天氣後報 II

ツダナナフシ孵化!

2017.09.14 Thursday 17:54
0

    8月のアクアリウムバスで甥に買ったツダナナフシの卵。  いきさつはこちら  >>ツダナナフシ

     

    ツダナナフシは1989年に日本で初めて西表島で発見されました。
    成虫は体長約12cm(前足を伸ばすと17cm)という大きな昆虫です。

    木の枝に擬態する、あのナナフシの仲間。

    背中から敵に対して白い液体を飛ばすのですが、これがミントの匂いがするとか、

    単為生殖で雌しかいない(雄も発見されたのですが、かなりめずらしい)とか、甥にとっては「すげー」「かっこいい」魅力的な昆虫らしいのですが・・・虫はどうも苦手。

     

    しかし、買った以上(そして高かったし)、バックアップの意味もこめて10個の種みたいな卵を3・3・4にわけ、3つの容器で飼育していました。

    わたしはその中の1つの世話をしていました。

    卵は怖くないし、サボテンの種&芽とほぼ同じ要領で・・・・

     

    ところが、今日、孵化しました!

     

    販売者は早くて来年の春。下手をすると孵化するのに1年くらいかかると言っていたので、本当に植えた種に水やりをするような感覚でした。

    まさか、生まれるとは思っていなかったので、容器の中に動くものを発見した時は、ひょえ〜!!

     

    すぐに甥に渡しました。

     

    ツダナナフシは実は餌も大変なのです。

    アダンという植物の葉しか食べない。

    それで卵を買った後にアダンの鉢も買いました。

    やっと役にたちました(笑)

     

    ツダナナフシ/きらら舎ツ

    ツダナナフシ/きらら舎

    卵のとんがった部分を取って出てきたようです。

     

    ツダナナフシ/きらら舎

    ツダナナフシ/きらら舎

     

     

    海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする