天氣後報 II

サカサクラゲのエフィラ

2017.02.03 Friday 13:18
0

    本の打合せも終わって、NHKの撮影も無事済んだので、今朝はサカサクラゲのポリプびんの点検をしました。

    ここ数日はブラインシュリンプをぷしゅ!と投入していただけだったので、フィルターから落下した浮草ポリプの救出と、新たにポリプができている場所を確認します。

     

    いくつかの浮草ポリプを救出したところ、1つがストロビレーションしていました。

     

    サカサクラゲ/きらら舎

    さきっちょのエフィラは3mmほど。

     

    それから、ピコピコとエフィラも泳いでいたので救出。

    サカサクラゲ/きらら舎

    透明なんでわかりづらいですね。

    そして、サイズも2mmほど。

     

    サカサクラゲ/きらら舎

    小さいほうが今日、救出した2mmエフィラ。

    右のほうは2週間前くらいに分離したエフィラ。

    これも分離した当時は濃い褐色で2mmほどでした。

     

     

    サカサクラゲ/きらら舎

    こいつは1月17日くらいに分離したもの。

    濃い褐色で、さらに最初はカサの一部が癒着してハート型に変形していたのですが、大きくなったら治りました。

    大きくなるスピードがとても速く、現在は1cm近くになりました。

     

    サカサクラゲ/きらら舎

     

    これは・・・・・

    サカサクラゲ/きらら舎

    こいつ。

    1月23日にこんな状態で1月26日あたりに分離したもので、

    どんどん青色になっているもの。

     

    ただ、現在7匹いる、大きなサカサクラゲは・・・・・

    サカサクラゲ/きらら舎

    もともと我が家に来た時は

     

    サカサクラゲ/きらら舎

    ほんとうに青白だったので、やっぱりDNAは違うのかもしれません。

     

    クラゲの成体だけ飼育していると、ただ大きくなるだけですが

    ポリプから飼育すると、いろいろなことが起って飽きません。

    海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする