天氣後報 II

3月の鉱物標本/ビンガム八面体蛍石G〜L

2017.03.20 Monday 11:21
0

    G 11.72g

    ビンガム八面体蛍石/きらら舎

    ビンガム八面体蛍石/きらら舎

     

    H 11.45g

    ビンガム八面体蛍石/きらら舎

    ビンガム八面体蛍石/きらら舎

     

     

    I 11.52g

    ビンガム八面体蛍石/きらら舎ビ

    ビンガム八面体蛍石/きらら舎ビ

     

     

     

    J 11.48g

    ビンガム八面体蛍石/きらら舎

    ビンガム八面体蛍石/きらら舎ビ

     

     

     

    K  11.76g

    ビンガム八面体蛍石/きらら舎

    ビンガム八面体蛍石/きらら舎

     

     

    L 11.99g

    ビンガム八面体蛍石/きらら舎ビ

    ビンガム八面体蛍石/きらら舎

     

    鉱物(第壱標本室) | comments(0) | - | - |

    チビビスマスワークショップ

    2017.03.19 Sunday 13:08
    0

      カフェで行っているビスマスワークショップは、現在は日曜カフェにて石華工廠さんを招いて行っています。

       

      石華工廠さんのビスマスワークショップは基本、見学ワークショップです。

      長年ビスマス結晶を作り続けている興味深いお話を聴きながらビスマス結晶を作るところを見学し、

      完成した結晶を選んで持って帰ることができるというもの。

       

      実際にお鍋でビスマスを溶かしてプリンカップサイズで作るのは、結構大変です。

      水の約10倍もの重さのビスマス。

      思った以上に扱いが難しいのです。

      たとえばお鍋にビスマスを熔かして持ちあげるとすでに数キロ。

      通常のお鍋の感覚とはかけ離れています。

      さらにお鍋や容器もステンレス製と書いてはあっても実際にはメッキがされていたり、アルミ成分が混ざっていたりしてうまく虹色に出ない場合が多くあります。

       

      しかし、一番の難関は、ビスマスの価格。

      作る分のせめて3倍の量が必要となります。

      そして、容器から不要なビスマスを鍋に戻す作業が一番緊張します。

      ヤットコやペンチで挟んでも中身を出すために傾けた時に、鍋にどぼん!・・・・・飛び散ったビスマスは300度近いので運よく火傷を逃れたとしても飛び散った際の床は焦げてしまいます。

       

       

      と、いうことで

      本格的にチャレンジする前の練習としてチビビスマスワークショップを行っています。

       

      重いので容器は小さく、さらにロス分がほとんどありません。

      容器が小さいから素晴らしい結晶はできませんが、要領は実感できると思います。

      さらに容器はお持ち帰りいただけるので、家で再チャレンジも可能です。

       

      さて。

      ここで作ったビスマスの欠片。

       

      そのまま飾るには少し小さいので、クラフトに最適です。

       

      チビビスマスワークショップおまけ/きらら舎

      時計の中の銀河の懐中時計ケースのチビバージョンです。
      チビビスマスワークショップのオプションで作れます。

       

      チビビスマスワークショップおまけ/きらら舎

      カバンシ石やウラングラス、歯車、燐灰石などを付けてみました。

      チビビスマスワークショップおまけ/きらら舎

      チビビスマスワークショップおまけ/きらら舎

      蛍光石は蓄光します。

      ワークショップ(cafeSAYA) | comments(0) | - | - |

      3〜4月の予定と新着標本紹介その1

      2017.03.19 Sunday 12:12
      0

        昨年末から日常の雑事に追われておりましたが、なんとか少しづつ片付いてまりました。

         

        今週(今日から24日の金曜日まで)はツーソン仕入れを中心に商品アップを行っていきます。

        また、渋谷ハンズの展示に貸し出していたものが戻ってきたので、時計の中の銀河を販売します。

        25日(土)の営業日には整理できない切手の処分を兼ねた切手セールを行います。

        お席で選ぶものなのでご予約の方優先です。

         

        来週は本の撮影があるので、またきらら舎作業は停滞するかもしれませんが、4月1日(土)はその直前の撮影で標本などを移動するついでに断捨離を行い、現在メインテーブルにある標本と雑貨棚をの1段を占領していた紫水晶の処分セールを行います。

         

        オイル液浸標本キット(ハーバリウムキット)は4月2日より販売開始します。

         

        それから。

        カフェの隅っこのおんぼろトランクに投げ込まれているイリノイ州ケイブインロックの蛍石ナゲット。

         

        蛍石ナゲット/きらら舎

        蛍石ナゲット/きらら舎

        蛍石ナゲット/きらら舎

        ものによりますが、黄色い部分は白っぽく蛍光したり、紫部分が青く蛍光したり、インクルージョンが銀河のように浮き上がったりするものがあるので、ブラックライト照射しながら探してみてください。

         

        ナゲットはトランク内のものより少しだけハイランクで小さな欠片を袋詰めして、

        今週アップします。

         

         

         

        さて。

         

        それではツーソン仕入れ。少しづつアップしていきたいと思います。

         

        まずはイギリスロジャリー鉱山の強蛍光蛍石。

         

        ロジャリー蛍石/きらら舎

        選べません売りで、左3つは少し価格が低め。

         

        ツーソンには行って買付できないので、日本の取引のある業者さんから仕入れています。

        ロジャリー鉱山の蛍石は、わたしが蛍光鉱物に憑りつかれた(笑)原因となった鉱物。

        当時はブラックライト携帯などはしていなかったので、ただ「強蛍光」とラベルに書かれた石を買って、帰路で眺めていたところ、自然光で結晶の縁が青く変色していることに気づきました。

        なんだかとっても嬉しかった記憶があります。

         

        閉山したという噂は現実になったようで。

        やはりいい標本はなかったようです。

        ロジャリー鉱山の所有者はアメリカ人なのでツーソンショーでロジャリー鉱山標本は多く売られます。

        それでも、母岩付きのものは高いばかりで結晶がきれいなものはなく、

        分離結晶もこれだけ!というので、全部買い取ってきました。

         

        ロジャリー蛍石/きらら舎

        ロジャリー蛍石/きらら舎

        ロジャリー蛍石/きらら舎

        ロジャリー蛍石/きらら舎

         

         

        蛍光といえば。

        アリゾナ州の蛍石もきれいに蛍光しました。

        小さなものはカフェで販売していますが、大きなものを1つ撮影しました。

         

        アリゾナ蛍石/きらら舎

        アリゾナ蛍石/きらら舎

        アリゾナ蛍石/きらら舎

        青い蛍光がとてもきれいです。

         

        標本によっては霰石と思われる鉱物が随伴しているのですが、それが短波でエメラルドグリーンに蛍光します。

        蛍石と書かれた鉱物箱に蛍石じゃない標本もあったのですが、これが霰石メインみたいでした。

        短波でとても美しく蛍光しましたので、次回の蛍光鉱物観察会にてお披露目します。

         

         

         

        お知らせと独り言 | comments(0) | - | - |

        3月の鉱物販売/ビンガム産八面体蛍石個別指定A〜F

        2017.03.12 Sunday 14:08
        0

          メールソフトの不調などでアップが遅れました。

           

          ビンガム産蛍石の個別指定袋セットしました。

           

           

          A 12.34g 

          ビンガム産蛍石/きらら舎

          ビンガム産蛍石/きらら舎

          カラーチェンジはこんな感じ。

           

           

          B 12.65g

          ビンガム産蛍石/きらら舎

          やや大き目と小さ目のトリオです。

          わざと色味が違うものを選んでいます。

          ビンガム産は濃いものを好まれる方が多いようですが、個人的には右上のネオンブルーと、右下の淡い翠がかったものが好きです。

          すっごく濃い青は、場合によっては着色物も出回っているので、ご注意ください。

           

          ビンガム産蛍石/きらら舎

          ビンガム産蛍石/きらら舎

          淡い色のものは蛍光するものが多いようです。

           

          C 12.33g

          ビンガム産蛍石/きらら舎

          ビンガム産蛍石/きらら舎

           

           

          D 12.41g

          ビンガム産蛍石/きらら舎

          ビンガム産蛍石/きらら舎

          細かめ・・・・・

           

          E 12.37g

          ビンガム産蛍石/きらら舎

          ビンガム産蛍石/きらら舎

           

           

          F 12.93g

          ビンガム産蛍石/きらら舎

          ぴんぼけました。

           

          ビンガム産蛍石/きらら舎

          縞しまです。

           

          ビンガム産蛍石/きらら舎

          縞しまはカラーチェンジも縞にそって色が違うので面白いです。

           

           

           

           

           

           

           

          鉱物(第壱標本室) | comments(0) | - | - |

          ビンガムチップを劈開

          2017.03.10 Friday 11:58
          0

            気分転換にチップ割(笑)

             

             

            蛍石劈開割/きらら舎

            600円袋に2つ入っていた欠片のうちの1つ。

            縞しまだから、このままでもいいんですが、劈開面が割ってくれと誘うのです。

             

             

            蛍石劈開割/きらら舎

            まず、角。

             

            蛍石劈開割/きらら舎

             

            ワークショップでいつも説明している。

             

            頂点A・・・・・接する面が4つあれば生かす(それが八面体の頂点の1つとなる)

            頂点B・・・・・接する面が3つしかない場合は四面体に割り落とす

             

            割る方向はこんな感じ。

             

             

            蛍石劈開割/きらら舎

            パキッ

             

             

            蛍石劈開割/きらら舎

             

            蛍石劈開割/きらら舎

            どんどん割っていく・・・・・

             

             

            蛍石劈開割/きらら舎

            4つできました♪

            まだまだ小さいものなら割れそうな欠片があります。

            完成した八面体は鏨で整形します。

            慣れないと削って白くしちゃうだけなのでお勧めしません。

             

            ・・・・・ってこんなことしている場合ではないのでここまで。

             

            のちほど、八面体計量した個別指定販売分をアップします(夜かな)。

             

             

            鉱物(第壱標本室) | comments(0) | - | - |