかに抱えている黒いものが卵黄です。

    この栄養分で卵内の胚胎は成長し、孵化してからも数日過ごします。

     

    眼玉からできるのかなと思っていたのですが、目玉は見えるものの黒くはありません。

     

    心臓の拍動もわかります。

    心臓の拍動に合わせて頭にも尾の先までも血流が届いているのがわかります。

     

    受精から1日と16時間。

    今日か明日には孵化する計算です。

     

    ウーパーの卵は孵化しても大きくなるのは1割程度です。

    ベタはどうなのかわかりませんが、雌雄の区別がつき、オス同士が小競り合いを始めたら1匹づつに分ける予定です。

    その頃(1か月〜1か月半と計算しています)までに欲しい方がいたらお分けします。

     

     

     

     

     

    海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

    ベタが来た!

    2018.06.19 Tuesday 16:15
    0

      ただいま、次の本の制作をしています。

      そんな最中、きらら舎サイトをリニューアルしました。

      当初はWEBサービスとしてのカートシステムをあまり信用していなかったことや

      なかなかいいサービス自体もなく、自分のサーバにインストールするタイプのものを使っていました。

      そしてなんと今時、CGIなのです。

      それが吐き出すページはあまり素敵ではなかったので、ちまちまとタグを手書きして別ページを作り、カートへ誘導していました。

       

      しかし、本の制作がだんだん忙しくなってきた5月末。

      カートからメールが送れないようになってしまいました。

      SSLの更新時期でもあったので、思い切ってきらら舎二号館を作り、今までのきらら舎を一号館としてリニューアルしました。

       

      そろそろ入稿で、しかも、そんなことをやっていたため、さらに時間がないのにもかかわらず、

      ベタの話です。

       

      次の本にベタが登場します。

      クラゲやワレカラも登場します。

      クラゲやワレカラは飼育しているものを紹介するという登場ですが、ベタはちょっと違うのです。

       

      面白い水槽を作ったので、その撮影用にベタを買ってきました。

      撮影が終わった後は、いつもの小さな水槽に入れておきました。

       

      ベタ/きらら舎

      ベタ/きらら舎

       

      基本的にペットショップで売っていないような生物のほうが面白いので、メジャーなベタを飼うことになるとは思ってもみませんでしたが、そんなわけでベタがうちにやって来ました。

       

       

      で、最初はスポンジフィルターを付けてごくゆるい水流で濾過していましたが、すぐに尾が切れて落ちてしまったのです。

      ふわっと広げると180度くらいになる尾の上部分30度分ほどが3段階で脱落しました。

      慌ててスポンジフィルターを取り去りました。

       

      餌は食べるので病気ではなく、単に事故でしょう。

      脱落した部分はまた少しづつ再生を始めました。

       

       

      その後、なぜか水面に泡がたくさんできます。

      どうやらベタが吐き出しているようです。

      水槽の水を交換する時に泡に触ったら、少し粘度があるようでした。

       

      ネットで調べたらその泡は「泡巣」というものでした。

      オスのベタが成熟して家を建てたという感じ。

       

      毎日せっせと泡巣をつくるので、健気な彼にお嫁さんを連れてきました。

       

      近所のペットショップではメスは売っていなかったのでネットで買ってみました。

       

      どんな子が来るかもわからないままの注文で、やってきたのはピンク色。

      多分、店頭で選んで購入していたら買わない色だったかもしれません。

      しかし、もとのオスのベタも撮影用で、写真映えするように青に赤が入っているビスマスみたいなやつ。

      どちらも普通であれば買わない色同士なのでそれはそれで・・・・・

       

      ベタ/きらら舎

      (別の水槽を横に置いてお見合い中)

       

      到着した日はオスの水槽の横に別の小さな水槽に入れたメスを置いておきました。

      オスは興味深々のようだったので翌日、メスをオスの水槽に入れました。

       

      でも数日はお互いに無視。

      オスがメスを攻撃するというケースもあるようなので、無視してるならまだ平和だと思いそのままにしておきました。

       

      やがて、オスがメスのところまで行ってみるようになりました。

      近くまで行くのですが、途中で引き返します。

      話しかけたいけれど、話せない感じ。

      見た目は迫力もあって、フレアリングもよくしていた(当初は小さな鏡を置いておいたこともあり)ベタくんですが、女子には弱気なようです。

       

      やっと今日、オスのベタくんがメスに近づいていきました。

       

      ベタ/きらら舎

      水面の泡がベタくんが頑張って作った泡巣です。

       

       

      ベタ/きらら舎

      ベタ/きらら舎

      そして抱きかかえるようにして交尾。

       

      メスから卵が落ちているのがわかるでしょうか。

       

      ベタ/きらら舎

      ベタ/きらら舎

      ベタ/きらら舎

      この段階でメスは気絶しています。

      落ちてゆく卵をオスは慌てて拾いに行きます。

      メスは気絶したまま浮いていきます。

       

       

      ベタ/きらら舎

      しばらく死んじゃったみたいによじれたまま浮かんでいますが、やがて、復活します。

       

       

      ところで、オスのベタくん。

      餌をあげると水面にある場合は食べるのです。

      落ちてゆくのも少しは追いかけて食べるのですが、途中でやめてしまいます。

      下まで落ちた餌は拾って食べないんです。

       

      メスはちゃんと落ちた餌も拾って食べます。

       

      オス・・・なんか感じ悪いわあ・・・・

       

      と、思っていたら、落ちた卵はちゃんと拾うのです。

       

      食べちゃったのかなあとも思ったのですが、多分、いくつか拾って口に入れて泡巣に運んでいるようです。

       

      ベタ/きらら舎

       

      あと1時間ほど経ったらメスは再度隔離しようと思います。

       

       

      孵化するといいなあ・・・・・

      そして、また我が家に生き物が殖えていくのだなあ・・・・・

       

      メダカも孵化してるし、ウーパーの孵化したやつもだいぶ大きくなりました。

       

      本が一段落したら報告します。

       

       

      海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

      メダカのはなし

      2018.06.08 Friday 12:32
      0

        昔、父が水盤や水連鉢でメダカを飼っていました。

        特に水連鉢のものは、メダカ自体をかわいがるというより水連鉢に発生するボウフラの駆除が目的です。

        また、メダカの糞や餌の食べ残しが水連の肥料にもなっていたのかもしれません。

         

        最近はグッピーがいるので、日本産のメダカには手を拡げていませんでした。

        ところが、カエルのオタマジャクシを飼い始めてから、餌用のメダカを飼育し始めました。

        しかし、ブラインシュリンプはまだしも、メダカを餌として与えるのに抵抗があり、オタマがカエルになってからはもっぱら青色を揚げる練り餌だけを与えているので、メダカ水槽は玄関先でグリーンウォーターになっていました。

         

        それでも時々は水を1/3ほど交換したり、殖えすぎたゾウリムシやミジンコを投入したりしていました。

         

        温かくなってきたので、理科室カフェでメダカの発生のワークショップを開催することにしました。

        ワークショップではきちんとした実験・観察を行うために開催日に合わせて教材として生体を別途仕入れます。

        しかし、その前に自分で予行練習をします。

         

        メダカの繁殖をしている方から殖えすぎた繁殖用の卵マットを販売してもらいました。

        品評会などに出せるいいメダカの卵がついています。

        いいメダカですが実験用に用意するものよりは断然に安いのです。

         

        小さな水槽に入れておくと到着した翌日にはもう孵化が始まっていました。

         

        が、ここで気づいたのです。

         

        そうだ!我が家の餌用だったメダカはどうしているのかと。

         

        玄関を出たところに置いてあるので家の出入りにはいつも目に入ります。

        グリーンウォーターの水面に大きなメダカの頭が数匹見えます。

        近づくとサッと潜ってしまいます。

        餌用だったけれど、今ではかなり大きくなっている様子です。

         

        たしかに、餌がよいのです。

        グリーンウォーターも見た目にはひどいけれど、案外、メダカの環境にはよいことがあるのかもしれません。

        さらにゾウリムシやミジンコにもいいのかもしれません。

         

        浮かべてあったホテイソウを引っ張り上げてみました。

         

        予測したとおり、ピカピカした小さな卵がついていました。

         

        メダカ/きらら舎

        メダカ/きらら舎

         

        ここで孵化しても親メダカの餌となるだけなので

        先にセットしてあったメダカ孵化水槽に移しました。

         

        メダカ/きらら舎

        メダカ/きらら舎

        メダカ/きらら舎

        黒銀色は先に買ったよいメダカ。

        黄金色は餌用だったメダカ。

         

        大きさの違いは生まれた日の違いです。

         

        6月16日の理科室カフェはメダカの発生観察です。

        受精してすぐ〜孵化直前の卵を観察します。

         

        観察して、スマホで撮影したら(スマホがない方は撮影した写真をチェキプリントで差し上げます)

        受精卵をそのままお持ち帰りください。

         

        水槽は下記が小さくてすべて一式揃ってこの価格なのでお勧めです。

        餌は受精卵と一緒に差し上げます。

        希望者にはゾウリムシも差し上げます。

        ゾウリムシは500mlのペットボトルに入れてお渡しします。

        ゾウリムシの餌も付けますので、ペットボトルで殖やしながら与えていくとよいと思います。

         

         

         

        夏休みの自由研究サポート付きです。

        詳細は当日、お問合せください。

        サポートには費用はかかりません。

         

        海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

        ボルボックス植継ぎ丸投げ

        2018.05.27 Sunday 12:19
        0

          ボルボックスの植え継ぎ元のボトルがたまり始めました。

          カフェご予約の方で、ボルボックスを培養・植え継ぎしてみたいという方へ、ボトルを差し上げています。

          (ご予約時、通信欄へその旨、ご記入ください。数に限りがありますので、必ずご用意できるわけではありません。)

           

          ★ 差し上げる培地について

          赤玉土入りのボルビック500mlペットボトル

           

          ★ ご予約からの流れ

          ご予約時に通信欄に「ボルボックス植え継ぎ丸投げ受け取ります」とご記入ください。

          文言はこのとおりである必要はありません。

           

                         ↓

           

          自動受付メールの後、ご案内メールを送ります。

          お渡しできるものがあるか否かをご返信します。

          なお、ご予約からご来店予定まで期間が長いと全滅してしまうため、

          ご来店予定まで2週間以内でのご予約に限ります。

           

                         ↓

           

          当日、説明をしてお渡しします。

          先にボルビック500mlをご購入いただいておくとすぐに植え継ぎができます。

          (ボルビックご持参は不要です)

           

          ★ ご来店&ご帰宅後

          炎天下、ボトルを持ち歩かないで済むようにご来店はできるだけ遅い時刻がよいです。

          お帰り時には寄り道をせず、できるだけそっとお持ち帰りください。

           

          予めご購入いただいたボルビックを100mlほど他のグラスにあけ、水の量を減らします。

          ボルビックは常温で1日以上置いたものを使ってください。

           

          お渡しした石灰石をピンセットでつまみ、直火で炙って滅菌し、ボトルにジュッと投入してください。

          お渡ししたハイポネックスを1滴入れてください。

          よく振って混ぜます。

           

          別の洗浄されたペットボトル(洗剤は使わないでください)に植え継ぎ前の水を静かに移します。

          赤玉土からの濁った水が混入しないよう、上澄みだけを入れます。

          コンタミしないようにフタをして直射日光の当たらない場所に置いておきます。

           

          残りの水は捨てて、赤玉土を水道水ですすぎます。

          耐熱の容器に赤玉土と水道水を入れて30分間、煮沸するか、または電子レンジで3分加熱します。

           

          アルミホイルのフタをして常温になるまで待ちます。

           

          温度が下がったら水を捨て、赤玉土をハイポネックスの入ったボルビックのボトルに入れます。

          多少混濁しますので、そのまま静置して水が澄むのを待ちます。

          これで新しい培地が完成しました。

           

          ルーペで見ながら大き目のボルボックスをピペットで吸い取って新しい培地にいれます。

          めんどうな場合は、水面に集まっているボルボックスをジャバっと50ml分くらいいれちゃいます。

           

          これで植え継ぎ完了。

           

          残ったボルボックス入りの水は、多くの人は捨ててしまうのですが、

          これも数本の培地を用意して分けてみてもいいかもしれません。

          常に数本を維持していると、バックアップとして、どれかが全滅しても安心です。

           

          ボルボックス

           

                 

           

          海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

          タコクラゲ

          2018.05.10 Thursday 14:51
          0

            【 タコクラゲ 】

            鉢虫綱

            根口クラゲ目

            タコクラゲ科

            タコクラゲ属

            タコクラゲ

            学名 Mastigias papua Lesson, 1830

            英名 Papuan jelly 、Spotted jelly、Lagoon jelly、Golden medusa

             

            タコクラゲはメデューサ(成体)がたこに似てるのでタコクラゲという名前が付けられました。

            サカサクラゲと同様、体内に褐虫藻を共生させています。

             

            水玉模様があって可愛いクラゲです。

             

            「海月を飼っています」・・・・・といってもポリプ。

            海月の生活史(一個体が生まれて死ぬという一本線路のような一生ではないので、生活史といいます)の中で、無性生殖で殖えるポリプに興味を持ったことがきっかけです。

             

            鉱物関連で取材を受ける際、その魅力を聞かれることが多いのですが

            とりあえず、鉱物は死なない・・・・・と曖昧な回答をします。

            語りだせばいろいろあるのですが、結局、それらは後付けで、単純に「なんか、好き」なだけなのです。

            ただ、「死なない」ことはわたしにとってかなりポイントが高いことです。

             

            長い間、犬や猫や魚や鳥やカエルや・・・・・・・いろいろ飼ってきました。

            今でも生き物がたくさんいます。

            特に犬猫を飼う上で一番必要なのが、それらが病気になった時に対応できる力と、

            それらが死んだ時に受け入れられる心の強さ、だと思っています。

            でも、本当は心はあまり強くはないので、死なないモノは好きです。

             

            前置きが長くなりましたが、そんな理由でポリプを飼い始めました。

             

            簡単に入手できたのがミズクラゲとサカサクラゲ(のポリプ)。

            ヤフオクでエイレネクラゲのポリプも入手しました。

            その後、海月の師匠に出会い、エダアシクラゲやタコクラゲのポリプも送ってもらいました。

             

            ミズクラゲのポリプからクラゲを出すことは、研究が進んでいて人為的にも可能です。

            しかし、それ以外は、こうすれば絶対にクラゲが出るということがありません。

            そんな中で、サカサクラゲとエダアシクラゲは順調にクラゲを出すようになりました。

             

            エイレネクラゲのポリプはクラゲはでませんが、元気に蔓延っています。

             

            ただ、タコクラゲだけがうまくいきません。

            師匠に送ってもらったポリプは数日で見えなくなってしまいました。

            タコクラゲやサカサクラゲのポリプは一度基質からはがすと、再固着はできません。

            そのためにはぐれポリプ状態で飼育しなければならず、難しいのです。

             

            サカサクラゲのポリプも最初に送ってもらった時は止水で飼育してうまくいきませんでした。

            その後、ポリプ壜を作って、そこで飼育し始めたところ順調にポリプが増殖し、やがてクラゲが出るようになりました。

             

            しかし、2mm程度あるサカサクラゲのポリプに対して、タコクラゲのポリプは0.5mmととても小さく、

            ポリプ壜に入れるとどこにいるのかわからないのです。

            位置を確認してうまいところに置いておいたのですが、数日で見えなくなってしまいました。

             

            それでも、何も見えない壜にときどきブラインシュリンプを投入していたところ、

            今月のはじめに壜の壁に付着しているポリプを発見しました。

            どこかにいたポリプがプラヌロイドを出し、それが壁に固着したのだと思われます。

             

            タコクラゲ/きらら舎

            タコクラゲ/きらら舎

             

            細い柄の先に丸っこいポリプがあって、そこから触手が伸びています。

            サイズは1.5mmくらい。

            粒々がプラヌロイドです。

            これが遊離して水中を泳ぎ、どこかに固着してポリプになります。

             

            メデューサ(成体)の有性生殖によっても卵ができ、それが卵割してプラヌラになります。

            イメージは粒が海中を漂っている感じ。

            プラヌラもどこかに固着してポリプになります。

            そしてポリプがプラヌロイドを出します。

            アンドロイドの「ロイド」と同じ意味です。

            つまり、プラヌラに似たもの、プラヌラみたいなものという意味でプラヌロイド。

             

            ミズクラゲのポリプは長く伸びてたくさんのくびれができてたくさんのエフィラを生み出します。

            このように1つのポリプからたくさんのエフィラを出すことをマルチディスクといいます。

            鉢虫綱のサカサクラゲやタコクラゲは1つのポリプから1つだけクラゲを出します。

            これをモノディスクといいます。

             

            タコクラゲポリプもストロビレーションを始めました。

             

            タコクラゲ/きらら舎

            さきっちょがエフィラの形になっているのがわかるでしょうか。

            まだ触手は残っています。

             

            タコクラゲ/きらら舎

            これはだいぶエフィラが成長しています。

            触手もほぼ退化してしまっています。

            まだ拍動はしていません。

             

            タコクラゲ/きらら舎

            拍動を始めたエフィラ。

            タコクラゲの特徴である水玉模様が現れています。

             

            タコクラゲ/きらら舎

            タコクラゲ/きらら舎

             

            ストロビレーションを起こしていないポリプと比べると違いがわかります。

             

            エフィラはミズクラゲのものに似ています。

            が、かなり小さい。

             

            タコクラゲ/きらら舎

            ポリプになりたてはさらに小さいです。

             

             

             

             

             

             

             

            海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |