天氣後報 II

チビビスマスワークショップ

2017.03.19 Sunday 13:08
0

    カフェで行っているビスマスワークショップは、現在は日曜カフェにて石華工廠さんを招いて行っています。

     

    石華工廠さんのビスマスワークショップは基本、見学ワークショップです。

    長年ビスマス結晶を作り続けている興味深いお話を聴きながらビスマス結晶を作るところを見学し、

    完成した結晶を選んで持って帰ることができるというもの。

     

    実際にお鍋でビスマスを溶かしてプリンカップサイズで作るのは、結構大変です。

    水の約10倍もの重さのビスマス。

    思った以上に扱いが難しいのです。

    たとえばお鍋にビスマスを熔かして持ちあげるとすでに数キロ。

    通常のお鍋の感覚とはかけ離れています。

    さらにお鍋や容器もステンレス製と書いてはあっても実際にはメッキがされていたり、アルミ成分が混ざっていたりしてうまく虹色に出ない場合が多くあります。

     

    しかし、一番の難関は、ビスマスの価格。

    作る分のせめて3倍の量が必要となります。

    そして、容器から不要なビスマスを鍋に戻す作業が一番緊張します。

    ヤットコやペンチで挟んでも中身を出すために傾けた時に、鍋にどぼん!・・・・・飛び散ったビスマスは300度近いので運よく火傷を逃れたとしても飛び散った際の床は焦げてしまいます。

     

     

    と、いうことで

    本格的にチャレンジする前の練習としてチビビスマスワークショップを行っています。

     

    重いので容器は小さく、さらにロス分がほとんどありません。

    容器が小さいから素晴らしい結晶はできませんが、要領は実感できると思います。

    さらに容器はお持ち帰りいただけるので、家で再チャレンジも可能です。

     

    さて。

    ここで作ったビスマスの欠片。

     

    そのまま飾るには少し小さいので、クラフトに最適です。

     

    チビビスマスワークショップおまけ/きらら舎

    時計の中の銀河の懐中時計ケースのチビバージョンです。
    チビビスマスワークショップのオプションで作れます。

     

    チビビスマスワークショップおまけ/きらら舎

    カバンシ石やウラングラス、歯車、燐灰石などを付けてみました。

    チビビスマスワークショップおまけ/きらら舎

    チビビスマスワークショップおまけ/きらら舎

    蛍光石は蓄光します。

    ワークショップ(cafeSAYA) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする