天氣後報 II

黄鉄鉱化したアンモナイト

2015.05.27 Wednesday 11:23
0
    在庫整理をしていたところ、仕入れてそのまましまいこんでいた黄鉄鉱化したアンモナイトを発見したので、セールします。

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    ロシアで採集されたジュラ紀のアンモナイト。

    貝の化石では方解石化していたり瑪瑙化していたりするものがあります。
    貝殻を構成する元素から考えて、方解石化することは想像がつきます。
    瑪瑙化は珪素、酸素を多く含む環境であったと考えられます。

    では、黄鉄鉱化はどうでしょうか。

    黄鉄鉱の化学組成式は FeS2 です。つまりは硫化鉄。
    黄鉄鉱化したアンモナイトは、硫化水素を豊富に含み、かつ酸素が少ない環境で永い時間をかけて殻の炭酸カルシウムが硫化鉄に置き換わってできたものです。
    硫黄というと真っ先に火山を思い浮かべるかと重いますが、実際には、嫌気性の微生物が排出した硫化物が原因と考えられています。

    黄鉄鉱は表面が錆びやすく、今回も、1つだけ光沢を失っていたものがありました。

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    まあ、これはこれでいいのですが、光沢を復活させる作業をしてみます。

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    まずは金ブラシでこすり、錆びてしまった部分を落とします。
    KentStudioから拝借してきた年期の入ったブラシ。汚いのですが、新しいブラシよりも標本を傷つけません。
    力を入れずにそっと磨きます。
    ちなみに金ブラシは真鍮です。硬度は黄鉄鉱よりも低いので力を入れても傷はつかないのですが、黄鉄鉱といっても純粋ではない
    ので、ちょっと慎重に磨きました。

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    ちょっと光沢を取り戻しました。

    さらにピカピカさせたい場合は、真鍮磨きワックスなどで磨くといいかと思います。

    さて、裏面。
    個体差はありますが、オパール化しているものが多くあります。

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    オパール化というと、本来は全体がオパールに置き換わっているものを指すので、正確には
    「表面がオパール化した」となります。

    さらに厳密にいえば、「黄鉄鉱」や「オパール」自体ではないので、成分が同じと考えるといいかもしれません。

    今回販売するものはすべて内部が露出しています。
    これはスライスしているものではなく、1つの標本の片面だけを研磨して内部が見えるように加工したものです。

    A
    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎



    B
    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎


    この標本でみると、内部を露出させるために表面を研磨しているということ(スライスではない)がわかります(厚みがある)。
    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎



    C
    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎




    D
    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎




    E
    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎




    F
    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎



    G
    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎



    H
    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎



    I
    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎



    J
    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎



    K
    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎



    L
    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎

    黄鉄鉱化したアンモナイト/きらら舎



    小さなものを使って、以前、BlackSheepがドールマントを作りました。





                          >> BlackSheepの関連ブログ記事


    標本として飾るだけではなく、何かいろいろ活用してみてください。



     
    化石(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

    コメント

    コメントする