天氣後報 II

虹標本2017夏

2017.07.31 Monday 12:08
0

    虹標本(液晶)

     

    ワークショップ、今年の夏は7月8日(土)の理科室カフェで行いました。

    試験管入の完成品とキットは先日の博物ふぇすで販売しました。

     

    現在、販売分の追加を製作しています。

     

    虹標本(液晶)/きらら舎

     

    粉から液晶となり、全体がなじんで虹色を呈するまで約24時間ほどかかりますが、ダマが残ったり、また、ある程度安定するまで2週間ほどかけるといいです。

    その間、何度か混ぜ直しをします。

    硬いダマになっている部分には2滴ほど水を供給します。

    口はしっかりしめて水分の蒸発を防いでください。

     

    さて、ワークショップとしては地味な液晶なのですが

    作ってみたい声が多く、次回の理科室カフェ液晶の9月23日(土)では宿題に間に合わないというご相談を受けましたので8月12日、19日、26日の3時からの回にて対応します。

    ご予約の際に通信欄に液晶希望と書いておいてください。

    液晶についての詳しい説明は冊子で代えさせてください。

    ただし、簡単な実験と説明はします。

    すでに液晶となっているものでの実験、冊子、液晶の素2つ(1つはご自宅での再実験用)、完成時に詰める壜で¥2000です。

     

    液晶の素、4gは現在の気候〜少し涼しくなってからも虹色を呈する水分量で作ります。

    涼しくなってからは、水分量を0.2〜0.4mlほど増やして作ると冬でも遊べます。

    そのご説明もします。

     

    完成品はカフェにて販売しています。

    すべての試験管にて、さらに1本の試験管内でも水分量に勾配つけているので、実際に見てご購入ください。

     

    きらら舎での販売は、ある程度色を指定できるように検討中です。

     

    オリジナルアイテム(月光幻燈室) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする