天氣後報 II

L-eye

2018.01.21 Sunday 10:48
0

    きらら舎の教材や実験器具、実験材料などのカテゴリー「教材室」にて、L-eyeの販売を再開しました。

     

    開発当初のものは、レーウェンフック式のボールレンズを使っていたので、すみのほうの収差が大きかったのですが、現在はどんどん開発されて、いろいろな種類のものができています。

     

    まずは、一番お手軽価格で、用途の広い「Larva@School」を入荷しました。

     

    L-eye/きらら舎

    たったこれだけなんです。

    これにクリップとシャーレ2つ、観察アイテムが付属します。

     

    【セット内容】
    ・L-eye Larva@School 1つ
    ・シャーレ 2つ
    ・乾燥ウミホタル 5〜6匹
    ・モルフォ蝶の翅(アルミ缶入り)

    乾燥ウミホタルは観察後、乳鉢ですりつぶして、暗いところで数滴の水を垂らすと、発光します。
    これはウミホタルが特別な技術で乾燥され、体内の酵素が保たれているため、すりつぶして酵素を出し、そこに水を加えることでウミホタルが発光する原理を再現できるためです。

    ウミホタルについては過去のブログをご参照ください。  ウミホタル飼育日記

     

    L-eye/きらら舎

    L-eye/きらら舎

    カメラのレンズ(バックカメラ)に合わせておいて、付属のクリップで固定します。

    カバーなどがあって、クリップが使えない場合は、はってはがせる両面テープで固定してください。

     

     

    L-eye/きらら舎

    そのまま被写体に向けて、距離を調節してピントを合わせて、撮影してください。

     

     

     

    L-eye/きらら舎

    画面側のレンズに取り付けるといろいろなことができます。

    しかし、スマホによっては自撮りモードでは拡大ができない機種もあります。

    その場合は、フロントカメラでもズームができる無料アプリ(ProCam)がありますので、それをインストールしてください。

     

    付属のシャーレを上にのせて、そこに観察したいものをおきます。

    ミジンコやクラゲポリプなどはスポイトで水ごと垂らします。

    蒸発を抑制するためにフタをかぶせます。

    上から光をあてたり、逆に白い紙をのせたりして、一番被写体が鮮明に見える工夫をするといい写真が撮れます。

     

    L-eye/きらら舎

    モルフォ蝶の翅

     

    静止画のほか、動画も撮影できます。

     

     

    他のシリーズも入荷予定です。

     

    商品写真は L-eye開発&販売元 Life is small. Company のもの

    商品説明などはLife is small. CompanyのWEBサイトをご覧ください。

     

    L-eyeの実演販売を兼ねたワークショップは定期的に開催しております。

    次回は決まり次第、ここに記載します。

     

     

     

    材料とキット(教材室) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする