天氣後報 II

インディアナポリスの黄鉄鉱球

2018.01.18 Thursday 12:55
0

    多分、ほとんどみかけないインディアナポリスの黄鉄鉱球。

     

    黄鉄鉱球/きらら舎

     

    産出がとても少なく、ミネラルショーなどで見かけることがあっても、ほとんどがコレクター放出のものなのでした。

     

    今回は少しまとめて入荷することができました。

    価格も安かったので、デッドストックか最近採れたものなのかもしれません。

     

    とりあえず、今までは探そうとしてもなかなか売っていなかったものです。

     

    パイライトボールとして販売されているものは、天然のものでは中国産の白雲母球にちょっと似た感じでアルマジロが丸まっているようなものです。

    それ以外の中国産、あるいはペルー産などでパイライトボールというものがあれば、それらは研磨で丸くしているものです。

    合わせてパイライトエッグ(卵型に研磨している)なんてものも並んでいるので、わかります。

     

     

    Indianapolis, Marion County, Indiana.

     

    インディアナポリスのものは天然のもの。

    まわりに成長を妨げるもの(他の鉱物とか)がなく、四方八方、自由に成長するとこんな形になります。

    黄鉄鉱の形については note のきらら舎鉱物手帖 に書きましたので、よろしければご覧ください。

     

    微細な結晶でできたボールから八面体結晶が成長しています。

     

    まずは週末のカフェで販売しようと思ったのですが、それほどたくさん売れるとも思わないので、先に3つだけアップしました。

     

    A 187.1g

    黄鉄鉱球/きらら舎

    黄鉄鉱球/きらら舎

     

     

     

     

    B 162.2g

    黄鉄鉱球/きらら舎

    黄鉄鉱球/きらら舎

     

     

     

    C 161.3g

    黄鉄鉱球/きらら舎

    黄鉄鉱球/きらら舎

     

     

    D  177.7g

    インディアナポリスの黄鉄鉱球/きらら舎

    インディアナポリスの黄鉄鉱球/きらら舎

     

     

     

    E 157.0g

    インディアナポリスの黄鉄鉱球/きらら舎

    インディアナポリスの黄鉄鉱球/きらら舎

     

     

    F 193.5g

    インディアナポリスの黄鉄鉱球/きらら舎

    インディアナポリスの黄鉄鉱球/きらら舎

     

     

     

     

     

     

    鉱物(第壱標本室) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする