天氣後報 II

豆標本ブック

2017.12.06 Wednesday 14:45
0

    三省堂さんで 『瑠璃ものがたり』というイベントをするので、『鉱物のお菓子』とコラボ企画をしたいと玄光社編集者から相談がきたのが11月中旬。

    ゆるくOKをしたまま、琥珀糖やクッキーなどはそれぞれシャララ舎さんとアドリアくんに直交渉してもらい、ノータッチに。

    その後、大変なことが続いていたため、すっかり忘れていた頃、初めてお会いすることとなったのが11月30日。

    怒涛の半月をやり過ごした後で、これまた、うっかり安請け合いしてしまった、商品納品・・・・・

     

    でも頑張らねばと頭のスイッチを切り替えて、

    まずは豆標本ブックを作りました。

     

    多分これは 『瑠璃ものがたり番外編 蛍石総選挙』という企画用なのかもしれません。

    ただ、いただいた企画書を見ると12/11から始まる・・・・・タイトすぎる。間に合うか・・・・・。

     

     

    三省堂さんからの依頼はイリノイとビンガムの八面体蛍石のものを各10。

    たった20個じゃないの!と言われそうですが、結構大変なのでしたが、作りました。

     

    豆標本ブック/きらら舎

    豆標本ブック/きらら舎

    豆標本ブック/きらら舎

    ビンガムはサイズも色も異なります。

    中がわかるように袋に入れました。

     

    豆標本ブック/きらら舎

    イリノイは袋詰めしちゃってから撮影したので、みづらいかもしれませんが、こんな感じ。

     

    豆標本ブック/きらら舎

    きらら舎分も5づつ作りました。

    今夜か明日早朝にアップします。

     

    そういえば、2年前に『鉱物レシピ』の撮影をして、何かの拍子に元の箱に戻せなかったんでしょう、イリノイ州産の八面体が鉱物抽斗を整理していたら、いくつか出てきました。

    オールドコレクションの八面体の中では落選したものたちです。はねておいたままになっていました。

     

     

    豆標本ブック/きらら舎

    落選したとはいえ、これが本当のオールドコレクション。

    スマホ撮影なので色が少し飛んでいますが、青色はインクブルーです。

    青色と水色があり、いずれも色が濃いです。

    少し緑がかったものがあって、当時はビンガム産のほうが安かったので、混入させたんじゃないかと疑っていたものが左の上のもの。

    ただ、ビンガム産とイリノイ州産では透明度が違います。

    イリノイ州産八面体では水色と黄色は時々オールドコレクションカラーと思われるものが現在のものに混ざっていますが、ピンクはほとんどありません。

    やっぱりきれいです。

    年始のラッキーバッグセールに、これで豆標本ブック作ろうと思います。

     

     

     

     

    鉱物(第壱標本室) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする