天氣後報 II

箱庭標本壜キット #001 森の中の小さなおうちI

2016.08.03 Wednesday 18:17
0

    カフェのワークショップをキットにしました。

    苔は季節やタイミングで替ります。

     

    #001はホソバオキナゴケとコツボゴケで森の風景を作ります。

     

    箱庭標本壜/きらら舎

    付属のブレンド土を小さなスプーンで軽く2杯、いれます。

     

    箱庭標本壜/きらら舎

     

    深さは5〜10mmくらい。

    スポイトで数滴水を垂らして全体を混ぜておきます。

    (霧吹きだと表面にだけしか給水できないので最初はスポイトで、ごく少量、土に水分補給をします。

    あくまでも土が少し湿る程度です。びちょびちょにしないようにしてください。霧吹きで補給した場合も一度混ぜればOKです。)

     

     

    箱庭標本壜/きらら舎

    コツボゴケ。

    お届け分はこの杯くらいあります。

    コツボゴケは葉っぱが可愛いらしくて、ひょろっとした苔です。

    高さを演出するのに使えます。

    湿度や蒸れに弱いです(育て方は最後にまとめてあります)。

     

     

    箱庭標本壜/きらら舎

    田植えみたいにある程度まとめます。

     

     

    箱庭標本壜/きらら舎

    下の茶色の部分を切り落とします。

    根っこみたいですが、苔には根っこはありません。

    根っこに見える部分は仮根といって岩などにしがみつくための足みたいなものです。

    種類によっては地下茎で、そこから増えるものもあるのですが、コツボゴケは切ってしまっても問題ありません。

     

     

    箱庭標本壜/きらら舎

    田植えみたいに土にさしこみます。

    さらに周りの土を寄せます。

     

    箱庭標本壜/きらら舎

    土が薄くなったところへホソバオキナゴケを置きます。

    厚みがある場合は下を少し切りそろえてもかまいません。

    置いたら綿棒で少し押えて土にくっつくようにします。

    ついでに、綿棒で壜の内部についたゴミや水滴を拭いておきましょう。

     

     

    箱庭標本壜/きらら舎

    家のスペースに残りの土を入れて、盛り土をします。

    そこに家や鉱物などを配置します。

     

     

    箱庭標本壜/きらら舎

     

    蛍石をウラングラスを一緒に撮影し忘れましたが、

    空壜、家、土、苔、蛍石、ウラングラス・・・・・がセットです。

     

    箱庭標本壜/きらら舎

    #001はむかって左。

    次回は#002 湖畔のちいさなおうち I です。

     

    植物その他(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする