天氣後報 II

フウセントウワタとケサランパサラン

2016.10.16 Sunday 13:00
0

    もう20年以上も前。

    当時80代後半のご夫婦が営んでいた呑み屋さんで、長い間大切にしているという「ケサランパサラン」を見せていただいたことがあります。

    お酒も呑んでいたし、店内も暗かったので、はっきりと観察できたわけではないのですが、桐の箱の中にたくさんの足をもった生き物がゆったりと動いていました。

    そして伝説どおり、おしろいが「えさ」として箱の中に入れてありました。

     

    人をかつぐようなご夫婦ではなく、蜘蛛でもなく、不思議な感じがしました。

    恐らくは何かの綿毛だと思いますが、種ともまた違ってみえる核のようなものがあって、見たことのある綿毛より毛の1本1本がしっかりしていて、それぞれが別の動きをしていましたのでケサランパサランかも(だったらいいな)と、少しだけ思っています。

     

    ところで。

    父が亡くなってから、屋上の植木類はほとんど片づけてしまったのですが(亡くなる数年前に、植木の世話があまりできなくなったのでしょうか。また、母が入院していたことなどもあり、ある夏に一気に枯れてしまったので、枯れた鉢を片づけたというのが正解です。その中の1つで現在カフェにある妖精の樹を作りました)、いくつか個人的な趣味で栽培しているものがあります。

    その中の一つがフウセントウワタ。

     

    フウセントウワタ/きらら舎

    これがフウセンという名前の理由。

     

    ガガイモ科(キョウチクトウ科)で学名はGomphocarpus physocarpus。

    風船玉の木(フウセンダマノキ)という別名も可愛いです。

    名前の響きほどフウセン(実)自体は可愛くはないですが。

     

    カフェの前には初夏になると自然にフウセンカズラが目を出し、時計草の蔓に絡まって育っていますが、フウセントウワタは秋に種を採り、春に種まきをします。

    同じ木の種だけで何年も育てるのではなく、時々違う種から育てたものも加えていくつかの株を同時に育てていきます。

     

    今朝。

    たくさんのふわふわが飛んでいました。

    1つのフウセンが破裂したようです。

     

    フウセントウワタ/きらら舎

     

    フウセントウワタ/きらら舎

    1つのフウセンから両手いっぱいの綿毛(種)が採れます。

     

    切り込んで室内に取りこめば越冬もできますが、スペース的な理由で一年草扱いをしています。

     

    キョウチクトウの毒については『魔法藥図鑑』にも以前書いたことがあるのですが、仲間なのでフウセントウワタにも樹液に毒があります。外で育てるほうが安心でもあります。

     

    最近、綿毛の話をよくしていますが、これも綿毛ですね。

    残念ながら実から出てくる時は、カマキリの子供が卵から出てくるのに似ていて、ちょっと怖く、まん丸く集まっている綿毛とは異質ですが、1つを手のひらに置いて眺めると、絹糸のような綿毛がそよ風にふわふわ動く姿が、昔見たケサランパサランにも似ていて癒されます。

    フウセントウワタ/きらら舎

     

    種が欲しい方はご来店のご予約の際に通信欄にお書きください。

     

    フウセントウワタ/きらら舎

     

    種は来年の春に植えます。
    その頃に土や蒔き方の説明をアップしたいと思います。

     

     

    植物その他(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

    綿毛標本

    2016.10.05 Wednesday 14:26
    0

      以前に作ったたんぽぽの綿毛フラスコと綿毛壜

       

      綿毛標本/きらら舎

       

      以前作ったミニチュア試験管入

      綿毛標本/きらら舎

       

      先日もドールカフェの実験室セットに綿毛標本を置いていました。

       

      欲しいという方が結構あったので、ちゃんと作ることにしました。

       

      綿毛標本/きらら舎

      採集&セット

       

       

      綿毛標本/きらら舎

      1日経過

      少し開いてきました。

       

      綿毛標本/きらら舎

       

      まだアンティークレースのような色をしています。

      屋上で見る綿毛は白いのですが、風景の中にあるから白く見えるだけで、白い紙を背景にしたりするとこんな感じなのかなあ・・・と思いながらも、乾燥が進むのを待ってみます。

      (変化があればこのページを更新します)

       

       

       

       

       

      綿毛標本/きらら舎

      豆電球仕様のほうは1日違いの4つ。

      だんだん開いていくのがわかります。

       

      ちょっときつきつだったかもしれませんww

      でもみっしり綿毛ってのも可愛いです。

      一日経過

      綿毛標本/きらら舎

      セットが少し早すぎたかもしれません。

      早過ぎたため、乾燥の速度が遅いようです。少し冷やしながら様子をみることにします。

       

      綿毛標本/きらら舎

       

       

       

      綿毛データ

       

      ミニチュア試験管入

      【姫昔蓬/ヒメムカシヨモギ】

      英名:Canadian horseweed

      学名:Conyza canadensis

       

       

      科:キク科 Asteraceae
      属 :イズハハコ属 Conyza
      種:ヒメムカシヨモギ C. canadensis

       

      明治維新のころから鉄道線路に沿って広がったため、ゴイッシングサ(御一新草)、メイジソウ(明治草)、テツドウグサ(鉄道草)などとも呼ばれた(『野に咲く花』山と溪谷社 )

       

       

      豆電球仕様

      【野襤褸菊/ノボロギク】

      英名:Common groundsel

      学名:Senecio vulgaris

       

      科:キク科 Asteraceae
      属:キオン属 Senecio
      種:ノボロギク S. vulgaris

       

      本来は春の花です。

      最近では春から夏によくみかけますが、今年はこの季節でも毎日数個の花をつけています。

       

      綿毛観察のために「雑草」と呼ばれる種類の植物も屋上で育てています。

      育てているというより、プランターに自生しているというほうが正しいのですが。

      今回、最初は「綿毛標本」でラベルを作りました。

      しかし、春に作ったミニチュア試験管入のものと今回のものは種類が異なるので、やはり、それぞれに植物名を付けました。

      ラベルは小さいので、

      ・和名の漢字表記

      ・英名

      ・学名

      を記しています。

      和名の漢字表記はかなりマニアックなので(好きなんですけど)、該当ブログに今回のようにデータを書いておきます。

       

      植物その他(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

      箱庭標本壜キット #002 湖畔の小さなおうちI

      2016.08.05 Friday 10:06
      0

        箱庭標本壜キット。第2弾はホソバオキナゴケだけを使った湖畔の風景。

         

        箱庭標本壜キット/きらら舎

         

        ブレンド土を5mmくらい入れます。

        スポイトで数滴水を垂らして混ぜておきます。

         

         

        箱庭標本壜キット/きらら舎

        ホソバオキナゴケ(ヤマゴケ)は予め、霧吹きで表と裏に水をかけて湿らせておきます。

         

        箱庭標本壜キット/きらら舎

        壜のカーブに合わない場合はいくつかにわけて植えます。

        裏面の茶色い部分が多い場合、または斜面を作りたい場合は少しカットします。

         

        箱庭標本壜キット/きらら舎

        家と湖を置く場所に白い砂を入れていきます。

         

        箱庭標本壜キット/きらら舎

        湖は平らな方が上(水面)となるように配置してください。

         

        箱庭標本壜キット/きらら舎

        湖、家、ビンガム産蛍石は湖と同じ色です。

        苔の境目などに置くと安定します。

         

         

        箱庭標本壜キット/きらら舎

        湖はブラックライトで光り、銀河の粒が、わずかですが蓄光します。

         

         

        植物その他(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

        箱庭標本壜キット #001 森の中の小さなおうちI

        2016.08.03 Wednesday 18:17
        0

          カフェのワークショップをキットにしました。

          苔は季節やタイミングで替ります。

           

          #001はホソバオキナゴケとコツボゴケで森の風景を作ります。

           

          箱庭標本壜/きらら舎

          付属のブレンド土を小さなスプーンで軽く2杯、いれます。

           

          箱庭標本壜/きらら舎

           

          深さは5〜10mmくらい。

          スポイトで数滴水を垂らして全体を混ぜておきます。

          (霧吹きだと表面にだけしか給水できないので最初はスポイトで、ごく少量、土に水分補給をします。

          あくまでも土が少し湿る程度です。びちょびちょにしないようにしてください。霧吹きで補給した場合も一度混ぜればOKです。)

           

           

          箱庭標本壜/きらら舎

          コツボゴケ。

          お届け分はこの杯くらいあります。

          コツボゴケは葉っぱが可愛いらしくて、ひょろっとした苔です。

          高さを演出するのに使えます。

          湿度や蒸れに弱いです(育て方は最後にまとめてあります)。

           

           

          箱庭標本壜/きらら舎

          田植えみたいにある程度まとめます。

           

           

          箱庭標本壜/きらら舎

          下の茶色の部分を切り落とします。

          根っこみたいですが、苔には根っこはありません。

          根っこに見える部分は仮根といって岩などにしがみつくための足みたいなものです。

          種類によっては地下茎で、そこから増えるものもあるのですが、コツボゴケは切ってしまっても問題ありません。

           

           

          箱庭標本壜/きらら舎

          田植えみたいに土にさしこみます。

          さらに周りの土を寄せます。

           

          箱庭標本壜/きらら舎

          土が薄くなったところへホソバオキナゴケを置きます。

          厚みがある場合は下を少し切りそろえてもかまいません。

          置いたら綿棒で少し押えて土にくっつくようにします。

          ついでに、綿棒で壜の内部についたゴミや水滴を拭いておきましょう。

           

           

          箱庭標本壜/きらら舎

          家のスペースに残りの土を入れて、盛り土をします。

          そこに家や鉱物などを配置します。

           

           

          箱庭標本壜/きらら舎

           

          蛍石をウラングラスを一緒に撮影し忘れましたが、

          空壜、家、土、苔、蛍石、ウラングラス・・・・・がセットです。

           

          箱庭標本壜/きらら舎

          #001はむかって左。

          次回は#002 湖畔のちいさなおうち I です。

           

          植物その他(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

          綿毛標本

          2016.05.12 Thursday 11:41
          0
            以前、ロケット標本ケースにたんぽぽの綿毛をおまけで入れて販売していたことがありました。

            たんぽぽの綿毛/きらら舎

            たんぽぽの綿毛/きらら舎


            ちょうど綿毛の季節なので、そんなところからお問い合わせがあったようで、数件あったため綿毛のドライフラワーについてツイートしました。しかし、その結果、かえってたくさんのお問い合わせが来たので、ここにまとめます。

            たんぽぽの綿毛を球状のまま保存したい!

            一番手っ取り早いのは固めてしまうことです。
            綿毛が開く直前で採集してくれば、一晩でまあるく開きます。
            茎ごと花瓶に挿しておけば簡単です。
            しかし、開いた綿毛はわずかの風でもふわりと飛んでいってしまいます。
            そこでヘアースプレーでがちがちにします。
            開きたてにスプレーすることが肝心です。

            さらに、茎はしなびてしまうので、最初からペーパーフラワー用の針金(針金に緑のテープを巻いたもの)などに換えておけばそのままドライフラワーとして楽しめます。

            個人的にはスプレーで固めるのは邪道だと思っていて(笑)

            それで理科の先生から教えてもらったのが壜に閉じ込める方法。


            花が終わると花の付け根の部分が膨らみます。
            この先っちょに、黄色い花の残骸があり、やがてそれがはずれると綿毛の一部が顔をのぞかせます。


            綿毛標本/きらら舎

            花の残りは引っ張るとすっぽり抜けます。

            綿毛標本/きらら舎



            この状態になったものを、この部分だけ採集してきて、シリカゲルを入れた壜に投入します。
            シリカゲルを入れるのはドライフラワーにするためです。
            ドライフラワーにすることで開いた綿毛は次の段階に進みづらくなります。つまり綿毛が抜けにくくなります。
            さらに硬化の効果(ダジャレではなく・・・)とカビ防止効果もあります。
            見た目がまあまあ可愛いように、わざと小袋から出してシリカゲルを入れています。シリカゲルは当分入れておいてください。

            たんぽぽの綿毛/きらら舎


            今回、この説明をするのに採ってきました。

            採ってきたものはそのままにしておけば、ほぼ一晩で丸く開きます。

            しかし、シリカゲル壜に入れたものは開くまでに若干時間がかかります。

            開いたらまた撮影してこのページに掲載します。

            ところで。
            一番気を付けなければいけないことがあります。

            昨年、ロケット標本に入れた綿毛も、今回採ってきた綿毛もすべて屋上で(栽培というか、もはや放置してますが)育てているものです。道端のものは絶対に採りません。
            なぜなら99%、汚いからです。
            自然が豊かな土地であれば話は別ですが、都内で道端に咲いているたんぽぽにはかなりの確率で犬がおしっこをかけています。
            さらに、犬が通らないようなところだと野良猫がマーキングしている可能性もあります。

            自分で楽しむ分にはいいのですが、もしプレゼントなどに使うには、予め栽培しておくようにしてください。

            屋上のたんぽぽはカントウタンポポで、セイヨウタンポポは交雑しないように隔離してあるので、あまり数がありません。
            カントウタンポポの種が採れたら、何か面白いものを作ってみます。

            ところで、
            屋上の雑草プランターに生えていた黄色い小さな花の綿毛のモト。
            ミニチュア試験管に入れてみました。
            今朝、開きました。

            これは面白いのでカフェにて消極的に販売します。

            たんぽぽの綿毛/きらら舎

            たんぽぽの綿毛/きらら舎

            (写真の透明な粒がシリカゲル)




            さて。綿毛、開きました。
            綿毛標本/きらら舎

            一気に開く場合もありますが、最初に30度、60度・・・・と少しづつ開く場合もあり、今回のこのフラスコでは開いたもののさきっちょが細いままでした。
            これは乾燥剤が足りなかった・・・・なので追加!!

            綿毛標本/きらら舎

            乾燥剤の投入で少し崩れてしまいましたが開きました。
            そのほかの壜も。
            (手前・・・左)のものはまだ完全に開いていなくって、これから下部分が開いてくると思います。

            壜の口が細いと面白いです♪

            綿毛標本/きらら舎
             
            植物その他(第弐標本室) | comments(0) | - | - |