天氣後報 II

ムシロガイとタマクラゲ

2018.04.24 Tuesday 11:46
0

    タマクラゲ(学名: Cytaeis uchidae Rees)は、ヒドロ虫綱花水母目に属するクラゲの一種です。

    直径わずか1.5mmほどの小さな丸いクラゲです。

     

    ヒドロ虫綱はポリプが細い糸みたいな種類。

    細い糸みたいなものはストロンと呼ばれる、植物ならば地下茎みたいな感じです。
    ストロンからポリプが出ます。別にクラゲ芽と呼ばれるポリプとは違うものが出て、そこにクラゲがちょうど実がなるみたいに出現し、やがて拍動を始めて遊離します。

    タマクラゲのポリプはムシロガイ(学名: Nassarius ivescens)の殻の上に付着します。

    生きたムシロガイ以外でポリプを飼育することにはいまだ誰も成功していないという不思議な共生です。

    付着している貝が死ぬとポリプはクラゲを放出して死ぬそうです。

    こりゃあ、飼育は難しそうだと思っていたのですが、

     

    「ポリプが付着している貝が死んでも、同じ水槽に生きたムシロガイがいれば、ポリプは生存し続けられる。」

     

    生きたムシロガイが分泌する何らかの物質によってタマクラゲのポリプは死んだ貝殻の上にあっても生きていけるということらしいのです。

    まあ、クラゲが出ても生まれたてだと1mm程度なので、気づけるかどうかも不明で、飼育する愉しみは少ないかもしれませんが。それでも飼育してみたかったのには気になっていることがあったためです。

    それは

    「生体内に緑色蛍光タンパク質(Green Fluorescent Protein; GFP)様の物質を持ち、青色光を照射すると緑色の蛍光を発する。」という研究報告があるのです。

    ポリプ、クラゲ芽、成体に GFP様の物質が局在するらしい。

    これを見てみたいのです。

     

     

    そこで、まずは複数のムシロガイを小さな水槽に入れてみました。

     

     

    ムシロガイとタマクラゲポリプ/きらら舎

    通常は砂に潜っています。

    たまに水管だけが砂の上ににゅっと出ていたりします。

     

     

    ムシロガイとタマクラゲポリプ/きらら舎

     

     

    誰もいないように見える水槽に、賞味期限切れの釜揚シラスを入れてみました。

    あっという間に砂から出てきて喰らい付きます。

     

    ウミホタルもそんな感じです。
    何にもいないように見える水槽に餌を入れると、砂の中からわらわらとウミホタルが出てきて餌に群がります。
    匂いがわかるのでしょう。

    ムシロガイが産卵し、ベリジャー幼生の出現期にタマクラゲ成体も産卵します。

    受精卵からプラヌラとなって海中に飛び出した時に、運よく、ムシロガイの稚貝と出会って共生が始まれば一安心というわけです。

     

    ムシロガイとタマクラゲポリプ/きらら舎

    貝殻の表面の毛みたいなものがポリプです。

     

    ポリプにブラインシュリンプを与える時は、ムシロガイの食事タイムに合わせなければなりません。なぜなら、普段は砂の中なので、ムシロガイが出てこないとポリプも餌にありつけないのです。

     

    ムシロガイとタマクラゲポリプ/きらら舎

     

    海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

    ワレカラ

    2018.04.22 Sunday 09:37
    0

      博物ふぇすてぃばる!でのガクモンからエンタメ☆テーマは『鉱物の蛍光と生物の発光』・・・・・なのですが、マイナーな(ペットショップには売っていない)生き物についてちゃんとまとめてみようかなと思いたちました。

      無論、まじめな研究発表なんかではありませんが。

       

      ワレカラ

       

      文学部文学科だったので、古い書物(『古今和歌集』や『山家集』、『伊勢物語』など)に登場する「藻に棲む虫、ワレカラ」の名前だけは知っていました。

      大人になって、クラゲポリプやボルボックス、ミジンコ、最近ではウニや有孔虫やウーパールーパー(卵)なども増えて、さながら机の周りには小さなタイドプールともいえる壜や小さな水槽が並んでいます。

      ここにワレカラを追加しない理由はありません。

       

       

      【ワレカラ/Caprella equilibra】

       

      節足動物門

      甲殻亜門

      フクロエビ上目

      Caprelidira 目

      Caprelloidea 科

       

      詳しいことは前述のとおり小冊子かフリーペーパーにまとめます。

      次に出版する本にも、なんとかコラムなどで入れたいともくろんでいます。

       

       

      ワレカラ。

      これはオオワレカラだと思います。

      (わかる方、ご連絡ください)

       

      ワレカラ/きらら舎

      ちょうど陸上のナナフシのようです。

      藻につかまって、かなり激しくユラユラしたりします。

      じっとしていると藻の枝と同化してしまい、どこにいるのかわかりません。

       

      ワレカラ/きらら舎

       

      ワレカラ/きらら舎

      基本、藻につかまってじっとしたり、ユラユラしているのですが、シャクトリムシのように体を折り曲げて移動します。

      うっかり藻から落ちてしまいました・・・・・

       

      ワレカラ/きらら舎

      が、このあと、ふわっと浮いて、またアオサに飛び乗ることができました。

       

      海藻に捕まっているのだから海藻を食べるのかなと思っていました。

      でも、実験的にいろいろな餌を与えてみました。

       

      クリルやシラスも食べました。

      でも、一番、ワレカラたちが騒いだのが生の桜エビ。

      母の好物で、この季節にしか食べることができないので、早速買ってきました。

      それを少しいただきました。

       

      ワレカラ、ごはん奪われる!

      ワレカラA [うまい、うまい」
      ワレカラB 「くれよ・・・・・くれよ・・・・・えい!!」

       

       

      ワレカラ、泳ぐ!!

      通常は海藻の上をよいしょ、よいしょと、シャクトリムシのように移動するのですが、
      やるときゃやります。
      なんと、泳ぎました!

       

       

      ワレカラ母さんのおなかが!

      ワレカラのメスはおなかに育児嚢をもっているのですが、なんだか膨らんだり、縮んだり・・・・・

      海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

      グリーンヒドラとタマミジンコ飼育方法

      2018.04.09 Monday 14:50
      0

        グリーンヒドラをご購入いただいた方へのサポートページです。

         

         

        グリーンヒドラについては、以前の記事をご参照ください。  >>グリーンヒドラの販売/きらら舎海月倶楽部

        ミジンコの記事はこちら  >>ミジンコ

         

        ご注文されたら、まず2Lのミネラルウォーターを買ってグリーンヒドラたちを置く予定の場所の近くに置いておいてください。

        直射日光が当たらない明るい場所がベストです。

        空調の吹き出しや暖房も当たらないようにしてください。

         

        飼育の適温はミジンコが15〜25℃。グリーンヒドラは22〜27℃です。

        なので、20℃を切らないように、25℃を超えないようにするのがベストですが、急激な温度変化でなければ、少し超えても問題ありません。

         

        グリーンヒドラは体内にクロレラを共生させていて、クロレラの光合成による栄養分をもらっているため、餌やりが少なくても結構元気です。

        餌はブラインシュリンプかタマミジンコ。

        タマミジンコはできるだけ小さ目なものを選んでください。

         

        ブラインシュリンプは餌として与えるにはちょっと手間がかかります。

        しかし、このほうが確実に確実に捕食ができるので、挑戦してみてください。

        詳細は>>グリーンヒドラの販売/きらら舎海月倶楽部に記載しています。

         

        他にブラインシュリンプを食べる生物は飼育していない場合は、タマミジンコを与えてください。

        グリーンヒドラと一緒にミジンコも買ってくださった方へは

        ・餌

        ・増殖補強餌

        ・スポイト

        をセットしています。

        ミジンコは発送する場合は、500mlのペットボトル入りです(店頭受け取りの場合は最初から飼育容器に入れています)。

        到着しましたら、ミネラルウォーターとミジンコボトル、グリーンヒドラを直射日光の当たらない場所に2時間ほど置いておいてください。これで温度を合わせます。

        ミネラルウォーターは軟水であれば何でもかまいませんが市販の安い日本産のものがよいみたいです。

         

        飼育容器にミジンコを入れます。ミネラルウォーターをミジンコの入っていた容器に少し入れて、回し、内部に残っている(かもしれない)ミジンコを飼育容器に入れます。

        餌は錠剤になっているものがメインです。

        カッターで削り、ほんの少しだけ粉を飼育容器に落とし、割りばしなどで軽く混ぜてください。

        週1回の給餌で1錠は2か月くらい持つと思います。

        ミジンコがあまり殖えない場合は増殖増強餌(最初から粉になっているもの)を一つまみいれてください。

         

        グリーンヒドラは小さな容器に入れて送っています。

        ガラスの容器がグリーンヒドラ容器なので、これにミネラルウォーター入れて、グリーンヒドラを移してください。

        丸いボールは濾過の役目とグリーヒドラの部屋の役割をしますので、これも入れます。

        さらに、容器やフタにもついている可能性があるので、よくみて、スポイトで取って飼育容器に移してください。

         

        週1くらいでミジンコをグリーンヒドラの3倍の数くらいグリーンヒドラの飼育容器に入れてください。

         

        スマホ顕微鏡 L-EYEをお持ちの方はシャーレにグリーンヒドラを入れて、ここにミジンコを入れると捕食を観察できます。

        水滴に閉じ込めるイメージで、できるだけ少ない水で観察してください。

        観察後、放置すると乾燥してしまうので、早めにスポイトで飼育容器に移してください。

         

        水は月に1回くらい、半分を換えてください。

         

        ミジンコは水替えは基本的に不要ですが、容器内部の壁に苔が発生してしまった場合は、

        新しい容器を用意して、水ごと新しい容器に移してください。

         

        ミジンコはどんどん殖えるので密度が高くなってきたら容器を大きくするか、

        メダカなどへ給餌してください。

        グリーンヒドラも殖えますが、餌の量と頻度である程度調整ができます。

         

         

         

         

         

         

         

        海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

        アルテミアびん I

        2018.04.06 Friday 11:14
        0

          クラゲやそのポリプ、グリーンヒドラやウーパールーパーの赤ちゃんなど、我が家の多くの生物のご飯がブラインシュリンプです。

          耐久卵を海水に入れて孵化させます。

           

          一般的に海水飼育容器は水分の蒸発により日々濃度が濃くなる傾向にあるので、

          ブラインシュリンプを洗うのは淡水。

          淡水で洗って淡水に放ち、給餌します。

           

          淡水で洗う一番の理由は、淡水生物へ給餌するためです。

          以前は別々に、海水生物へは海水で洗っていましたが、淡水でもいいやってことになったわけです。

           

          一度洗って海水生物にはそのまま給餌したあと、

          少し置いたものを再度淡水で洗います。

          そして淡水に放ちます。

          これを淡水生物、マミズクラゲやグリーンヒドラへ与えます。

           

          そのあと再度淡水でゆすいで小さな水槽にミネラルウォーターを浅く入れてブラインシュリンプを放ちます。

          ここにウーパールーパーの赤ちゃんを入れて給餌します。

           

          ウーパールーパーの赤ちゃんの食事が終わったら、残ったブラインシュリンプを濾して海水の入ったブラインシュリンプびんに戻します。

           

          孵化したてのブラインシュリンプにはかなりハードな数時間だったと思うのですが、

          そのまま置いておくと、ちゃんと生きているのです。

           

          ブラインシュリンプびんは時々換水しながら、一時容器として、生き残ったブラインシュリンプを一時的に入れてあります。

           

          ブラインシュリンプは生まれたばかりの時にはまだ口がありません。

          卵黄の栄養分で成長します。そのために肉眼では全体的にオレンジ色に見えます。眼はノープリウス眼と呼ばれる単眼があります。

          2日経過すると、だんだん白っぽくなります。

           

          このくらいになると、アルテミアびんへ移します。

          スポイトで大き目な個体を吸って移します。

           

          アルテミアびんの中で、成長してどんどん細長くなり、単眼の左右に複眼ができてきます。

          胸肢と呼ばれるエビの脚ができてきます。

           

          アルテミア/きらら舎

          真ん中の点がノープリウス眼。左右の眼が複眼

           

           

          アルテミア/きらら舎

          アルテミア/きらら舎

          アルテミア/きらら舎

          大きくなったものを次にはアルテミア II に移します。

           

          こうしてどんどんアルテミアが殖えている事態。

          ゾウリムシやミジンコが殖えてもメダカが食べますが、大きなアルテミアは誰も食べない・・・・・

           

           

           

           

           

          海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

          ミジンコ

          2018.04.02 Monday 10:54
          0

            もともとはメダカの餌用に飼い始めた「ミジンコ」。

             

            ミジンコ/きらら舎

            この横向きのポーズは図鑑などで見たことがあるかもしれません。

             

            でも、正面から見ると、知らない人はきっと驚きます。

             

            ミジンコ/きらら舎

            水滴の中を忙しく泳ぎ回るミジンコ・・・・・

            実は眼は1つです。複眼ではあるのですが、大きな眼が一つだけあるように見えます。

             

             

            ミジンコ/きらら舎

            ピンセットで押さえてみました。

            黒いのが眼。

             

            ミジンコにはたくさんの種類がいます。

             

            きらら舎ではこのほかにカイミジンコももらって培養していたのですが・・・・・

             

            ミジンコ/きらら舎

            いつの間にかダフニア(ミジンコ属)が混ざっていました。

             

            ミジンコ/きらら舎

            上のがダフニア、下の豆みたいな薄褐色のものがカイミジンコ。

            ウミホタルの淡水ヴァージョンな感じで、その名のとおり二枚貝で体が覆われています。

            こんな鎧を身にまとっていながら動きは素早いのです。

             

             

             

            最近、カフェに生物スタッフが加わりました。

            その生物スタッフ@ヴォイド氏が培養したグリーンヒドラの販売を開始します。

            (グリーンヒドラ飼育&販売詳細については、こちらをご覧ください)

             

            さて、そのグリーンヒドラ。

            今まで積極的に販売していなかったのは、餌が面倒だから。

            きらら舎では基本的にはブラインシュリンプを与えています。

            もともと毎日孵化させているので、それを洗う際に、塩抜きする容器も用意しておき、

            海水生物には洗っただけのブラインシュリンプを与え、マミズクラゲやウーパールーパーの赤ちゃんやグリーンヒドラの淡水生物には十分に塩抜きしたものを与えます。

             

            しかし、結構面倒くさい。

             

            それが、先日のスマホ顕微鏡観察&撮影会にてミジンコを与えたところ捕食しました。

            グリーンヒドラ/きらら舎

            グリーンヒドラ/きらら舎

            グリーンヒドラ/きらら舎

             

             

            ・・・・と、いうわけでミジンコも同時に販売します。

            まずは店頭販売のみです。

             

            大きなミジンコだと捕食も大変なので、ミジンコでは比較的小さな種類のタマミジンコの耐久卵を孵化させて培養したもの。

             

            ミジンコ/きらら舎

             

            ミジンコは通常は単為生殖です。

            上の写真で背中に背負っているのは卵。

            メスが一人で卵を作って生みます・・・・・ので、どんどん殖えます。

            殖えるスピードは餌である程度調整ができます。

             

            環境が悪くなるとオスが産まれ、有性生殖で卵を作ります。

             

            ご希望があればミジンコは2種類、販売します。

             

             

            海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |