天氣後報 II

万華鏡のミラーの話

2014.10.03 Friday 08:25
0
    万華鏡のミラーについて、お問い合わせが多いので、まとめてみることにしました。

    まず、鏡のこと。
    何度かブログ記事に書いたと思いますが、普通の鏡は硝子に金属塗膜を作って、それに像を結びます。
    具体的には銀を還元液と共に吹き付けて、その上から保護のために銅を吹き付け、さらに保護の塗装をします。これを銀引きといいます。または、アルミニウムをベルジャという真空装置で蒸着させ、保護の塗装をする真空メッキという方法があります。
    もちろん、安い鏡では硝子ではなくプラスチックなどを使っているものもあります。

    こうしてできた鏡は、表面が硝子で、その向こう側に金属塗膜があるのですが、万華鏡で使う鏡は「表面反射鏡」と呼ばれる特殊なものです。その名の通り、鏡面加工が表面に施されています。もちろん保護の塗装はありません。そのため、金属塗膜が剥がれ易い、傷付きやすいというデメリットがあるのですが、硝子の厚みによる像のずれや硝子の色による影響がありません。
    表面反射鏡は、万華鏡以外にはカメラなどの光学機器に使われます。

    カフェのワークショップではすでに組み立ててある万華鏡にオブジェクトを入れるだけのものと、鏡から組立てるものがあります。鏡から組立てるのはボディーが紙筒なので、安価ですが、鏡の仕組みを実感することができます。このワークショップで使う鏡は安価なアクリルミラーですが、(保護シートの上から)表と裏を見極める際に表面に指先を付けます。爪と鏡に映った爪の間に隙間がないほうが表となります。

    一方、オブジェクトを入れるだけのほうは、先に本体は製作してあります。
    この理由は鏡の組み立てが難しいから・・・・・

    現在、製作をお休みしている木枯らしのエチュードという名前を付けた小さな万華鏡にも本物の表面反射鏡を使っていて、小さくカットすることが難しい上に、鏡の調整が難しいことがお休みの理由です。

    鏡は通常は長方形にカットします。
    この長さは接眼レンズの焦点に合わせています。
    前述のアクリルミラーのほうの万華鏡ワークショップでは台形ミラーを採用していますが、これはテーパード式と呼ばれるもので、像に立体感が生まれます(球体が見えます)。

    通常の万華鏡は長方形のミラー3枚を60°で組み立てますが、この鏡の枚数や組立て方によって、像が変わってくるのです。
    たとえば、現在販売している(ワークショップのオブジェクトカスタマイズでも使っている)万華鏡はミラーを二等辺三角形に組み立てています。この時、見える像を星型にしたいので、頂点の角度は360÷5=72°に設定しています。
    以前、木枯らしのエチュードで2ミラー六角形、3ミラー五角形などと記載していた多角形は組み立てるミラーの頂点の角度に因るものでした。

    次に、今回のお問い合わせの答えになるのですが、2ミラーと3ミラーのこと。
    3ミラーというのは3枚とも鏡のもので、2ミラーは底辺には鏡は使わない、つまり2ミラー。



    2ミラーだと丸い像になります。
    2ミラーに深海万華鏡と名付けたのは、蛍光させた時に、深海生物の海月に見えるから・・・・・海月やウニ、海星などは五角形ですので。

    一方3ミラーだと永遠に(といっても、まあ限界はありますが)像が拡がります。



    一般的に万華鏡というと、3ミラーをさすかと思います。
    どこまでも続く像がアラベスク模様みたいなので、アラベスク万華鏡と呼んでいます。

    2ミラーと3ミラー。好みは分かれると思いますが、その違いをたくさん見比べたい場合は、このブログの万華鏡カテゴリーを見ていただくといいかと思います。  >>万華鏡カテゴリー

    ちなみに、鏡の角度は前述のとおり、計算していろいろにできますし、鏡を4枚使ったり、筒状のものを使ったりなど、万華鏡の鏡は奥深いものがあります。4枚使うものは4ミラー万華鏡ですが、これを菱型に組むと、2点焦点の像が見えます。4ミラーの1枚を鏡でなくしたものはレクタンギュラーミラー万華鏡と呼ばれ、帯状の像が見えます。

    万華鏡/きらら舎

    ちなみに木枯らしのエチュードの画像。

    万華鏡/きらら舎

    万華鏡/きらら舎

    木枯らしのエチュードでもはやり五角形を多く作っていました。
    小さいので撮影もかなり大変です。

    万華鏡/きらら舎


    万華鏡/きらら舎

    万華鏡/きらら舎

    万華鏡/きらら舎



    ちなみに六角形は・・・

    万華鏡/きらら舎

    こんな感じ。雪の結晶っぽい像を作れます。

    万華鏡/きらら舎

    万華鏡/きらら舎

    万華鏡/きらら舎

    3ミラーも当時は丸く抜いてしまていたのでわかりづらいかもしれませんが、こんな画像がずっと続いてみえるというわけです。



     
    万華鏡(月光幻燈室) | comments(0) | - | - |

    蛍星の輪舞/万華鏡

    2014.10.02 Thursday 09:45
    0
      久しぶりに万華鏡を作りました。
      今回は、夏の間、たくさん仕入れた蛍石。

      万華鏡をくるくると回しながら眺めていると、どうしても「輪舞(ロンド)」という単語が浮かんでしまうので、安易に「蛍石のロンド」と名付けました。

      オブジェクト
      蛍星の輪舞/万華鏡

      透明〜白のイリノイ州産八面体蛍石を3つ。ピンク〜紫を2つ、ニューメキシコ州産の青い蛍石を1つ、そして、中国産の薄緑色の蛍光蛍石のチップを少々。細長いラインモチーフ用に繊維石膏、そして歯車などの時計部品。


      それから、今回はあえて蛍光石やウラングラスを入れずに両錐水晶を2〜3粒入れました。
      蛍星の輪舞/万華鏡

      蛍星の輪舞/万華鏡

      蛍星の輪舞/万華鏡

      オイルが入っているのでブラックライトでオイル部分が蛍光します。
      また、オイル入は内部に気泡やクラックが多く、ブラックライトを反射し反映し、光ります。

      蛍星の輪舞/万華鏡

      2ミラー(深海万華鏡)


      蛍星の輪舞/万華鏡

      3ミラー(アラベスク万華鏡)

      撮影のため、若干角度がずれていますが、肉眼で眺める時は覗き込む角度を少し変えると、ちょうど均等な五角形に見える位置があります。
      ミラー調節はきっちりしているので、なんだか像がずれていると思う時はお試しください。

      今回はあえてあまりいろいろなものを入れないでみました。
      オブジェクトは入替が可能ですので、お好みで、お持ちの蛍光石やウラングラス、他の鉱物の欠片などを入れてお愉しみください。

      ※ ほぼ同じ仕様でいくつか作りますが、鉱物ですので、全く同じに見えないと思います。
          オブジェクトの内容は同じです。
      万華鏡(月光幻燈室) | comments(0) | - | - |

      博物ふぇす〜理科趣味の部屋ヴァージョン万華鏡

      2014.08.07 Thursday 11:35
      0
        博物ふぇす、その後の理科趣味の部屋、プレルーチカカフェ(正八面体の美学)でも万華鏡を販売します。
        今回は八面体螢石入。

        博物ふぇす〜理科趣味の部屋ヴァージョン万華鏡

        雪の結晶の金属パーツと螢石。
        こんなのを入れます。

        博物ふぇす〜理科趣味の部屋ヴァージョン万華鏡


        博物ふぇす〜理科趣味の部屋ヴァージョン万華鏡

        これに歯車だけ入れて撮影してみました。まだ完成ではありません。

        完成品には水晶や繊維石膏、蛍光石などを加えます。
        他のオブジェクトを入れたものも少しだけ販売します。

        博物ふぇすでは時間があれば、ご希望でその場でカスタマイズできるようにしようかなとも思ったのですが、来場者数などがまったく読めないので、とりあえず、完成品を販売します。

         
        万華鏡(月光幻燈室) | comments(0) | - | - |

        万華鏡オブジェクト/氷と金属

        2014.07.11 Friday 09:23
        0
          中国産の水晶の欠片。
          小さな単結晶の欠片や、俗にファーデン水晶と呼ばれているような欠片まで・・・結局欠片なのですが。

          1つ1つは折れていたり欠けていたりしてあまりきれいなものではありません。
          なので、万華鏡のオブジェクトにすることにしました。
          カフェでのワークショップ(カスタマイズ)にも入れることができます(在庫終了次第、終了しますが)。

          万華鏡オブジェクト/氷と金属


          水晶の欠片は氷の結晶のようで、
          これに歯車2種類とその他の部品(リューズや針なぢ)を1つ、そしてビスマスの小さな欠片のセットです。
          水晶欠片は15個入っています。

          万華鏡オブジェクト/氷と金属

          万華鏡オブジェクト/氷と金属


          万華鏡オブジェクト/氷と金属

          蛍光砂なども一切いれないで撮影しました。
          水晶は半量(6〜8個)だけ入れています。全部入れると多過ぎになります。

           
          万華鏡(月光幻燈室) | comments(0) | - | - |

          万華鏡/菫と雪の結晶

          2014.05.30 Friday 11:01
          0
            万華鏡の本体がいくつかできたので、オーダーを受け付けます。

            今回オーダーいただいた方は無料で光る雪の結晶を(ご希望があれば)入れます。

            万華鏡/菫色の幻想


            今回はわかりやすいように、雪の結晶1つとタンザナイト、ブルーカルセドニー、時計部品のみを入れています。
            上のほうの3枚は自然光。
            レースっぽいのが雪の結晶です。

            雪の結晶/きらら舎

            雪の結晶/きらら舎

            ブラックライトで青色に光ります。

            今回は、わざと繊維石膏や蛍光砂を入れずに撮影しました。

            オーダーの際にはお好きな色合いをお選びいただき、ご希望があればオプションの鉱物もお書きください。
            雪の結晶は通信欄に「雪の結晶希望」とお書きください。
             
            万華鏡(月光幻燈室) | comments(0) | - | - |