天氣後報 II

エダアシクラゲのクラゲ芽

2017.03.20 Monday 16:06
0

    クラゲ・・・・・といってもいろいろな種類があります。

    大きく分けると鉢虫綱 、ヒドロ虫綱、箱虫綱、十文字クラゲ綱の4種類。

    その中でわたしが飼えるものは「あまり大きくならない」「比較的飼い易い」もの。

     

    ミズクラゲは鉢虫綱・旗口クラゲ目。ユウレイクラゲがアカクラゲがこの仲間。

    海月観察会に合わせて発生させてお分けしているように、ポリプの飼育温度を下げたり飢餓状態にすることで人為的にストロビレーションを起させて、一度にたくさんのエフィラ幼生が発生します。

    逆に言えばポリプの飼育はまったく地味で、触手が伸びたり大きくなったり増殖することをひそかに楽しむ程度です。

    もちろん給餌の際に、エビを捕まえる様子はそこそこ面白いのですが、とくに大きな発見はありません。

     

     

    タコクラゲは鉢虫綱・根口クラゲ目。サカサクラゲもこの仲間。

    ポリプはあまり元気がないので、とにかく現状維持。

     

    エイレネクラゲはヒドロ虫綱・軟クラゲ目

    ヒドロ虫網というのはヒドロ根と呼ばれる細い根のようなものを伸ばして、そこからポリプが伸びます。
    今の季節はとくに変化もなく。

    苔が増えてきた飼育ビンを洗うタイミングを悩む程度。

     

    現在、我が家で元気なクラゲはサカサクラゲ。

    成体は週1の給餌・換水(水槽洗い)に留めてできるだけ長く、この水槽で飼育したいと思っています。

    もともと褐虫藻がない(少ない)タイプなので光合成で大きくなっていくこともありません。

     

    サカサクラゲはポリプの状態のものもいて、サカサクラゲのポリプはプラヌロイドとよばれるプラヌラのようなものを出して殖えます。ところが今年に入ってから、プラヌロイドを出すよりクラゲを出すものが多くなってきました。

    以前、写真と一緒に説明したので省略しますが、葉のないチューリップのような姿をしていて、チューリップ部分から触手を伸ばしています。この部分が何か変色してきたなあと思っているうちにクラゲの形になってきて、触手が消滅して、拍動を始め、そして遊離します。

     

     

    クラゲ/きらら舎

    どんどん殖えています。

    ポリプに給餌する際にはポリプびんの中で遊離しているエフィラを探して救出しなければなりません。

     

     

    もう1種類。

    今の季節、調子がいいのがエダアシクラゲ。

    ヒドロ虫綱・花クラゲ目。

    エイレネクラゲと同じようにヒドロ根を伸ばします。

     

    クラゲ/きらら舎

    白い糸のようなものがヒドロ根(ストロン)で変な形のものがポリプ。

     

    クラゲ/きらら舎

    ちょうど真ん中に写っているポリプの横っちょに何かついているの、わかりますか?

    これがクラゲ芽。

     

    少しづつ大きくなっていきます。

     

     

    クラゲ/きらら舎

    クラゲ/きらら舎ク

     

    なんとなくポリプの中にクラゲの形をしたものができてきているのがわかるでしょうか。

    よく見るとたくさんありそうです。

    サイズは1mmくらい。

    上の写真のものはすでに拍動(ピコピコ動く)していたので見つけることができました。

     

    クラゲ/きらら舎ク

    遊離したばかりのものはこんな感じ(左のやつ)。

     

     

    クラゲ/きらら舎

    数日で大きくなります。

    エダアシクラゲという名前のとおり、脚が枝のようにわかれ、朝露のような白い粒ができてきます。

    通常は容器の壁や底にくっ付いている(サカサクラゲもそうですが、こちらは脚でくっ付いているのでサカサではありません)ので水流なども不要です。

     

    ・・・・・ところで。

    これより元気なものがいることに気づきました。

     

    ブラインシュリンプ/きらら舎

    ぼたん雪のような脱皮殻と、卵の殻を巻き上げながら忙しそうに泳いでいます・・・・・アルテミア。

    容器を小さ目にしておくと体があまり大きくならないようです。

    が、密度がかなり大きいので、欲しい人にどんどん配布中です。

     

     

     

     

    海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする