天氣後報 II

ミドリイシ

2018.01.15 Monday 10:49
0

    正月三が日開けの1月4日。

    母の病院の帰りに、特別な用はなかったのだけれどペットショップに寄ってみました。

    母は自分の猫に流行りのペースト状おやつを大量飼いし、わたしは、有孔虫用に小さめなライブロックを買うことにしました。

    しかし、海が荒れているとかで販売用のライブロックはありませんでした。

    (アクアリウムショップの生体〜ライブロックも含めて〜って、実は長く店で維持しているわけではないのかもしれません)

     

    そうしたら、数時間前に破損させてしまったサンゴ付きのものはいかがと勧められました。

    折れた部分はそのうち再生するというので、ミドリイシとしては安価で購入してきました。

     

     

    ミドリイシ。

    刺胞動物の仲間で、花虫綱、六放サンゴ亜綱、イシサンゴ目、ミドリイシ科、ミドリイシ属に属するの種の総称です。

    いわゆる「サンゴ礁」というときに登場する造礁サンゴ。

    しかし、ペットショップ(の、アクアリウム担当)のお兄さんは「トゲサンゴ」とか「エダサンゴ」とか呼んでいました。

     

     

    ミドリイシ/きらら舎

    「トリアエズ」の水槽に放りこみました。

     

    毒吐くかも?

    再生にはどのくらいかかる??

     

    そんなことを調べるために、すぐに有孔虫の水槽には入れられなかったのです。

     

    もともと美しく素晴らしい水槽システムとは無縁なので、結果的に美しいサンゴや華やかなイソギンチャクは我が家にはいません。サンゴについても知識がありませんでしたので。

     

    ラッキーバッグセット&発送に追われるまま、放置したのが上の写真。

    無残にぽっきりと折れたままです。

    彼(ミドリイシくん)の怪我から約1週間後。全然再生してきません。

     

    調べると、飼育は難しいらしい。

    ミドリイシだけど緑じゃないし、すでに死んでいるのかも・・・・・と思ったりもしました。

     

    そして、今日。

    ミドリイシ/きらら舎

    かなり再生しているような・・・・・

     

    こんな炭酸カルシウムの塊みたいな、石みたいなものが、ちゃんと生きてるんだなあと、生き物の生命力に驚いたり。

    ちゃんとエアレーションして光をあててあげようと思います。

     

     

    海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする