天氣後報 II

今年のツダナナフシ

2018.05.03 Thursday 12:40
0

    昨年の8月21日に、アクアリウムバスでツダナナフシを買いました。

    甥と半分こして(バックアップの意味があります)孵化させました。

     

    昨年購入時のブログ   >>ツダナナフシ

     

    昨年はわたしは3つだけ担当しました。

    このうち、AとCが孵化しました。

     

    虫は苦手なので、孵化してからは飼育は甥の担当です。

    ツダナナフシはアダンという植物の葉しか食べません。

    アダンの栽培も、おばさんにああだこうだ(沖縄の植物なんだから、そろそろ家の中にしまいなさいとか)言われながらも甥がやります。

     

    孵化したのが9月中旬。

    数日に一度、霧吹きで水分を与えていたところ、フタの裏側に孵化したのがくっついていました。

     

    孵化した時のブログ  >>ツダナナフシ孵化!

     

    生まれたては結構可愛いです。

    若草色もきれい・・・

     

    ツダナナフシ/きらら舎

     

    孵化して数日後に発見

    ツダナナフシ/きらら舎

    ツダナナフシ/きらら舎

    ワレカラにも似てます。
    ツダナナフシは1989年に西表島で見つかったばかりのナナフシで、その大きさに驚く人も多いと思います。
    前述のとおり、餌はアダンという海浜植物なので、ツダナナフシを飼育する場合にはアダンの栽培が必須となります。
    ランニングコストを気にしない場合は葉1枚50〜100円くらいで通販でも販売されているようです。

    アダンの種子は浮力が大きいので、海流にのって熱帯から分布圏を広げてきました。
    ツダナナフシの卵も海水に浮きます。卵の内部はいくつかの層があり、中間にあるコルクの層によって浮力を得ていると考えられます。
    アダンを主食とするツダナナフシがアダンの種子と同様に海流に乗って移動ができるのは、棲息域の拡大と同時に餌の確保もでき、実に考えているなあと思います。

     

     

     

    最初の個体から2か月経過してからやっと孵化したもの

    ツダナナフシ/きらら舎ツダナナフシ

    生れたばかりの幼虫は水もよく飲みます。

     

     

    ツダナナフシ/きらら舎

     

    ツダナナフシ/きらら舎

    脱皮を繰り返して大きくなっていきます。
    だんだん緑が濃くなって縞模様がはっきりしてきました。

     

    ツダナナフシ/きらら舎

    そして今月。

    ずいぶん苦手な感じになってきました(笑)

    飼育容器にいるから怖くないけど、突然机の上に飛んで来たら、ぎゃあ!ってなりそうです。

     

    毒液を噴射します。

    ミント(湿布薬)のような香りがします。。

     

     

    今年は、夏を待たずに卵を入手することができました。

     

    ツダナナフシ/きらら舎

    また、半分こ。

    昨年のものより、少し色が薄い感じです。

     

    昨年は夏も終わり近くで、ここ数年は秋の訪れが早いこともあり、湿らせたティッシュは上にもかぶせていましたが、今年はこれから夏を迎える時期なので、上を覆うのはやめてみました。

     

    ツダナナフシ/きらら舎

    蒸れてカビが発生しないようにするためですが

    覆ってしまうと、孵化してすぐには気づかないというデメリットもあるので。


    研究によると、海水に浸された卵のほうが孵化率があがるとか。
    見た目的にやや心配な卵に関しては、海水に浸すという作戦も考えてみようかと思っています。

     

    ツダナナフシ/きらら舎

    ナナフシ容器、セット完了です。

     

     

     

     

    海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする