天氣後報 II

6月の鉱物販売/透石膏球

2017.06.16 Friday 10:35
0

    カナダ マニトバ州ウィニペグのレッドリバー放水路で採れる透石膏球。

    氷河期時代の泥の地層で育ったため、結晶の成長が妨げられることなく球状になったと考えられます。

    また、透明度が高いものもあるにはありますが、泥っぽい感じが多いのも、そんな理由。

     

    A

    透石膏球/きらら舎

    透石膏球/きらら舎

    透石膏球/きらら舎

    一部欠けているようなのですが、ここを下にすると落ち着きます。

     

    透石膏球/きらら舎

    ブラックライトで蛍光し、燐光します。

     

     

    B

    透石膏球/きらら舎

    透石膏球/きらら舎

    透石膏球/きらら舎

    透石膏球/きらら舎

    個人的には突出した大きな結晶がなく、真球に近い形が好きなのですが、アメリカでは大きな結晶が育ったものが人気だそうです。

    まあ大きく育った結晶は透明度の高い美しい場合が多いですので。

    この標本は大きな結晶はいくつかあり、すべてアヒルの口みたいに2枚重ねになっています。

     

    透石膏球/きらら舎

    ブラックライトで蛍光し、燐光します。

    鉱物(第壱標本室) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする