天氣後報 II

カフェでの生体ワークショップについて

2017.10.12 Thursday 10:08
0

    カフェで毎週土曜、最終予約時間(17:00〜18:30)に行っている理科室カフェでは、生体を扱ったものがいくつかあります。

     

    一番最初に行ったのは「微生物観察会」。

    モニタ付きの顕微鏡にてゾウリムシやボルボックスの観察を行いました。

    参加者はほぼなし。

     

    その後、ミズクラゲのストロビレーションを見せようと「海月観察会」を行いました。

    何年か飼育(維持)していたミズクラゲのポリプからクラゲが発生するところを見たいと思い、どうせならば多くの人と一緒に見たいと思ったことがきっかけです。

    日程を決めて、それに合わせてポリプをストロビ化させるのはなかなか難しく、これは専門家にお願いしました。

    クラゲはまだまだ未知の部分が多く、ポリプがストロビレーションを起すトリガー(引き金、きっかけ)もあまり明確にはわかっていません。

    一応、ミズクラゲは一番研究が進んでいるクラゲで、温度管理などで人為的にストロビレーションを起すことができるようになりました・・・・・とはいえ、温度・光量・飢餓状態といくつかの条件がバランスよく整わないと、「この日」と決めた日にクラゲを発生させるのは難しいのです。

     

    最初はポリプって何?ストロビラって何?という方々が、少しだけ参加してくださいました。

     

    でも、多分、見ると感動します。

    詳細については過去のブログなどをご参照ください。  >>12月海月観察会

     

    クラゲ/きらら舎

    クラゲ/きらら舎

    クラゲ/きらら舎

    クラゲ/きらら舎

    クラゲ/きらら舎

    クラゲ/きらら舎

     

     

    その後、飼育していたサカサクラゲのポリプからクラゲがでるようになりました。

    塩分濃度(比重)は低め、温度は高め、などサカサクラゲのポリプがストロビレーションするトリガーについてはいろいろ言われていますが、うちではお正月から出始め、その後ずっと出続けています。

     

     

    クラゲ/きらら舎

    クラゲ/きらら舎

     

    微生物ファンも少しは増え、L-eye開発をされている方とも知り合い、ワークショップ用にL-eyeを購入したので、

    カフェではなく、今度は微生物BARをやってみることにしました。

    ちょっと呑みながら、ミクロの世界をのぞくのは楽しいです。

     

    それから、次は・・・・・

    ウニの発生実験をしてみようと思っています。

     

    冬はバフンウニ。

    日程は月齢に合わせて調整中です。

     

    予定では・・・・・

     

    ワークショップ数日前に受精させておき、

    当日にも卵割の進行を早送りで観察できるように、受精を行っておき、念のためにホルマリン漬けの観察用のもの、あるいはスライドグラス状態のものをも仕入れておきます。

    ワークショップでは、未受精卵と精子の観察。受精による受精膜の観察、前もって用意しておいた卵割の観察をします。

    そして3日前に受精させておいたものは、4腕プルテウスになっているはずなので、それを観察・・・・・

     

    さらに、4腕プルテウスは培養ケースに入れて、お持ち帰りいただきます。

    通常はここまでが多くの理科室で行われている実験です。

    個人的にはメインはこの後。

     

    プルテウスを飼う!

    稚ウニにまで変態できるのは半数といいます。

    でも数ミリのウニ、飼ってみたくありませんか??

     

     

     

    海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする