天氣後報 II

きらら舎海月倶楽部のアクアリウムバス

2017.11.12 Sunday 15:19
0

    クラゲ、飼ってみませんか?

     

    とりあえず、小さいので小さな容器で飼育ができます。

    大きくなった成体は生き物の通販や熱帯魚屋さんなどで時々売っていますが生まれたてのクラゲ(エフィラ)は、なかなか見る機会もないと思います。

     

    サカサクラゲ

    遊離仕立てのものも展示用に持っていきますが、販売は飼育がしやすいサイズを選んでいます。

    餌を与えれば大きくなりますし、週一くらいで給餌すれば1年で3〜5cmに抑えられます。

    寿命は他のクラゲと違って数年と長く、丈夫で飼育しやすいクラゲです。

    褐虫藻がほとんどない青いクラゲできれいです。

     

     

    ミズクラゲ

    遊離直前のストロビラを展示販売します。

    販売もします。ご自宅でポリプが数匹のクラゲへ変身して遊離していくところを観察できます。

    遊離したエフィラは当面は小さな容器(セットしています)で飼育できます。

    餌をあげるとどんどん大きくなります。

    約1ヶ月で7mm〜10mmのクラゲになります。

     

     

    エダアシクラゲ

    寿命はあまり長くないので、展示に持っていきます。

    希望者へはお分けします。

     

     

    クラゲ飼育・・・

    場所も取らないし、海水もまとめて作っておけばそれほど大変ではないし

    その生態もあまり解明されていなので、始めて知ることもきっと多いし・・・・・

    飼育したら楽しいと思います。

    ただ、餌はちょっとめんどくさいといえばめんどくさい。

    ブラインシュリンプエッグという小さなエビの耐久卵を海水に浸けて、24時間で孵化させます。

    孵化には28度くらいが必要なので、部屋の中の温かいところに置いてください。

    孵化したものはそのまま与えず、かならず、濾して、上から少し海水をかけてあらって、きれいな海水の中に放ち、それをスポイトで吸って与えます。

    給餌後数時間後に、別の容器に新しい海水を入れて、クラゲを移します。

    ルーチンワークとしてこなしていくと、それほど苦ではありません。

    大きくなったらそれなりの水槽が必要ですが、サカサクラゲでは17cm角くらいのもの。

    ミズクラゲでは20×30cmくらいの水槽を使っています。

     

     

     

     

    微生物飼ってみませんか?

    金魚みたいに、泳いでいる姿が見えるわけではないので、面白くないといえば面白くないのですが、

    ルーペやL-eyeで観察すると楽しいです。

    ゾウリムシはメダカの餌として、ネットでも販売されているのですが

    なかなか入手が難しいボルボックスをアクアリウムバスでは販売します。

    ペットボトルの外側からルーペで観察すると、小さな緑色の丸いやつがクルクルと回りながら遊泳しているのが観察できます。

    餌も水替えも不要です。

    どんどん殖えるので、1ヶ月に一度、密度が高くなったら植え継ぎといって新しいペットボトルに個体を少し移します。

     

     

    アクアリウムバスでは

    海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする