天氣後報 II

本日きらら舎にアップの虹標本

2017.08.09 Wednesday 12:42
0

    虹標本。

    液晶を試験管などに詰め、そこに現れ変化する虹色を愉しもうというアイテムです。

     

    虹標本については以前の記事をご参照ください。仕様は異なりますが、いくつかの実験をご覧いただけます。 >>虹標本(液晶)

     

     

    さて、今回販売するものは秋風仕様です。

    写真は現在室温27度での状態。

     

    虹標本(液晶)/きらら舎

    販売する秋風仕様は向かって左の5つ。

    上部は少し水分量が少ないので、緑色となっていますが、22度くらいになると、青〜紫色に変化します。

    逆に、下の暖色の部分は22度くらいで寒色に変化します。

     

    水分の蒸発をできるだけ防ぐためにシリコンスクリューキャップと味得ないのですが、液晶の虹色を呈する状態をできるだけ長く維持することを優先しました。

    合せて価格を下げています。

     

     

    なお、上の写真の右の2つ。

    真夏でも寒色を愉しめますが、涼しくなると紫〜透明になってしまいます。

    温めれば色が付きます。

    こちらはカフェにて販売しています。

     

    なお、試験管の中を混ぜたり、透明になってしまったものに水を追加して混ぜ合わせたりすると状態が変わります。

    やり方はカフェにて説明しています。

     

    虹標本の素はカフェのご予約をいただき、簡易ワークショップとして説明を聴いてくださった方を対象に販売しています。

    詳細な説明や実験は理科室カフェにて行っておりますが、通常1時と3時のご予約時に通信欄に液晶ワークショップ希望とご明記いただければ、作るところからカフェにて行っていただけます。

    簡易ワークショップですので液晶、壜、小冊子等がついて¥1000です。

     

     

    駅種の素は糖衣錠のコーティングや増粘剤に使われているくらいなので、劇薬指定ではなく、一般試薬なのですが、使用目的を液晶のワークショップとして仕入れているため、通販はしておりません。

     

    オリジナルアイテム(月光幻燈室) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする