天氣後報 II

豆ウニのプレパラート仕立て

2014.06.07 Saturday 16:20
0
    小さなウニと小さなウニの標本が入荷しました。

    まずは現生のウニ。
    【ウニ/棘皮動物 Echinocyamus pusilus】
     Cadzand-Bad, Holland

    uni4.jpg

    uni5.jpg

    uni6.jpg

    上のウニは直径約8mm程度。
    下のものでも10mm程度。
    とてもちいさなウニです。

    uni7.jpg

    中はこんなです・・・という見本。


    uni1.jpg

    こちらは化石。
    化石なのでラベルをエイジング加工しています。

    uni2.jpg

    uni3.jpg

    こちらも直径12mm程度です。
    化石のほうは来週から販売予定。
    化石(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

    硝子ドーム標本/ミニアンモナイト

    2014.04.05 Saturday 17:15
    0
      こちらも硝子ドーム標本なのですが、産地年代がはっきりしている標本なので、化石カテゴリーに分類しました。

      硝子ドーム入八面体蛍石

      硝子ドーム標本/ミニアンモナイト

      硝子ドーム標本/ミニアンモナイト


      小さなアンモナイトです。
      3つ作りました。
      空中に浮かんでいるようにするため、硝子に貼ってラベルを付けています。

      博物館などの隅で、メイン展示でもなく、ずっと置かれているような古い博物標本のミニチュアというイメージです。
      化石(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

      アンモナイト ネガティヴ化石

      2013.10.24 Thursday 13:24
      0
         【アンモナイト/Pleuroceras sp.】
        ジュラ紀前期(Lias) 約1億8000万年前
        Kalchreuth, Bayern,Germany


        アンモナイト ネガティヴ化石



        これは化石でも「ネガティヴ」と呼ばれているもので、アンモナイト本体ではなく、アンモナイトが存在していた痕跡の化石です。
        通常、アンモナイトは、三角錐形の管が螺旋状になっていて、中心は管が細いため凹んでいるのですが、それの痕跡なので、この化石は中心のほうが厚くなっています。
        金色は黄鉄鉱。
        螺旋階段のような造形は、よくできたオブジェのようです。

        オリジナルの紙箱に入れて、
        ラベル、イラスト、栞 を添えてお届けします。

        アンモナイト ネガティヴ化石

        Lサイズ
        箱のサイズ(身のほう)は6×6×3cm




        アンモナイト ネガティヴ化石

        Sサイズ
        箱のサイズ(身のほう)は4×4×2cm




        アンモナイト ネガティヴ化石

        Lサイズ
        いろいろな形です。

        アンモナイト ネガティヴ化石

        裏にもこんなものがあったり

        アンモナイト ネガティヴ化石

        側面がこんなだったり

        アンモナイト ネガティヴ化石

        こんなだったりするものもあります。



        アンモナイト ネガティヴ化石

        Sサイズ





        アンモナイト ネガティヴ化石

        1つだけ両面がわかる標本(Lサイズ)があります。

        これはネガティヴ。



        その裏はこんな。
        不完全なのですが、縁部分をみると、こちらはポジティヴのようです。
        これは店頭にて販売しています。

         

        化石(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

        方解石化した二枚貝化石

        2013.10.17 Thursday 12:11
        0
          方解石化した二枚貝(ホンビノスガイ)の化石。

          学名:Mercenaria permagna
          時代:新生代第四紀(約260万年前〜)
          産地:Ruck's Pit, Forrt Drum Cystal Mine,
                   Okeechobee Co., Florida, USA.

          机の上でそのまま撮影してしまったので、背景色が似ていて見づらいですが、
          本日販売分。

          A
          方解石化した二枚貝化石

          方解石化した二枚貝化石

          方解石化した二枚貝化石

          方解石化した二枚貝化石

          方解石特有のきれいな牙状の結晶が美しいです。
          二枚貝だったとわかる蝶番の部分も残っています。


          B
          方解石化した二枚貝化石

          方解石化した二枚貝化石

          方解石化した二枚貝化石

          方解石化した二枚貝化石

          Bの標本は小さいので、手頃な価格です。それでも方解石結晶の形も色もきれいで、二枚貝の形もよくわかります。
          蛍光もきれいです。


          C
          方解石化した二枚貝化石

          方解石化した二枚貝化石

          方解石化した二枚貝化石

          方解石化した二枚貝化石

          Cの標本も小さいですが、牙状の方解石の結晶がとてもきれいです。
          二枚貝の形も残っていて、外側にも化石になった場所の状態を想像させる痕跡があります。
          蛍光もきれいです。


          方解石化した二枚貝化石については、ルーチカ図鑑 鉱物 I にて、「幻想的であるが哀しい」と書きました。
          多分この蛍光の色が無機質な物体や鉱物の蛍光に比べて、どこか有機的な気がするからかもしれません。
          個人的には貝殻の廃墟みたいで好きな化石の1つです。


          方解石化した二枚貝化石
           
          化石(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

          方解石化した二枚貝

          2013.03.17 Sunday 21:35
          0
            二枚貝が永い年月を経て、風化し、やがて方解石化していった化石。
            これまでにもいくつかの標本を販売してきました。
            なかには「すっごくカッコいい」化石もありました。
            長く使っていたブログの容量がいっぱいになってきたので、少しづつこちらへ移動していますが、これよりさらにカッコイイ標本については、以前のブログをご覧ください。


            Frorida,U.S.A.

            A

            方解石化した二枚貝化石

            方解石化した二枚貝化石

            方解石化した二枚貝化石

            方解石化した二枚貝化石



            B
            方解石化した二枚貝化石

            方解石化した二枚貝化石

            方解石化した二枚貝化石

            方解石化した二枚貝化石

            ブラックライトで青白く蛍光します。
            化石(第弐標本室) | comments(0) | - | - |