天氣後報 II

綿毛標本

2016.10.05 Wednesday 14:26
0

    以前に作ったたんぽぽの綿毛フラスコと綿毛壜

     

    綿毛標本/きらら舎

     

    以前作ったミニチュア試験管入

    綿毛標本/きらら舎

     

    先日もドールカフェの実験室セットに綿毛標本を置いていました。

     

    欲しいという方が結構あったので、ちゃんと作ることにしました。

     

    綿毛標本/きらら舎

    採集&セット

     

     

    綿毛標本/きらら舎

    1日経過

    少し開いてきました。

     

    綿毛標本/きらら舎

     

    まだアンティークレースのような色をしています。

    屋上で見る綿毛は白いのですが、風景の中にあるから白く見えるだけで、白い紙を背景にしたりするとこんな感じなのかなあ・・・と思いながらも、乾燥が進むのを待ってみます。

    (変化があればこのページを更新します)

     

     

     

     

     

    綿毛標本/きらら舎

    豆電球仕様のほうは1日違いの4つ。

    だんだん開いていくのがわかります。

     

    ちょっときつきつだったかもしれませんww

    でもみっしり綿毛ってのも可愛いです。

    一日経過

    綿毛標本/きらら舎

    セットが少し早すぎたかもしれません。

    早過ぎたため、乾燥の速度が遅いようです。少し冷やしながら様子をみることにします。

     

    綿毛標本/きらら舎

     

     

     

    綿毛データ

     

    ミニチュア試験管入

    【姫昔蓬/ヒメムカシヨモギ】

    英名:Canadian horseweed

    学名:Conyza canadensis

     

     

    科:キク科 Asteraceae
    属 :イズハハコ属 Conyza
    種:ヒメムカシヨモギ C. canadensis

     

    明治維新のころから鉄道線路に沿って広がったため、ゴイッシングサ(御一新草)、メイジソウ(明治草)、テツドウグサ(鉄道草)などとも呼ばれた(『野に咲く花』山と溪谷社 )

     

     

    豆電球仕様

    【野襤褸菊/ノボロギク】

    英名:Common groundsel

    学名:Senecio vulgaris

     

    科:キク科 Asteraceae
    属:キオン属 Senecio
    種:ノボロギク S. vulgaris

     

    本来は春の花です。

    最近では春から夏によくみかけますが、今年はこの季節でも毎日数個の花をつけています。

     

    綿毛観察のために「雑草」と呼ばれる種類の植物も屋上で育てています。

    育てているというより、プランターに自生しているというほうが正しいのですが。

    今回、最初は「綿毛標本」でラベルを作りました。

    しかし、春に作ったミニチュア試験管入のものと今回のものは種類が異なるので、やはり、それぞれに植物名を付けました。

    ラベルは小さいので、

    ・和名の漢字表記

    ・英名

    ・学名

    を記しています。

    和名の漢字表記はかなりマニアックなので(好きなんですけど)、該当ブログに今回のようにデータを書いておきます。

     

    植物その他(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする