天氣後報 II

樅の樹のある風景ワークショップについて

2014.08.20 Wednesday 13:24
0
    先日予告しました、ワークショップについて、このページにて今後お知らせ&更新していきます。

    ワークショップ


    ★ 樅の樹のある風景
    (1)硝子ドーム ¥2000(小さな樹の数が少ないので常時ご用意はできません)
    高さ約45cmの小さな硝子ドームに高さ約3cmの小さな樅の樹を建てます。
    樅の樹には予め蓄光樹脂で台座を作ってあります。
    お客さまは、これをドームの台に接着し、その上に、カフェでご用意しました苔や芝生や蛍光石や小石などを配置してください。
    イルミネーション用蛍光粒と雪も硝子ドーム用の場合には季節を問わず、お使いいただけるようにします。


    (2)シャーレ ベース¥3000
    理化学硝子のシャーレ(2サイズあります)に、樅の樹を植えて、湖や家を建てていくものです。
    ベースキットには、シャーレ、樅の樹、陶芸作家さんが焼いた小さな家を含みます。この他、苔や小石、蛍光石、芝生など、カフェにある材料は自由にお使いいただけます。
    硝子ドームは当日で完成させてしまいますが、シャーレの場合は、季節に合わせて風景を演出していただけるよう、月によって使えるものを変えていきます。
    なお、一度、カフェで製作された方を対象に、追加した材料を通販にてご購入いただけます。
    オプションでプライザー(ドイツ)のフィギュアを店内にてお求めいただき使うことも可能です。
    光るキノコは9月27日より、ジオラマ用の雪は10月中旬より、イルミネーションは11月中旬より販売予定です。

    光るキノコ
    光るキノコ/きらら舎

    小さなキノコをご用意しました。
    白っぽいのは光るキノコ。ヤコウダケのイメージですが、軸を長くするとスケールがおかしくなるので、この程度。
    軸ははさみで長さ調節ができます。
    ドットのあるほうはバーナーワークの硝子製。そのため、針金がついていますが、最終的に切り落とします(植える際に扱いやすいので、つけたまま、お渡しします)。

    光るキノコ/きらら舎

    光るキノコ/きらら舎

    カサは光ります。大きさは4mmくらい。

    光るキノコ/きらら舎

    蓄光も明るいです。

    今まで、ワークショップでシャーレジオラマを製作された方へは通販します。
                                       >>詳細・ご注文

    【植え方】
    光るキノコ/きらら舎

    光るキノコ/きらら舎

    発送するキノコには蛍光蓄光する土台を付けてあります。
    短くしたい場合は、軸を切って、グル―ガン(ホットボンド)で立たせてください。
    このままの長さでよい場合は、先に敷いてある下草を箸の先などで擦り剥がして立たせてください。接着するものいいですし、ミネラルタックなどで仮止めするだけでもいいかと思います。枯草と芝生素材を同封していますので、台をそれらで覆ってください。枯草は適宜カットしてお使いください。


    ワークショップキット/シャーレのほうについては、カフェでのワークショップの状況と在庫数を調整して、余分にセットを組めそうであれば通販でのご提供も検討しております。

    オプションの販売などはこのページを更新して、ご案内していきますので、よろしくお願いします。

    10月11日のワークショップでできること(シャーレ)
    (1)樅の樹(他の樹もあります)を植えます。基本は1本ですが、オプションで複数植えることができます。
    (2)湖を作ります。
    スペースを占めるので、湖は作らないという選択肢もOKです。
    プライザーの牛フィギュアで牧場などにしてもいいかもしれません。
    (3)家を建てます。
    (4)地面を整えます。
    (5)光るキノコを生やしたり、枯草や倒木などを置きます(希望者のみ)。

    ★ 樅の樹のある風景/シャーレ 夏の終わり

    樅の樹のある風景/シャーレ 夏の終わり

    森の中。湖の畔にある一軒家。


    樅の樹のある風景/シャーレ 夏の終わり

    初夏には無数の蛍の乱舞が見られます。

    樅の樹のある風景/シャーレ 夏の終わり


    樅の樹のある風景/シャーレ 夏の終わり

    そろそろ夏も終わり・・・
    風が心なしか透きとおってきたように感じます。
    (湖はブラックライトで青く輝きます)

    樅の樹のある風景/シャーレ 夏の終わり

    夜中になると、満天の星空が湖に映ります。


    今回の小さな家は、八ヶ岳の麓の工房SPIRITさんが焼いてくれました。

    樅の樹のある風景/シャーレ 夏の終わり

    たくさんあると、ステルクララの町のようです。
    このまま建てても構いませんし、壁や屋根を塗装することもできます。

    湖に転がしている蛍石は接着していません。
    ご自宅で季節を加えて愉しむことを目的としていますので、接着しないで置くだけというのでもいいと思います。

    季節に合わせて樅の樹にイルミネーションをくっつけたり、光るキノコを植えたりできます。
    イルミネーションセット、キノコはワークショップをされた方は、その後、通販にてご購入できます。

     
    ワークショップ(cafeSAYA) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする