天氣後報 II

理科室カフェ/天気管と結晶生成管

2016.10.02 Sunday 10:25
0

    2016年10月1日(土)

    今日の理科室カフェは天気管と結晶生成管。

     

    『鉱物レシピ』の原稿を書いていた時期はAMAZONで必要な試薬が簡単に購入できたのですが、その後、硝酸カリウムが入手困難になりました。

     

    時期的には、その夏に起こった中国天津の爆発事故以降に買えないという問合せが増えたので、そのせいかもしれないと思っています(勝手に思っているだけなので全く関係ないかもしれません)。

    実際に爆発事故のあった倉庫では硝酸カリウムが保管されていました。Wikiペディアでは「硝酸カリウム自体は燃えない」と書かれていますが、わたしはこれで線香花火を作ったこともあるし(理科教師らと学校で)、爆薬を作る材料であることには違いありません。

    とりあえず、中国の爆発事故の一番の問題点は硝酸カリウムではなく、禁水性物質に放水したからだと考えられますが・・・・・

     

    そういうわけで、本に書いちゃったのに作ることができないのは申し訳なく、なんとかならないかと考えていました。

    天気管に必要なもの・・・

    * 樟脳、エタノールの溶液

    * 塩化アンモニウム、硝酸カリウムの水溶液

     

    ならば!

    NH4Cl・・・KNO3・・・・・アナグラム的にシャッフルしてみると・・・・・塩化カリウムと硝酸アンモニウムでいけるのでは!?

     

    塩化カリウムは比較的簡単に入手することができました。

    アメリカの薬殺刑に使われると聞いたことがあったのですが、結局、生体においてナトリウムと拮抗的に作用する成分なので、大量投与すれば血圧低下など重篤な症状を引き起こすでしょう。

    現状では前述のとおり、降圧剤やカリウム投与の目的で医薬品として使われていますし、増粘安定剤として用いられています。

     

    硝酸アンモニウム・・・・・これはなかなか買えそうにありませんでした。硝酸カリウムと同様爆薬の材料のようです。スラリー爆薬の主成分で、含水爆薬だという記述を見つけました。つまり水溶液でも爆発するのか!!!!

    でも、さらに調べてみると別名が「硝石」です。水と反応すると急速に温度が下がるので瞬間冷却剤に用いられている・・・

    虹標本(液晶)をイベントなどで販売する際に温度を下げるための寒剤の成分を確認してみました。

    「硝石」

    間違いなく、そう書いてあります。

     

    それで、塩化カリウムとインスタント水枕から取りだした硝石を使って天気管づくりを始めました。

     

    今回もこれを使っています。

     

    天気管ワークショップ/きらら舎

    新試薬にて作った天気管たち。

    左の試験管3本は作りたてなので結晶はまだ安定していません。

     

    天気管ワークショップ/きらら舎

    樟脳とエタノール量って混ぜます。

     

    天気管ワークショップ/きらら舎

    硝石を加えます

     

     

    天気管ワークショップ/きらら舎

    純水を加えると一気に白濁します

     

     

    天気管ワークショップ/きらら舎

    試験管に移し

     

    天気管ワークショップ/きらら舎

    湯煎して再結晶させます

     

    本当は作った溶液をすべて湯煎すればいいのですが、試験管に入りきらない分量でしたので今回はこのようにしました。

     

    少量で作ると誤差が響くので100ml弱作りました。

    残った分もお持ち帰りいただきました。

     

    試験管と別の容器(余った分)を比較して、あまりにも様子が違うようであれば、試験管に移す際の撹拌が足りなかったと思われるので再度まぜてみてください。

     

    あとは、エタノールが蒸発した分、結晶が多くなっている場合もありますので、お渡しした調整液にて調整してみてください。

     

    天気管は不思議なもので、1か月以上もきれいな結晶なんてできそうもない状態であったとしても、根気よく、同じ場所(直射日光は避けてください)に置いてあまりに塊が浮かんでしまっている場合はときどき振って混ぜ、様子をみてください。

    だんだん結晶に透明感が出てきて、ある朝、きれいな結晶が生まれます。

     

    きれいな結晶ができるようになったら、試験管のネジキャップをはずし、口の部分に水道に使うシール(防水のテープ)を2巻してキャップを閉めてください。

     

    今回作った方でなかなかきれいな結晶ができない方、シールがわからない方は予めご連絡の上、ご持参いただければ対応いたします。

     

    次回のワークショップは11月12日(土)を予定しています。

     

    追伸:スノードームでの天気管は天気管の成分の相性が悪いので短期間で楽しむ以外にはお勧めしていません(ので、販売も中止しました)。同じ理由で調整中にはシールはしません(蓋はきっちり締めてください)。

     

    ワークショップ(cafeSAYA) | comments(0) | - | - |

    日曜ワークショップ/9月11日ビスマス

    2016.09.03 Saturday 07:51
    0

      まるまる1日。

      そのワークショップだけを愉しんでいただこうという「日曜ワークショップ」。

       

      9月11日(日)はビスマスワークショップです。

       

      ご予約には2種類あります。

      まずはビスマスワークショップのご予約

      ビスマスワークショップのご予約にはお席のご用意はありません。

      また高温で融けた金属を扱うため、基本的には説明を聴きながら結晶を作る工程を見るというものとなります。

      その場で作った結晶はお持ち帰りいただけます。

      作ったものの中に気にいったものがない場合は、先に作ってあったものから選ぶこともできます。

      また、大きな結晶が欲しい場合は、先に担当者へお申し出いただくと追加料金はかかりますが、大きな結晶を作り、それを持って帰ることができます。

       

      料金:3000円(大きな結晶は5000円)

       

      もう1つは鉱物タルトワークショップのご予約

      お席にてビスマスを使った鉱物タルトを作ることができます。

      基本的にビスマスワークショップの日なので追加ワークショップとなります。

      お飲み物のオーダーもできます。

      料金:2500円(お飲み物は含まれません)

       

       

       

      ☆ ビスマスワークショップはご予約がなくても参加できます(ご予約の方優先となりますが)。

      そこで、ビスマス、鉱物タルトを1名分ご予約いただいて2名でお越しになり、1名がビスマス、1名が鉱物タルトというのはOKです。

       

      当日はビスマス結晶の販売、ビスマスを使ったものの販売のほか、ビスマスの素材(チップ)の販売も行っています。

      少量のビスマスを入手されたい方はご利用ください。

       

      ビスマス/きらら舎

      ビスマス/きらら舎

      ビスマス/きらら舎

       

       

      ワークショップ(cafeSAYA) | comments(0) | - | - |

      生物と酵素の発光観察実験

      2016.08.14 Sunday 10:35
      0

        生物と酵素の発光観察実験。

        初回は2016年8月13日に行いました。

         

        (1)ウミホタルをマイクロスコープで観察してみる

        ウミホタルは大きいもので(メスのほうが大きい)約2〜3mm。

        肉眼でも確認できるくらいのサイズなので、顕微鏡では大きすぎるため携帯用のマイクロスコープで観察します。

        余談ですが、このマイクロスコープはきらら舎で販売している永久プレパラートペンダントのプレパラートを観察するためにオプションとして販売しているものです。さらに、このマイクロスコープのスコープ部分と照明部分とを分けて、スコープ部分にアームと台を付けてKentStudioがミニチュア顕微鏡に仕立てました。

         

        参加されていたお客さまは、渡されたウミホタル壜をそのままデジカメで撮影していました。

        マクロモードで撮影すると、そのままでもちゃんと撮影ができます。

         

        ウミホタル(乾燥)/きらら舎

        ウミホタル(乾燥)/きらら舎

         

         

        マイクロスコープ/きらら舎

        ウミホタル(乾燥)/きらら舎

        ウミホタル(乾燥)/きらら舎

         

        ウミホタルはエビやカニなどと同じ甲殻類です。

        学名:Vargula hilgendorfii (Müller, 1890)
        和名:ウミホタル
        英名:Sea-firefly

         

        全身は透明な2枚の背甲でおおわれています。写真の乾燥ウミホタルはその殻がカプセルみたいに見えます。

        マイクロスコープの写真をよく見ると、この2枚の殻の継ぎ目がわかります。2枚の殻は背中側で蝶番で接続された蓋のようになっていて、おなか側を自由に開閉させることができます。

        カラの中の体にはエビのような脚が7組と、トゲのあるシッポがあります。脚は、それぞれさまざまな形をしていて泳いだりエサを食べたりするのに使い分けられています。

         

        名前の由来は蛍のように発光するからです。ウミホタルは体内に発光物質(基質)ルシフェリンと酵素ルシフェラーゼを持っています。発光のしくみも蛍と同じなのですが、蛍の発光に関与する同名の発光物質ルシフェリンとは全く異なる物質なので、生物発光の研究では、区別するためにウミホタルルシフェリン(Vargula luciferin)と呼ばれます。

        ウミホタルが危険を感じたり、求愛のために体内のルシフェリンとルシフェラーゼを別々の器官から海水中に放出します。ルシフェリンはルシフェラーゼによって酸化され、酸化ルシフェラーゼになります。

         

        LH2+1/2H2O→L

         

        これに海水(水)が加わると熱を持たない光(冷光)を発します。

         

         

        (2)ウミホタルを乳鉢ですりつぶす

        乳鉢に少量のウミホタルを入れてすりつぶします。

        すりつぶしたものを一旦薬包紙にとり、試験管に入れます。

        これにスポイトで少量、水を加え、振ると発光します。

         

         

        (3)色液と酸化液による発光実験

        実は以前にカフェにて蛍光についてワークショップを行ったことがありましたが、シュウ酸エステルや過酸化水素水などを使ったマニアックすぎたので、今回はアポロの飛行士が宇宙での船外活動の際の光源にしたとも言われている液体の化学反応による発光を体験します。

        実験で使った溶液以外にご自宅でも楽しめるセットが付いています。

         

         

         

        (4)夜光虫の発光観察

        培養している夜光虫を観察します。

        ただし、夜光虫は毎日生活サイクルがあり、夜明けと共に明るさを感じることができ、夜は一定の時刻に暗くしなければなりません。培養している夜光虫は毎日10時に照明のない部屋に移動します。この部屋の窓のカーテンは閉めないので朝は自動的に明るくなりますが、できるだけ早めに南向きの窓の近くに移動させます。ただし25度以上になると死滅してしまうので、直射日光があたらない位置に置くことが必要です。

        ・・・・・という夜光虫なので、カフェのワークショップの日には夕刻にカフェに移動して、暗くしておきます。

        通常は暗くなってから1時間くらいすると発光するようになります。

        ただ、いつもより少し早い時刻なので、暗い所で振っても通常のように激しい発光はしません。

        それでも生きている夜光虫の発光を観察できるのは、多分ちょっと楽しいと思います。

         

        夜光虫/きらら舎

         

         

        次回開催時には、ウミホタルも生体の発光を観察できたらいいなあと思っております。

        開催については「理科室カフェのご案内」をご覧ください。

         


         

        ワークショップ(cafeSAYA) | comments(0) | - | - |

        箱庭標本キット

        2016.07.29 Friday 14:10
        0

          ワークショップの「箱庭標本」。

          箱庭といっても主に硝子壜の中に苔で風景を作っています。

          小さな頃からいわゆる箱庭が好きで、乳の盆栽づくりと一緒になってお皿で箱庭を作っていました。

          昔は園芸店に小さな陶器の「おじさん」や灯篭や太鼓橋などが売られていました。

          浅い鉢(お皿)の中に流木と苔などで水辺を作ります。

          そして「おじさん」を配置します。

          そこに水をはってメダカを泳がせるのです。

          「おじさん」は浦島太郎みたいないでたちで肩には釣竿を担いでいます。

          水辺に立つ「おじさん」の獲物はメダカというわけですが、「おじさん」とメダカの大きさはほぼ同じ。

          もしもつれたら、大物ということになります。

           

          そんな昭和40年代をすぎ、マン盆栽が流行った頃には、父から小さな盆栽の鉢をゆずりうけて、石や粘土でこしらえた家や柵を配置したジオラマを作っていました。

           

          ふと、今やっていることを思えば、何も進化していませんが、こんなことの延長でカフェにて箱庭標本のワークショップをやっています。

          ワークショップといっても苔の説明をして植えるだけなのですが。

           

          カフェには来れない方から販売のリクエストが多いのですが、単に寄せ植えなので、自分でやったほうが楽しいし、輸送中に配置した家などは倒れてしまうと思うので・・・・・

          キットを作りました。

           

          栽培している苔の状態によっていろいろ替えていきます。

           

          とりあえず、最初 ver.01

          「湖編」と「森篇」。

           

          箱庭標本キット/きらら舎

           

          直径45×高さ95mmの雑貨藥壜に湖の風景と森の風景を作ることができます。

           

          【湖セット】

          ・配合砂

          ・腐葉土

          ・白砂

          ・ヤマゴケ

          ・湖

          ・家

          ・ビンガム産の青い八面体螢石

          ・蛍光石

           

           

          【森セット】

          ・配合砂

          ・腐葉土

          ・コツボゴケ

          ・ヤマゴケ

          ・家

          ・ウラングラス

          ・イリノイか湖南省の八面体螢石

          ・蛍光石

           

           

          箱庭標本キット/きらら舎

          湖編は湖がブラックライトで蛍光し、少しだけ銀河の粒が光ります。

           

           

          箱庭標本キット/きらら舎

          森篇はウラングラスがブラックライトで蛍光します。

           

           

          蛍光石はサンプルでは配置していませんが、小さな白い欠片です。

          苔の中にうずめたり、家の横に並べたりしてお愉しみください。

           

          みなさまの作られた完成写真もお待ちしております。

          通販開始は日曜日(7/31)から!

           

           

           

           

          ワークショップ(cafeSAYA) | comments(0) | - | - |

          3-4月の蛍石八面体劈開ワークショップについて

          2016.03.02 Wednesday 10:58
          0
            1月30日(土)の営業日より、カフェ予約最後の時間帯(5時〜6時半)に蛍石の八面体劈開ワークショップを行っています。
            毎週、入荷した蛍石に合わせてゆるくテーマを持って開催しています。

            最後の予約時間帯は陽も落ちて店内は暗いのですが、手元にライトスタンドを置いてこの時間に行っています。
            と、いうのも、このワークショップではデザートプレートもランチもご注文ができないのです。
            最初の時間帯ではお食事をされる方も多いのですが、この時間帯だとランチはすでに済まされているだろうということと、ワークショップが終わったあとのテーブルや床の掃除に時間がかかるためです。

            本当は2月だけで終わる予定だったのですが、好評なので3月も継続します。


            3月5日 「できるだけ小さな青い八面体に挑戦!」

            別に青色ではなくてもいいのですが、目指すサイズはロケットペンダントケースに入るもの。

            蛍石八面体劈開ワークショップ/cafeSAYA&きらら舎


            色が付いていたほうがきれいなので、青色としました。
            使用するチップは湖南省産とビンガム産。
            残念ながらビンガム産で現在入荷できるのは八面体か母岩付標本なので、ビンガム産は八面体のものを使います。
            さらに小さな複数の八面体にしよう、というわけです。

            ロケットペンダントケースは1つ付いています。
            チェーン付きなので、そのまま首から提げてお帰りいただくこともできます。
            それから、青色と限定したので、イリノイ州産のチップの水色もオプションとしてご用意しています。
            蛍石八面体劈開ワークショップ/cafeSAYA&きらら舎


            それから、パキスタン産の青い蛍石。
            いろいろなサイズがあり、カフェでは個別に価格を付けて販売しているのですが、きらら舎では標本壜に入れて「選べません売り」にしています。標本壜に入れるためには大きな欠片は割っています。

            もし、到着したものがあまりきれいじゃないなあと思ったら、ぜひ、割ってみてください。
            断面は透明度があり、とてもきれいです。
            蛍石八面体劈開ワークショップ/cafeSAYA&きらら舎


            そして、劈開もそこそこきれいです。

            蛍石八面体劈開ワークショップ/cafeSAYA&きらら舎

            蛍石八面体劈開ワークショップ/cafeSAYA&きらら舎


            むしろ標本壜に入るように割ろうとしても、スライスしたように割れてしまいます。
            でも、こういう割れ方をしないと八面体は作れません。

            蛍光が強いロジャリー鉱山のものは、双晶が多いことでもわかるようにこのように平行には割れません。
            濃い緑色の八面体・・・実はパキスタン産に緑のものもあるんです。
            蛍石八面体劈開ワークショップ/cafeSAYA&きらら舎

            数は少ないので、カフェで販売しています。
            濃い緑にもこれで挑戦してみてください。


            パキスタン産はこんな形にも割れました。
            蛍石八面体劈開ワークショップ/cafeSAYA&きらら舎


            薄いですがチップが数枚できたので、これも3/5にオプションで割れるようにします。

            蛍石八面体劈開ワークショップ/cafeSAYA&きらら舎

            壜サイズにしているうちにできたスライス。
            すでに角も劈開に沿って割れています。

            蛍石八面体劈開ワークショップ/cafeSAYA&きらら舎

            稜線の1本に平行に割ってみたらこんな感じ。

            蛍石八面体劈開ワークショップ/cafeSAYA&きらら舎

            結構いけます。
            そして欠片をミニチュア試験管につめたら・・・・元が濃いのできれいです。

            蛍石八面体劈開ワークショップ/cafeSAYA&きらら舎

            オプションの欠片・・・もし細かくなってしまったら、ミニチュア試験管を差し上げますので、それに詰めてみてください。


            3月12日 「蛍石劈開割の基本」
            1か月半、結構いろいろなテーマを設けて開催してきましたので、ここで一旦、最初に戻ります。
            イリノイ州産のチップを2枚。
            初心者の方でもお気軽にご参加ください。
            また、すでに割ったことのある方は鏨で整形するところまでやってみます。
            はじめての方でも、最初からきれいな八面体を作ることができる方も多くいらっしゃいます。
            その場合は、はじめてでも、鏨で最終仕上げをしてみましょう。



            3月19日 「自由時間&コンテスト」
            さて、ここまでいろいろなテーマでやってきましたが、今回は
            イリノイ州蛍石チップ、湖南省産蛍石、パキスタン産蛍石、南アフリカ産蛍石(2色)、中国産八面体、ビンガム産八面体をご用意します。
            この中からお好きなものを2種類選べます。
            オプション価格が発生しますが、追加もできます。
            気ままに八面体割していただいてもOKなのですが、お渡しするミニチュア試験管(内径6mm)に入るサイズでとりあえず八面体になっていればOKという基準でどれだけたくさん作れるかを競います。
            優勝者は劈開ワークショップ代無料の上にチップ詰め合わせセットを商品としてプレゼントします。

            また、カフェスタッフ縞子も特別参戦します。
            優勝は逃しても彼女に勝った場合は特別賞を差し上げます。
            (スタッフは優勝争いには加わりません。あくまでも特別参加です)


            3月26日 
            今回は南アフリカ産のエメラルドグリーンを再びご用意しました。
            初心者の方のためにイリノイ州産の割りやすいチップも付いています。
            先にイリノイ州産で練習をしてから南アフリカ産にチャレンジするといいかと思います。
            南アフリカ産のものは高額なのであまり大きな欠片はご用意できませんが、
            エメラルドグリーンが鮮やかなので、小さな八面体にしてもきれいです。
            蛍光も爽やかな青色で美しいです。
            仕上げの鏨使いも習得してお帰りください。


            4月2日 
            今回は劈開ワークショップ代金は無料です。
            山盛りのチップやナゲットからお好きなものをご購入いただいて割ってください。
            空壜も用意しておきますので、これもご希望があればご購入ください。
            ビンガム産も色が薄かったり、少し欠けがあるものなどを用意しています。



            4月9日 
            今回はいびつな八面体を直すことに挑戦です。
            ただし、始めての方は通常どおりイリノイチップを八面体に割っていただくところから始めます。
            いびつな八面体は、ビンガム産と中国産を合計で3つご用意します。その他にイリノイチップと硝子壜が付きます。

            4月16日 
            今回はご希望を募ります。
            やってみたいこと(とにかくイリノイ州チップを割る、いろいろな産地のものを割る、いびつ直し、小さなものをたくさん作るなど)をお申し出いただき、できる限り対応します。

            4月23日 
            今回は初心者の方はイリノイ州チップをいつものように割ります。
            体験者の方でご希望があれば、湖南省産、パキスタン産で青い八面体を作ります。

            4月30日 
            2か月続けた劈開ワークショップも本日で一旦終了です。
            今回は
            イリノイ州産蛍石チップで劈開を体感し
            中国産蛍石のいびつ整形をし
            湖南省産、パキスタン産の青色蛍石から八面体を作り
            南アフリカ産の画目羅L度グリーン八面体を作り
            ビンガム八面体からさらに小さな八面体を作り
            それぞれをアルミ缶に入れます。アルミ缶6個入のケース付きです。

            合せてペルー産の欠片なども別売りですがご用意しています。
            集大成なので鏨なども使って、
            八面体劈開片きっかけ箱となるものを作りたいと思います。

            八面体劈開/きらら舎
             
            ワークショップ(cafeSAYA) | comments(0) | - | - |