天氣後報 II

1月の鉱物標本/海色森色螢石

2018.01.17 Wednesday 13:50
0

    中国産の海色山色螢石、再入荷しました。

    今度は大きなものが多いです。

     

    下の写真で右下2番目のもので21.5g。

    その左が18.5g。

    だいたい、10〜25gくらい。

    これを2〜3個とりまぜて、40〜50gセットで送ります。

     

    海色山色螢石/きらら舎

    海色山色螢石/きらら舎

    海色山色螢石/きらら舎

    海色山色螢石/きらら舎

    海色山色螢石/きらら舎

    鉱物(第壱標本室) | comments(0) | - | - |

    note始めました

    2018.01.16 Tuesday 12:30
    0

      年始に昔の知人と再会しました。

      そして彼女から「note」のことを教えてもらいました。

       

      以前は新しいWEBサービスにはすぐに飛びつき、というか、それも仕事の一つでした。

      しかし、かなりの確率で淘汰されます。

      WEBの仕事をやめて10年が経過し、そのころ流行っていたセカンドライフなども消え、

      複数運営していたWEBサイトも現在は2つ(カフェときらら舎)。

      べったべたの手書きHTMLで基本ページを作ってしまっているきらら舎(カートシステムが吐き出すページデザインが気に入らなかったので)と、WordPressで作ったカフェのサイト。

      どちらもそろそろリニューアルしたいなあと思いながら、増築に増築を重ねてしまったきらら舎は特に、難しくなっています。

       

      とりあえず、ブログ記事にリンクをはっていく方法でなんとかしのいでいるのが現状。

      しかし、そのブログも商品説明と日記的なことが混ざってしまって、商品説明を見たい方に余計な記事も見せることになると思い、昔、使っていたブログを再開させてプライベートブログにしてみたり。

       

      インスタを始めてみても、長続きしないし。

      FaceBookも個人ときらら舎とカフェをうまく統合できないし。

       

      そんな矢先、面白そうなので「note」始めてみることにしました。

       

      まずはプライベートブログの日記的カテゴリー「きららめくり」をリライトして移植しつつ、

      新しいノートを書いていきたいと思います。

       

      コバルト硝子/きらら舎

       

       

       

      お知らせと独り言 | comments(0) | - | - |

      1月の鉱物標本/オーケン石 カフェの売れ残り

      2018.01.15 Monday 12:21
      0

        カフェの売れ残りのオーケン石。

         

        オーケン石/きらら舎

        左から

        A     B     C     D     E

         

         

        A

        オーケン石/きらら舎

        オーケン石/きらら舎

        同じに見えますが、少し角度を変えて撮影しています

         

         

         

        B

        オーケン石/きらら舎

        オーケン石/きらら舎

         

         

         

        C

        オーケン石/きらら舎

        オーケン石/きらら舎

        オーケン石/きらら舎

        スマホ撮影なので、いまいちきれいではないですが、

        結晶は2つつながっていたものを1つを生かすために割られた感じです。

        つながっていた結晶が割られたことで細い結晶が放射状に集まっていることがわかります。

         

         

         

        D

        オーケン石/きらら舎

        オーケン石/きらら舎

         

         

        E

        オーケン石/きらら舎

        オーケン石/きらら舎

        小動物みたいな標本。

        少し汚れています(最初からこんな感じ)。

         

        オーケン石/きらら舎

        オリジナル紙箱に入れてお届けします。

         

        鉱物(第壱標本室) | comments(0) | - | - |

        ミドリイシ

        2018.01.15 Monday 10:49
        0

          正月三が日開けの1月4日。

          母の病院の帰りに、特別な用はなかったのだけれどペットショップに寄ってみました。

          母は自分の猫に流行りのペースト状おやつを大量飼いし、わたしは、有孔虫用に小さめなライブロックを買うことにしました。

          しかし、海が荒れているとかで販売用のライブロックはありませんでした。

          (アクアリウムショップの生体〜ライブロックも含めて〜って、実は長く店で維持しているわけではないのかもしれません)

           

          そうしたら、数時間前に破損させてしまったサンゴ付きのものはいかがと勧められました。

          折れた部分はそのうち再生するというので、ミドリイシとしては安価で購入してきました。

           

           

          ミドリイシ。

          刺胞動物の仲間で、花虫綱、六放サンゴ亜綱、イシサンゴ目、ミドリイシ科、ミドリイシ属に属するの種の総称です。

          いわゆる「サンゴ礁」というときに登場する造礁サンゴ。

          しかし、ペットショップ(の、アクアリウム担当)のお兄さんは「トゲサンゴ」とか「エダサンゴ」とか呼んでいました。

           

           

          ミドリイシ/きらら舎

          「トリアエズ」の水槽に放りこみました。

           

          毒吐くかも?

          再生にはどのくらいかかる??

           

          そんなことを調べるために、すぐに有孔虫の水槽には入れられなかったのです。

           

          もともと美しく素晴らしい水槽システムとは無縁なので、結果的に美しいサンゴや華やかなイソギンチャクは我が家にはいません。サンゴについても知識がありませんでしたので。

           

          ラッキーバッグセット&発送に追われるまま、放置したのが上の写真。

          無残にぽっきりと折れたままです。

          彼(ミドリイシくん)の怪我から約1週間後。全然再生してきません。

           

          調べると、飼育は難しいらしい。

          ミドリイシだけど緑じゃないし、すでに死んでいるのかも・・・・・と思ったりもしました。

           

          そして、今日。

          ミドリイシ/きらら舎

          かなり再生しているような・・・・・

           

          こんな炭酸カルシウムの塊みたいな、石みたいなものが、ちゃんと生きてるんだなあと、生き物の生命力に驚いたり。

          ちゃんとエアレーションして光をあててあげようと思います。

           

           

          海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

          オウムガイペンダントトップ2

          2018.01.15 Monday 09:31
          0

            オウムガイにレジン流して、切断して、スターリングシルバー925の金具を付けた、手作りアクセサリーです。

             

            第2弾が届きました。

             

            今回のカラーバージョンは青紫色です。

             

            オウムガイペンダントトップ/きらら舎

            オウムガイペンダントトップ/きらら舎

            透明なほうの金具はシンプルです。

            シンガポール人的な葉っぱが並んだデザイン。

             

            オウムガイペンダントトップ/きらら舎

            青紫色は蔓性植物の飾り。

             

             

             

             

            波の音標本室 | comments(0) | - | - |