天氣後報 II

12月の鉱物販売/青針銅鉱

2017.12.07 Thursday 12:00
0

    青針銅鉱(せいしんどうこう)/Cyanotrichite (シアノトリカイト)

     

    Qinglong,GuizhouProvince,China

     

    きらら舎で扱う価格ランクは特別な場合を除き、5000円未満のものが大半です。

    これも万単位で出資すれば、ベルベットのようなハイランクな標本が手に入ります。

    以前、小さな鉱物店(今はありません)で、まだ十代だったわたしは石マニアのお兄さん・おじちゃんがいる、その小さな店に勇気を出して入ってみました。

    その時に、おじさんが「ベルベット鉱」と呼んでいた鉱物があったのですが、

    その後、この青針銅鉱をそういう名前で呼ぶ人がいることを知りました。

    長い間、それに気づかなかったのは、当時みた標本が本当に光沢のある青いベルベッドで覆われているようなもので、その後、自分のお小遣いで購えるランクの青針銅鉱とは別物だったからです。

     

    英名にシアンとあるので、シアン化合物なのかなと思いがちですが、名前の由来はギリシャ語のcyano(青)とtrich(毛)です。

    青い毛の石という意味ですね。

    日本語になると「毛」が「針」となるわけです。

    しかしルーペで観察すると、放射状に針のような結晶が伸びているものを見ることができます。

    ちょうど青いウニみたいな結晶です。

     

    青針銅鉱/きらら舎

    青針銅鉱/きらら舎

     

     

     

    青針銅鉱の硫酸塩(SO4)の一部が炭酸塩(CO3)に置き換わると炭酸青針銅鉱と呼ばれます。

    ともに銅の二次鉱物で銅鉱脈の酸化帯で採れます。

     

    銅由来の青は、硫酸銅(胆盤)など、どこかケミカルで鮮やかで素敵です。

     

    A

    青針銅鉱/きらら舎

    青針銅鉱/きらら舎

    青針銅鉱/きらら舎

    青針銅鉱/きらら舎

     

    小さ目な標本ですが、結晶はびっしりついています。

     

     

    B

    青針銅鉱/きらら舎

    青針銅鉱/きらら舎

    青針銅鉱/きらら舎

    結晶部分はまばらですが、緑の鉱物に変化した部分もあり、ルーペで観察すると面白い標本です。

     

     

     

    C

    青針銅鉱/きらら舎

    青針銅鉱/きらら舎

    青針銅鉱/きらら舎

    これも青と緑、一面に広がったもの、丸いもの・・・・いろいろな状態の結晶が観察できます。

     

     

    D

    青針銅鉱/きらら舎

    青針銅鉱/きらら舎

    青針銅鉱/きらら舎

     

     

    E

    青針銅鉱/きらら舎

    青針銅鉱/きらら舎

     

     

    F

     

    青針銅鉱/きらら舎

    青針銅鉱/きらら舎

     

     

    G

    青針銅鉱/きらら舎

    青針銅鉱/きらら舎

     

    H

    青針銅鉱/きらら舎

    青針銅鉱/きらら舎

     

     

     

    鉱物(第壱標本室) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする