天氣後報 II

ピロキスティス

2017.12.24 Sunday 14:26
0

    海生植物プランクトンです。

     

    Pyrocystis fusiformis (ピロキスティス・フィシフォルミス)

     

     

    三日月型の細胞の真ん中に核があり、ルーペで見ると三白眼がたくさん浮かんでいるようです。

    葉緑体を持ち、分裂で無性生殖します。

     

    ピロキスティス/きらら舎

    ピロキスティス/きらら舎

    ピロキスティス/きらら舎

     

     

    ご注文の後には、容器をご用意ください。

    三角フラスコなどがインテリアにもなって素敵です。

     

    理化学用品の耐熱ガラス製のものを用意してください。

     

    熱湯で滅菌しておいてください。

    栓はコルク栓でかまいません。

    栓がない場合はアルミホイルでフタをしておいてください。

     

    海水を用意できる場合は1.023〜1.025で作っておいてください。

    用意ができない場合は、ご注文時にオプションで海水も選択してください。

    オプションの海水は500ml分です。

     

    インテリアに適当な三角フラスコだと300mlくらいかと思いますので

    到着後、三角フラスコの目盛りを見ながら海水を200mlほど入れます。

    そこへチューブに入っているピロキスティスを海水ごとフラスコに入れます。

     


    これでお届けします。

     

    チューブに海水を8分目ほど入れて軽くふり、チューブ内部に付着している(かもしれない)ピロキスティスを海水ごとフラスコに入れます。

    フタをして完了。

    (満タンにはしない)

     

    飼育(培養)はいたって簡単。

    室内の直射日光が当たらない明るい場所に置きます。

    適正温度は15〜25度。

     

    この緩やかな光で光合成をします。

     

    夜は10時を過ぎたら、部屋の明かりの当たらない場所へ移動してください。

    黒い紙や箱をかぶせてもいいでしょう(温度に注意)。

    こうして、昼と夜のサイクルをきちんと作ると、暗くしてから数時間後、

    刺激を与えると青く発光します。

    ただし、面白がってしょっちゅう光らせていると弱ってしまいます。

    また、発光で出た物質で水質が悪化します。

    夜中に目が覚めた時に、ちょっとたたいてみる・・・・・くらいが長く培養するコツです。

     

    殖えてきたなと思ったら、植え継ぎをしてください。

    新しい容器をもう一つ用意して、そこへ半分ほど注ぎ入れ

    残った分を海水で薄めます。

     

    ご注文は気温が高い時期には店頭受け取りのみとなります。

    冬季は寒冷地への発送はしません。

    容器:
    海水:
    数量:

     

     

     

     

     

     

    海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする