天氣後報 II

メダカのはなし

2018.06.08 Friday 12:32
0

    昔、父が水盤や水連鉢でメダカを飼っていました。

    特に水連鉢のものは、メダカ自体をかわいがるというより水連鉢に発生するボウフラの駆除が目的です。

    また、メダカの糞や餌の食べ残しが水連の肥料にもなっていたのかもしれません。

     

    最近はグッピーがいるので、日本産のメダカには手を拡げていませんでした。

    ところが、カエルのオタマジャクシを飼い始めてから、餌用のメダカを飼育し始めました。

    しかし、ブラインシュリンプはまだしも、メダカを餌として与えるのに抵抗があり、オタマがカエルになってからはもっぱら青色を揚げる練り餌だけを与えているので、メダカ水槽は玄関先でグリーンウォーターになっていました。

     

    それでも時々は水を1/3ほど交換したり、殖えすぎたゾウリムシやミジンコを投入したりしていました。

     

    温かくなってきたので、理科室カフェでメダカの発生のワークショップを開催することにしました。

    ワークショップではきちんとした実験・観察を行うために開催日に合わせて教材として生体を別途仕入れます。

    しかし、その前に自分で予行練習をします。

     

    メダカの繁殖をしている方から殖えすぎた繁殖用の卵マットを販売してもらいました。

    品評会などに出せるいいメダカの卵がついています。

    いいメダカですが実験用に用意するものよりは断然に安いのです。

     

    小さな水槽に入れておくと到着した翌日にはもう孵化が始まっていました。

     

    が、ここで気づいたのです。

     

    そうだ!我が家の餌用だったメダカはどうしているのかと。

     

    玄関を出たところに置いてあるので家の出入りにはいつも目に入ります。

    グリーンウォーターの水面に大きなメダカの頭が数匹見えます。

    近づくとサッと潜ってしまいます。

    餌用だったけれど、今ではかなり大きくなっている様子です。

     

    たしかに、餌がよいのです。

    グリーンウォーターも見た目にはひどいけれど、案外、メダカの環境にはよいことがあるのかもしれません。

    さらにゾウリムシやミジンコにもいいのかもしれません。

     

    浮かべてあったホテイソウを引っ張り上げてみました。

     

    予測したとおり、ピカピカした小さな卵がついていました。

     

    メダカ/きらら舎

    メダカ/きらら舎

     

    ここで孵化しても親メダカの餌となるだけなので

    先にセットしてあったメダカ孵化水槽に移しました。

     

    メダカ/きらら舎

    メダカ/きらら舎

    メダカ/きらら舎

    黒銀色は先に買ったよいメダカ。

    黄金色は餌用だったメダカ。

     

    大きさの違いは生まれた日の違いです。

     

    6月16日の理科室カフェはメダカの発生観察です。

    受精してすぐ〜孵化直前の卵を観察します。

     

    観察して、スマホで撮影したら(スマホがない方は撮影した写真をチェキプリントで差し上げます)

    受精卵をそのままお持ち帰りください。

     

    水槽は下記が小さくてすべて一式揃ってこの価格なのでお勧めです。

    餌は受精卵と一緒に差し上げます。

    希望者にはゾウリムシも差し上げます。

    ゾウリムシは500mlのペットボトルに入れてお渡しします。

    ゾウリムシの餌も付けますので、ペットボトルで殖やしながら与えていくとよいと思います。

     

     

     

    夏休みの自由研究サポート付きです。

    詳細は当日、お問合せください。

    サポートには費用はかかりません。

     

    海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

    ナミビア産蛍石

    2018.06.08 Friday 10:08
    0

      久しぶりにカフェからナミビア産蛍石を持ってきました。

       

      ナミビア産蛍石/きらら舎

      コロンとした標本。

      1う1つの結晶は結構大き目ですが、突出してないので、目立たなかったのかもしれません。

      売れ残っていた割にはきれいです。

       

       

      ナミビア産蛍石/きらら舎

      結晶の透明度も高いので結晶を透かして奥がのぞける感じ。

      クラックに虹もでます。

       

      ナミビア産蛍石/きらら舎

      緑色に見えるのですが、光の角度をかえてよく観察すると縁が青紫色をしています。

      そのため、見る角度によってニュアンスが変わる不思議な感じがあります。

       

      ナミビア産蛍石/きらら舎

      ブラックライトで鮮やかな青色に蛍光します。

       

      ナミビア産蛍石/きらら舎

      しかし、部分的に蛍光が強いところと弱いところがあり、これもまた不思議な印影。

       

      ナミビア産蛍石/きらら舎

      角が丸い立方体をした結晶の内部に45度ずれた立方体があって、ブラックライトを当てるとゾーニングがわかります。

       

      ここの産地

      Okoruso Mine,
      Ojiwarongo,
      Ojiwarongo District,
      Namibia.

       

      小さな結晶はエッジがきっちりした立方体をしていますが大きく成長した結晶は、だんだん面取りしたような形になっていきます。

      中国福建省永春の蛍石は丸っこいですが、この面取りが進んだ感じの形なので、いろいろ見比べると 一見形が違う蛍石でも、形につながりがあることがわかります。

       

       

      鉱物(第壱標本室) | comments(0) | - | - |

      黒い森の蛍石 A〜D

      2018.06.06 Wednesday 07:40
      0

        ドイツ黒い森の蛍石。

         

        Oberkirch-Hesselbach,

        Schwarzwald 

         

        黒い森とは産地のシュヴァルツヴァルト(Schwarzwald)の和訳です。

         

         

        先週届いた少し大き目のもの。

         

        A

        黒い森の蛍石/きらら舎

        黒い森の蛍石/きらら舎

        淡い水色。

        氷河の氷といった風情です。

        劈開が素直そうで、かなりきれいなクラックが真っすぐにいくつか入っているので、八面体割りをしてみたら楽しそうです。

        この色の八面体、かなりきれいだと思います。

         

         

         

        B

        黒い森の蛍石/きらら舎

        黒い森の蛍石/きらら舎

        黒い森の蛍石/きらら舎

        濃い青がきれいです。

        蛍光も鮮やか。

         

         

        C

         

         

         

        黒い森の蛍石/きらら舎

        黒い森の蛍石/きらら舎

        黒い森の蛍石/きらら舎

         

         

        D

        黒い森の蛍石/きらら舎

        黒い森の蛍石/きらら舎

        黒い森の蛍石/きらら舎

        これも劈開割りするとよさそうです。

         

         

         

        鉱物(第壱標本室) | comments(0) | - | - |

        ボルボックス植継ぎ丸投げ

        2018.05.27 Sunday 12:19
        0

          ボルボックスの植え継ぎ元のボトルがたまり始めました。

          カフェご予約の方で、ボルボックスを培養・植え継ぎしてみたいという方へ、ボトルを差し上げています。

          (ご予約時、通信欄へその旨、ご記入ください。数に限りがありますので、必ずご用意できるわけではありません。)

           

          ★ 差し上げる培地について

          赤玉土入りのボルビック500mlペットボトル

           

          ★ ご予約からの流れ

          ご予約時に通信欄に「ボルボックス植え継ぎ丸投げ受け取ります」とご記入ください。

          文言はこのとおりである必要はありません。

           

                         ↓

           

          自動受付メールの後、ご案内メールを送ります。

          お渡しできるものがあるか否かをご返信します。

          なお、ご予約からご来店予定まで期間が長いと全滅してしまうため、

          ご来店予定まで2週間以内でのご予約に限ります。

           

                         ↓

           

          当日、説明をしてお渡しします。

          先にボルビック500mlをご購入いただいておくとすぐに植え継ぎができます。

          (ボルビックご持参は不要です)

           

          ★ ご来店&ご帰宅後

          炎天下、ボトルを持ち歩かないで済むようにご来店はできるだけ遅い時刻がよいです。

          お帰り時には寄り道をせず、できるだけそっとお持ち帰りください。

           

          予めご購入いただいたボルビックを100mlほど他のグラスにあけ、水の量を減らします。

          ボルビックは常温で1日以上置いたものを使ってください。

           

          お渡しした石灰石をピンセットでつまみ、直火で炙って滅菌し、ボトルにジュッと投入してください。

          お渡ししたハイポネックスを1滴入れてください。

          よく振って混ぜます。

           

          別の洗浄されたペットボトル(洗剤は使わないでください)に植え継ぎ前の水を静かに移します。

          赤玉土からの濁った水が混入しないよう、上澄みだけを入れます。

          コンタミしないようにフタをして直射日光の当たらない場所に置いておきます。

           

          残りの水は捨てて、赤玉土を水道水ですすぎます。

          耐熱の容器に赤玉土と水道水を入れて30分間、煮沸するか、または電子レンジで3分加熱します。

           

          アルミホイルのフタをして常温になるまで待ちます。

           

          温度が下がったら水を捨て、赤玉土をハイポネックスの入ったボルビックのボトルに入れます。

          多少混濁しますので、そのまま静置して水が澄むのを待ちます。

          これで新しい培地が完成しました。

           

          ルーペで見ながら大き目のボルボックスをピペットで吸い取って新しい培地にいれます。

          めんどうな場合は、水面に集まっているボルボックスをジャバっと50ml分くらいいれちゃいます。

           

          これで植え継ぎ完了。

           

          残ったボルボックス入りの水は、多くの人は捨ててしまうのですが、

          これも数本の培地を用意して分けてみてもいいかもしれません。

          常に数本を維持していると、バックアップとして、どれかが全滅しても安心です。

           

          ボルボックス

           

                 

           

          海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

          6月〜7月のカフェ&きらら舎 営業のご案内

          2018.05.27 Sunday 08:56
          0

            カフェはほぼ土曜日。午後1時から6時半の営業です。

             

            2月からの店舗づくりや本の製作のため、きらら舎への頻繁なアップができなかったため、在庫がたくさんになってきました。

            商品販売棚の整理もかねて、一部セール販売をします。

            6月2日(土)・9日(土)・16日(土)

             

            小抽斗などの什器も無料です(無料提供のものはご予約者に限ります)。

             

             

             

            6月2日(土)

            理科室カフェは結晶生成管と天気管

            両方でも、どちらか一つでも。

            結晶生成管の再結晶実験は天気管だけを選んだ場合でも行えます。

            結晶生成管に家を付けるのもオプションですができます。

             

            ★ご予約
            1:00〜2:30 >>ご予約・詳細
            3:00〜4:30 >>ご予約・詳細
            5:00〜6:30(理科室カフェ)>>ご予約・詳細

             

             

             

            6月3日(日)

            第31回東京国際ミネラルフェアにてサイン会を行います。

            ・・・・・と、いっても今年出版の本は7月末なので、特に新刊はなく、

            カフェスタッフ縞子とサイン会机のところに座ってますので、ひやかしでかまいませんので、遊びにきてください。

            お立ち寄りくださった方に、何かささやかですが、お土産持っていきます。

             

            場所: ハイアット・リージェンシー東京/小田急第一生命ビル1F スペースセブンイベント会場

            ・・・・・ミネラルショーメイン会場の一つ上の階です。

            ミネラルショーのメイン入場口を素通りして建物奥のエスカレーターで上にあがってください。

            チケットも不要です。

             

            時間:決まり次第ここに掲載します。

             

             

             

            6月9日(土)

            理科室カフェは蛍石八面体劈開です。

            割り易いイリノイ州産蛍石が入荷できました。

            ベテランの方へはいろいろな産地(劈開があって八面体に割れるもの)をご用意します。

             

            ★ご予約
            1:00〜2:30 >>ご予約・詳細
            3:00〜4:30 >>ご予約・詳細
            5:00〜6:30(理科室カフェ)>>ご予約・詳細

             

             

             

            6月16日(土)

            理科室カフェは メダカの発生です。

            主にヒメダカ・クロメダカの受精卵の観察をし、ご希望者はそのままお持ち帰りいただけます。

            30倍と180倍の2種類のスマホ顕微鏡をお貸しします。

            180倍のほうは1テーブルに1つとなります。

            当日ご購入いただいて、それを使うこともできます。

            卵の中の心臓の拍動と血球の流れが観察できます。

            受精後3日〜6日の卵が混合されているので、いろいろな成長の段階を一度に観察できます。

             

            理科室カフェ当日はまだ受精卵のままです。

            受精日齢が異なる卵をご希望者の方へはいくつか差し上げますので、ご自宅にて観察を続けてください。

             

            生まれて数日は体内にある臍嚢に貯蔵されている養分で過ごします。

            生後3日後くらいから市販のメダカの稚魚用飼料か成魚用を乳鉢ですりつぶして粉にしたものを与えてください。

            4週から7週で8mm〜10mmに育ち、生後12週ほどで成魚となます。

             

            以下、小学生・中学生の自由研究用の参考にしてください

            ★ タマゴの中にいる子メダカの心拍数を毎日測定しグラフを作成する

            ★ 受精後3日目から体を動かします。成長していくと寝返りもたくさんします。

                毎日同じ時間に10分程度観察をし、どのくらい寝返りするか記録する。

            ★ メダカが孵化するときは頭からでるか、尾からでるか、瞬間を観察する。

            ★ 胸ビレが予定ふ化の1日前から激しく動きます。その理由を考察する(孵化酵素の話を当日説明します)。

             

            参加費用はお一人¥2000 付き添いの方は¥1000となります。

            卵をお持ち帰りになる場合もならない場合も参加費用は変わりませんが、ご自宅で継続して孵化までは観察することをお勧めします。

            飼育容器付きでお渡しします(ご予約時に持ち帰るか否か選択してください。ここで持ち帰りをお選びいただいた場合にのみ、容器付きとなります)。

            孵化まで観察したけれど、メダカは要らないという場合は、カフェまでお持ちいただければ引き取ります。

             

            いつか、めずらしい色のメダカの卵でもやってみようと思っています。

            ただ、メタリックブルーなどのメダカの卵も稚魚も弱いので、まずはヒメダカ・クロメダカで。

             

             

            ★ご予約
            1:00〜2:30 >>ご予約・詳細
            3:00〜4:30 >>ご予約・詳細
            5:00〜6:30(理科室カフェ)>>ご予約・詳細

             

             

             

             

            6月23日(土)

            理科室カフェは2週連続でビスマス鍋です。

             

             

             

            6月30日(土)

            理科室カフェは2週連続でビスマス鍋です。

             

             

             

            7月7日(土)

             

             

             

            7月14日(土)

             

             

             

             

            7月21日(土)・22日(日)

            博物ふぇすてぃばる!5 に参加のためカフェはお休みです。

            博物ふぇすおよび参加内容については 博物ふぇすてぃばる!5 に参加します をご覧ください。

             

             

             

            7月28日(土)

             

             

             

             

            カフェ(cafeSAYA) | comments(1) | - | - |