天氣後報 II

9月のカフェ営業スケジュール

2017.07.24 Monday 08:07
0

    9月2日(土)

    理科室カフェは 螢石の八面体劈開。

    最近入手困難が続いていたイリノイチップ(これが螢石の劈開の手始めには最適です)を入手しましたので、それをメインに行います。

    初心者の方、またベテランの方。

    ご参加の方の熟練度に合わせてお愉しみいただけます。

     

    イリノイ州産蛍石チップ/きらら舎

    初心者の方は大きな八面体劈開を作った際に出たチップを使います。

    ベテランの方は南アフリカ産で小さな八面体量産にチャレンジするもよし、上の写真の左側にあるような大きな欠片から大きな八面体を作るもよし。

    大きな八面体を作る場合は鏨を併用します。

     

     

    イリノイチップの他、いつものイリノイナゲット、南アフリカ産エメラルドグリーンの小さな欠片のご用意もします。

    イリノイナゲットは安納芋みたいな濃い黄色があります。劈開自体はあまり素直ではないので難しいですが、小さな八面体であれば作れます。

    南アフリカ産は実はイリノイ州産よりも劈開が素直かもしれません。

    八面体劈開がほとんど販売されていないのは、この産地の標本自体が自結晶が八面体をしていることと、高価な標本が多いため。

    ただし、小さな欠片(標本)の在庫があるので、小さな八面体を作ってみようと思います。

    美しい水色に蛍光するので、完成したら、ブラックライトで蛍光させて、小さな青く光る八面体を撮影してみてください。

     

     

    9月9日(土)

    ビスマスワークショップです
    他のワークショップ、および、デザート・ランチはありません(ドリンクのみ)。

     

    最初の回(1時から)はプチビスマスワークショップ(8名様)。
    3時からは通常のビスマスワークショップです。
    1時の回をご予約の場合、通常のビスマスワークショップもご参加可能です。


    また、3時からはお席は4席のみとなりますが、ご予約がない場合でもビスマスワークショップへのご参加は可能です。

     

     

    9月16日(土)

    理科室カフェは天気管・結晶生成管。

    NHKの製作会社のカメラマンさんが撮影した美しい映像もお見せします。

    当日は天気管と結晶生成管のいずれか、または両方を作ることができます。

    天気管はきらら舎が販売している試験管サイズの3本分弱の量を作りますので、いろいろな容器でお愉しみいただけます。

    また、容器の注意点なども当日お話しします。

     

     

     

    9月23日(土)

    理科室カフェは虹標本。

    博物ふぇすからちょうどいいサイズの壜をご用意したキットを作りました。
    すでに液晶化しているもので液晶の感触と性質の実感・実験をし、
    粉から液晶を作るワークショップと、今回より2種類の実験をお愉しみいただけます。
    液晶の素のみの追加販売もあります。
    キットや材料はカフェ・イベントでのみの販売となります。

     

     

    9月30日(土)

    理科室カフェは貸切

    貸切については「理科室カフェの貸切について」をご参照ください。

    カフェ(cafeSAYA) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする