天氣後報 II

海月倶楽部

2017.04.12 Wednesday 13:29
0

    地味にポリプを飼っていました。

    理科室カフェを始めて、まずはゾウリムシやボルボックスの観察会を開催してみましたが

    微生物はあまり人気がないようでした。

    小さなモニタに表示できる顕微鏡をカフェに置いておいて、朝からご来店の方にも見せていましたが、

    「うへええええ」という感想ばかり。

     

    それならば!!!とミズクラゲのポリプをストロビレーションさせてみることにしたのが我が家のクラゲ増殖のきっかけでした。

     

    ミズクラゲはまた秋になって涼しくなった頃にストロビレーションさせて観察会(配布会)を開催予定です。

     

     

    ポリプからクラゲがでるきっかけトリガーといいます。

    ミズクラゲのポリプからクラゲ(エフィラ)を出すトリガーは研究されていてかなり人為的に起すことができるのですが、

    この日に合わせてというのは素人には無理。きちんと設備を持った専門家の方に委託します。

    それでも1〜2日は、ずれることがあるので、観察会ではストロビラごとお分けしています。

    (もちろん。持って帰りたくない方は見るだけでも参加できます)

     

    ミズクラゲの他には現在、エダアシクラゲ、エイレネクラゲ、サカサクラゲ、タコクラゲがいます。

    ミズクラゲ以外は水温が上がったほうがクラゲが出やすいようです。

    エイレネクラゲはわざと保温してみたりしてもなかなかクラゲ、でません。

    サカサクラゲは今年のお正月からずっとクラゲが出続けています。保温しているので温度のトリガーではないようです。

    エダアシクラゲは100匹ほどクラゲを出したところでストップしました。

    タコクラゲはサカサクラゲほど丈夫ではないので、もう少し様子見。

     

    ・・・・・ということで、先日ツイッターでお知らせしてから何人かの方に引き取っていただきました。

    ただ、以前に何かしら飼育経験がある方ではないと難しいことがわかりましたので、今回、正式に販売セットを作りました。

     

     

    ポリプとエフィラを同時に飼育できます。

    上手に育てればポリプはどんどん増殖し、エフィラも出ます。

    クラゲ自体は長生きするタイプなので大きくなってきたら水槽を用意する必要があります。

    何年か生きます。

    エフィラは最初は毎日世話をしてください。

    水槽に移したら週に2回ほどの給餌と光をあてることでサイズを抑えて飼育できます。

     

    うちのサカサクラゲは褐虫藻が少ない青いタイプです。光もカーテン越しのゆるい光で十分です。

    強い光だと飼育容器が小さいのですぐに水温が上がってしまいますので注意してください。

     

     

    サカサクラゲ飼育セット ¥2000 

    (店頭引渡しのみ 2日前の午後9時までにお申込みください。

    飼育容器と生体のみであれば前日でも間に合います。その場合は¥1200となります)

     

    エフィラ 2個体 

    ポリプ  2個体(時期によってはエフィラ付き)

    飼育容器 各1つ 計2つ

    飼育水 500ml

    海水の素 500ml分

    ブラインシュリンプ 翌日分

    ブラインシュリンプエッグ

    ブラインシュリンプエッグ孵化容器

    大きなスポイト(クラゲやポリプの移動用)

    小さなスポイト(給餌用)

     

     

     

    飼育温度 20〜27度(30度くらいでも短時間ならば大丈夫です)

    海水濃度 2.2〜2.4%(3%では濃いので注意してください)

    (量が少ないので比重ではなく濃度で記載しました。濃度は海水の素と水から計算するか塩分濃度計で計ってください。ただし比重ではないと下のほうが濃い場合があるので、必ず、作ってから一晩おいたものを再度振って使ってください。

    残り1cmくらいは捨ててください)

     

    飼育方法

    ポリプ

    サカサクラゲのポリプは再固着ができません・・・・・というか、もとから固着できていないものもあります。

    ポリプはプラヌロイドというものを作り放出します。プラヌロイドはどこかに固着してポリプとなり増殖していきます。

    時々ポリプの先端が変形してクラゲになります。クラゲは拍動を始めて数日で遊離します。

    ポリプから遊離したら、エフィラ飼育ビンに移動してください。

     

    給餌は毎日〜週1くらいでOKです。給餌はエフィラと同じ方法です。

    給餌をしたら数時間後に換水してください。

    換水の方法は、

    (1)他の透明な容器に一旦ポリプと水を移します。

    (2)飼育容器をぬるま湯で洗います(温度変化がないように、です)

    (3)洗った飼育容器に新しい海水を注ぎ入れます。

    (4)一時避難容器の下に黒い紙を敷き、できるだけ明るい所で、まずポリプをスポイトで吸って飼育容器に戻します。

    (5)このあと、目を凝らしてプラヌロイドを探します。0.5〜1.0mmくらいの白いものです。

       ブラインシュリンプの殻より白く、ラグビーボールのような形になったり丸くなったりして泳いでいます。

       底を這っている場合もあります。

       みつけたらこれも吸い取って飼育容器に移動します。

     

    エフィラ

    当日、翌日は孵化したてのブラインシュリンプを付けていますのでそれをそのままスポイトで与えます。

     

    ブラインシュリンプ準備

    帰ったらすぐに、予備の海水をブラインシュリンプ孵化タッパに半分くらい入れて、ブラインシュリンプを珈琲のマドラーにすりきり1/4ほど入れて撹拌し、できるだけ温かいところに置きます。

    適温は28度です。

     

    孵化したブラインシュリンプの下処理

    できればワムシやブラインシュリンプを濾すネットを。代用品としてはコーヒーペーパーやセレックVフィルター、ティーバッグ用の袋などが使えますが、これでブラインシュリンプを濾します。光を当てて集まったところを一網打尽にして濃し、一度海水かミネラルウォーター(カルキ抜きした水)をかけて洗い、きれいな海水に戻します。

    これを少量、スポイトでとって与えます。

     

    換水

    サカサクラゲは粘液をたくさん出します。

    まず、スポイトで体についた粘液やブラインシュリンプを吹き飛ばします。

    吹き飛んだ食べ残しや粘液をスポイトで除去し、一旦別の容器に水とクラゲを移し、容器を洗ってきれいな海水を入れて、クラゲを戻します。

    給餌を別に容器でやるという方法もあります。

    クラゲが大きくなってきてスポイトで吸えなくなってきたら、小さなおたまやれんげなどで移動してください。

     

     

    ポリプはプラヌロイドを出して殖えます。

    ときどきクラゲを出します。

    他のクラゲより長生きで飼い易いです。

    さらにこれからの季節は保温しなくてもいいので、飼い易い季節です。

     

    サカサクラゲ/きらら舎

    サカサクラゲ/きらら舎サカ

    サカサクラゲ/きらら舎サカサクラゲ

    サカサクラゲ/きらら舎サカ

    サカサクラゲ/きらら舎サカ

    海月など(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする