天氣後報 II

明日の理科室カフェのこと

2018.03.30 Friday 17:39
0

    明日、3月31日の理科室カフェは、スマホ顕微鏡での観察&撮影です。

     

    ウニの発生実験も行うため、先週カフェをお休みして採集に行ってきました。

    実験に十分だろうと思う数は捕ってきて、水槽で飼育していたのですが、やはり脱落者があり、

    弱っていそうなものから先に放精・放卵させたのですが、確率が悪く。

    時期的に遅かったのか、捕ってきてもってくる間に放精・放卵してしまったのか、

    元気な個体でも実験しましたが、いまいちです。

     

    とりあえず、数体、元気なものを残して明日に挑みますが、

    最初予定していた2人で1組で・・・・・ということが無理そうです。

    1つのテーブルでそれぞれ実験観察ができればと思います。

     

    なお、1月に受精させたものもほぼ残っていなく、ウニとなったのかどうかは一応水槽に移したものの確認ができていません。

    また。一応、お渡し希望の方の分はチューブで確保していますが、プルテウスのまま生存しているか不明。

    これも明日、観察してみましょう。

    8腕が観れたらいいのですが・・・・・

     

    一方、ピロキスティス、ミジンコ2種類(ウミホタルのようなカイミジンコとふつうのミジンコ)、アルテミア、グリーンヒドラ、ボルボックスは元気です。

     

    ボルボックス/きらら舎

    ボルボックスは内部に娘細胞を抱えていて、これが成熟すると親の体細胞を破って外に飛び出します。

    これは多分、それが起こった個体でしょう。

    右上が破れているのがわかります。

     

    ボルボックス/きらら舎

    何度か娘細胞の放出を行った親はこんなふうに破れて死んでしまいます。

     

    ボルボックス/きらら舎

    ボルボックス/きらら舎

    スマホカメラの倍率を拡大するとかなり大きく見えます。

     

     

     

     

     

    それから、基本的に透過型顕微鏡システムなのですが、こんなふうにしてみると、実際の色もよくわかりより立体的に観察することができます。

     

    ボルボックス/きらら舎

    ボルボックス/きらら舎

     

    ボルボックス/きらら舎

    宇宙っぽい・・・・・くるくる回っているので動画撮影をしても楽しいです。

     

     

     

     

     

    海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

    ウニ飼育その後

    2018.03.25 Sunday 10:43
    0

      多くが8腕プルテウスになり、変態間近のものも見つかり始めました。

       

      プルテウス幼生/きらら舎

       

      長い4本が口後腕。

      中側の短い4本が前側腕。

      真ん中の丸い部分が胃で、褐色に見えるのは珪藻藻を食べたためです。

       

       

      プルテウス幼生/きらら舎

      プルテウス幼生/きらら舎

      内部にウニに変態するための棘や管足ができてきました。

       

      プルテウス幼生/きらら舎

      プルテウス幼生/きらら舎

      プルテウス幼生/きらら舎

       

       

       

       

       

      海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

      ウーパー卵塊がきました!

      2018.03.20 Tuesday 09:20
      0

        昨夜、ウーパーの卵塊が届きました。

         

        ウーパールーパー/きらら舎

        前回の、アクアリウムバスで初めてウパの卵を買って、カフェの生物スタッフのミコ・ヴォイドさん(@makai_miko)とわけて育てていましたが、

        残念ながら我が家のは水カビにやられて死んでしまいました。

         

        ウーパールーパー/きらら舎

        生前のウパくん。

         

         

        ヴォイド家の子たちはこんなに大きくなりました。

        ウーパールーパー/きらら舎

         

         

        前回買った卵は孵化までに数日かかり、まんまるい卵の膜の中で、最初は丸かった粒がだんだんと細長くなってくることを観察できました。

        今回のものは少し育ってから到着したので、オタマジャクシの形がわかります。

         

        ウーパールーパー/きらら舎

         

        ウーパールーパー/きらら舎

         

         

        ウーパールーパー/きらら舎

         

        と、見ているうちに泳ぎ出すものも!

         

         

        今度は大きくしたいです。

         

        ちなみに、白い卵はゴールデンやイエローで、黒い卵はリューシーやマーブルやブラックになるそうです。

         

         

         

         

         

        海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

        ウニ飼育

        2018.03.04 Sunday 17:12
        0

          先日の理科室カフェに合わせて受精させたウニの幼生。

          数日前に観察してみた時には8腕だったと思ったのだけど、今日は6腕プルテウスでした。

          固体差か見間違いかは不明です。

           

          プルテウス幼生/きらら舎

          研究者の方に、4腕の時、塩分濃度が高くで腕が短いと言われました。

          でも、まあそれなりに成長しています。

           

          プルテウス幼生/きらら舎

          プルテウス幼生/きらら舎

          少しづつ比重を変えたので、ちゃんと育っているものもいます。

           

          培養しているキートセラスが弱ってきたようなので、急遽新しい株を注文。

           

          今月下旬に磯採集に行くので、そこでバフンが採れたら、翌週の理科室カフェで再度受精実験をします。

          そのあとは、餌は定期的に郵送予定です。

          また、ご来店でもお渡しします。その際、ウニの追加も可能です。

           

          ウニの幼生は

          受精→卵割→桑実胚→胞胚→原腸胚→プリズム幼生→4腕プルテウス幼生→6腕プルテウス幼生→8腕プルテウス幼生→ウニ

           

          と、成長します。

          ただ、プルテウス幼生が変態してウニになるにはトリガーが必要で、これにはいろいろな説がありますが、昨日、成功させた方から稚ウニをいただきました。

          (お礼にという口実でL-EYEとウメボシイソギンとミズクラゲメタフィラを押し付けました)

           

          ウニ/きらら舎

          昨日カフェで、お手伝いスタッフヴォイドさんが撮影したもの。

          L-EYE@Schoolを使用

           

          ウニ/きらら舎

          ポケット飼育用のチューブに入れたものをいただきましたが、水質悪化を恐れ、また忙しい時期なので餌の確保を兼ねて、水槽を用意しました。

          「どこに行ったかわからなくなる」と聞いていましたが、とりあえず、喰いっぱぐれなければ大丈夫だろうということで丁寧にライブロックの上に置きました。

          うちの人たち(プルテウスたち)もウニになれるといいのですが・・・・・

           

          海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |

          本日の有孔虫水槽

          2018.03.03 Saturday 09:25
          0

            ここ1か月。

            尋常じゃない忙しさでした。

            もともと忙しくない日はなく、休日もないのですが、

            夜中に目を覚ますと、やらなければならないことを頭の中で順を追って考えてしまい、結局そのまま起きて作業をする・・・・・なんていう状態だったので、ある日は起き上がることができなくなりました。

            バッテリー残量がゼロといった感じで、横になっていると少しだけチャージされて、動けるものの、すぐにバッテリー切れな感じで頭を起こしていることができない・・・・・

             

            若い頃はもっと頑張れたのに、年には勝てませんねえ。

             

            で、こういう時は生き物にも心が届かなくなるので、

            逆に、忙しい時ほど、丁寧に世話をしなければなりません。

             

            とはいうものの、有孔虫はまあ、いいか・・・・・

            犬や猫やかえるや海月みたいに餌やったり、水換えを頻繁にする必要はありません。

             

            ずいぶん見ないでいた水槽。

            昨日、ふとのぞいてみたら、ウミブドウの先っちょにサボテンの棘みたいなものが放射状に生えていました。

             

            そして今日。

            本日の有孔虫水槽/きらら舎

            棘みたいなものはぷっくり膨らんでウミブドウの新しい葉(?)となりました。

            新しい部分は色が白いですね。

             

            本日の有孔虫水槽/きらら舎

            有孔虫(これはタイヨウノスナ)もアクロバティックな位置で元気にくっついています。

             

            本日の有孔虫水槽/きらら舎

            たくさん。

             

            本日の有孔虫水槽/きらら舎

            前より殖えた??

             

            本日の有孔虫水槽/きらら舎

            そしてスポンジフィルタにダンゴムシみたいなものが。

            上の凹み部分から触覚がはみ出していますが、これが親。

            そして小さな子供がたくさんいます。

             

            本日の有孔虫水槽/きらら舎

             

            海月やその他生物(第弐標本室) | comments(0) | - | - |