天氣後報 II

アオアズマヤドリの蒐集箱/螢石#01

2016.09.29 Thursday 11:08
0

    小さなアルミ缶が6つだけ入ったケース。

    アルミ缶が必要な場合は割高なのであまり入荷しないのですが、いくつか貯まったので、これで青い螢石を蒐めてみました。

     

    アオアズマヤドリはオスがメスの気をひくために青いモノを蒐集してアズマヤのまわりに散りばめるという鳥。

    青いモノが好きな人間には他人事ではない(笑)

    でも・・・・・アオアズマヤドリのオスは繁殖のためだけに作る連れ込み用のアズマヤを青いモノで飾るのです。

     

    そして一番青くて美しいのは彼ら(アオアズマヤドリ)の眼球なのです・・・・という話はルーチカ図鑑『鳥の羽と卵』に掲載しました。

     

     

     

    青い螢石/きらら舎

    蓋の青い粒はラインストーンです。

     

     

    青い螢石/きらら舎

    中はいつものアルミ缶

     

    青い螢石/きらら舎

    イリノイの青はごくごく淡い水色ですが。

     

    青い螢石/きらら舎

    ニューメキシコビンガム産の螢石。

    ニューメキシコにも透明や翠がかったもの、ワイン色などもあるのですが、定番の濃い青色を選別しました。

     

     

    青い螢石/きらら舎

    湖南省の水色。

    透明度はイリノイに落ちますが優しい水色です。

     

     

     

     

    青い螢石/きらら舎

    下の段は欠片。

    イリノイの青いチップもないことはなのですが、この産地を入れたかったので・・・

    パキスタンの濃い青色。

    パキスタンには淡い青色もあるので、次回のセットはイリノイの水色チップやパキスタンの水色も入れてみたいと思います。

     

    青い螢石/きらら舎

    ビンガム産のチップ。

     

     

    青い螢石/きらら舎

    湖南省産のチップ。

     

    チップはそれぞれ劈開面も出ているので、八面体に割ることができそうです。

    ・・・・・が、とりあえず青い螢石を蒐めてみたというセット第一弾です。

     

     

    アオアズマヤドリの蒐集箱(第壱標本室) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする